07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

アブラゼミの羽化とセミの幼虫の♂♀ 

去年はツクツクボウシの羽化、先月はヒグラシの羽化の連続写真をアップしました。次は関東のセミの王者ミンミンゼミをご紹介したかったのですが、愛媛での夏休みが終わってから忙しく、発生ポイントは見つけているものの、幼虫を捕獲することなく時期を逃してしまいました。来年へ持ち越しです。代わりに、8月の上旬に撮影しておいたアブラゼミの羽化を。


アブラゼミは、北国を除き、平地から低山地まで自然林から市街地までどこにでも生息し、セミといったらこのセミというくらい普通のセミだと思います。関東でも一番数が多いのはこのセミで、たいてい子供達のセミ捕りの一番の餌食となっています。ただし、羽まで茶色いルックスは今イチ、鳴き方は他のセミに比べて単調でメロディになっておらず、おまけに1日中けじめなく暑いと夜間でも鳴く、という特徴から、馴染みはあってもあまり人気はないセミといえます。とはいえ、羽化する姿はなかなか美しく、一見の価値ありです。都市の児童公園の乾いた地面からでも発生し、この時期でも簡単に見つけられますので、是非、探してみて下さい。


IMG_1310.jpgIMG_1321.jpgIMG_1325.jpgIMG_1329.jpgIMG_1331.jpg









羽化の仕方は他のセミと同じです。羽化しやすい場所を見つけたら30分くらいじっとして、背中から開始。羽まで出てきたら逆さにぶら下がり、静止してそのまま10分ほど休憩。


IMG_1333.jpgIMG_1336.jpgIMG_1340.jpgIMG_1349.jpgIMG_1350.jpg









生きているのかなぁと思うくらいじっとしていたのが突然足をばたつかせて体を起こすと一気に仕上げ。広げていく羽が透きとおっていない白色なのが特徴で、伸ばし切ってから30分くらいするとうっすらと色がつきはじめ、さらに1時間すると最後の写真くらいに。6、7時間もするともう立派なアブラゼミとなって、飛んでいきます。


P1060453.jpgP1060457.jpgさて、アブラゼミは特筆すべき点がなく、書いている僕もこれだけでは面白くないので、もう一つ。右はアブラゼミの幼虫の抜け殻です。見たことがないという人はいないのではないかと思います。濃い褐色で艶があり、泥がついていないこと、そして触覚が毛深いことでアブラゼミとわかります。で、2つ並んだ抜け殻、♂と♀なのですが、どこでそう判断できるでしょう?


P1060454.jpg正解はお尻の先にあります。右の抜け殻には、先端の内側に鋭角の突起がありますね。これは産卵管。つまり右が♀なんです。幼虫時代にすでに産卵管ができているのなら、♂が鳴く時に使う腹弁もあってよさそうなものですが、こちらの痕跡はなぜかありません。不思議です。



この、♂♀の見分け方は、図鑑にもあまり載っていないので、夏休みの自由研究に使えるネタかも。セミなんてどこにでもいて誰の目にも耳にも入ってきますが、それでもあまり知られていないこんなこともあるのだ、と思ってもらえたら嬉しいです。これが、例えばミンミンゼミともなると、ちょっと注意深く接するだけで不思議な生態が見えてきます。謎だらけです。例えば、我が家の周りは緑豊かな人里ですが、ミンミンゼミの声が聴けるのは特定の民家の屋敷林で、緑の濃い雑木林ではほとんど耳にしません。それに気がついている人もまたほとんどいないと思いますが...あ、もう夏も終わり、ミンミンゼミの深い話は、来年にとっておきましょうね。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 6   

2010 今治の夏 ~自然遊びと子の成長~ 

我が家の恒例行事、愛媛県今治市での夏休みが終わりました。P1060398.jpg1週間もの間とはいえ、ずっと恋い焦がれた時間は、今年もやっぱり、あっという間に過ぎていってしまいました。


とりたてて変わったことをするでもなく、イベントと言えば、まろさん&たまさんの自然体験プログラムに参加したことくらい。毎日、朝から晩まで野外でただひたすら遊び倒すだけでしたが、僕の心にも体にも、そうして過ごすのが一番なのです。そして、子供達と自然の中で遊びながら、彼らの成長を見つけることができたのはよかったなぁ。ショーゴは生き物への知識や関心はこちらが驚く程深くなっていました。好き嫌いなくしかも大人1人前以上を軽く食べるようになって、昼寝しなくても平ちゃらな体力がついてきました。P1060342.jpgカンタは、春から練習してきたことなんですが、5歳を目前にしてようやく食事中に歩き回ったりせずけじめがつくようになったのと、人の気持ちがかなり読めるタイプになってきたことにちょっと頼もしさを。もちろん、それぞれ怒られてばかりのところもあり、ショーゴは、嫁さんの「天然」の血が出てきてしまったようなのが心配...。パンツの上に海水パンツ履いしまって、あれ、僕のパンツはどこだ、と探している姿は、ちょっと痛々しかったぞ。あと、カンタ、おしっこは海でしなさいとは言ったけれど、海に入ってしたらどうだい?


ショーゴが最終日になって、自分で面白い遊びを編み出しました。それが今夏の滞在で一番の価値あること。大潮にも関わらず、いつもより釣果がでなかった彼は、釣りをやめて泳いでいました。波打ち際でも魚がいるのが桜井海岸。小さなチヌやキビナゴ、砂底にはメゴチやハゼの姿を見かけます。その度にショーゴは、網!網!と騒ぎます。渡しつつ、網じゃあ捕れないないよ、お父さんも小さい頃から何度もチャレンジして捕まえられたことなんてなかったよ、と言っていたのですが、勝手に工夫して小さなハゼを捕まえる技を会得してしまいました。


P1060406.jpgゴーグルをつけて泳ぎながらごく浅い砂底にへばりつくハゼを発見。網を上から構えて、一気に被せ、砂ごと返してみると



P1060407.jpgP1060411.jpgほら、入っています。網から逃れようと泳ぐも、ひとかきでは網の円よりも遠くへ行けないチビなハゼは捕まってしまうんですねぇ。驚いた!今まで全然気づきませんでした。



P1060414.jpgP1060423.jpg
彼のオリジナルの漁法で捕らえた10数匹のハゼは、僕の釣ったキスと共に、今治湯ノ浦ハイツの板前さんのご協力で、夜のおかずになりました。こうやって捕まえた魚の味はまた格別!ショーゴとカンタで取り合いになります。魚嫌いのお子さんも、こんな風に捕るところからやれば、きっと食べられるようになるんじゃないかなぁ。



もう一つ、まろさんとたまさんお二人とさらに仲良くなれたのもとても嬉しく、幸せなことでした!まろさんは同じ関東育ちの同世代。それもあって、今治の自然の豊かさ、面白さ、素晴らしさを、心の底から、つまりは言葉にできないくらいのところから、共有できます。伝えたいことが僕にはすごくよくわかる。


まろさん、たまさん、僕は今の仕事を振り切って今治に移り住むことはできないし、教えて欲しいことも、そして力になってあげられるんじゃないかなぁということも沢山あるのが心残りですが、是非是非、僕の思いの分もご活躍を!応援しています!


P1060431.jpg











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: ようこそ今治へ

Thread: 香川・愛媛・高知・徳島

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 13   

2010 今治の夏 ~おもいっきり釣り!~ 

今治に、帰ってきたぞっー!明日からは「おんまく」だぞっー!


P1060320.jpgしまなみ海道は、やっぱりとっても美しく、そして楽しい!去年は涼しくて雨も多く、台風までやってきて、少し物足りなさがありましたが、今年は違います。来島海峡なんか、ほらこんなに太陽がギラギラと。写っているのは世界初の3連吊橋、来島大橋です。ここは潮の流れが速く、古来海の難所として知られ、ところどころで渦を巻くのを見ることができます。この急流にもまれた魚は身が引き締まって絶品です!


P1060301.jpg去年クワガタ採りした伯方島にも再訪。大きなミヤマクワガタと大きなヒラタクワガタを1本のコナラから同時に採集しました。これ、関東ではたぶん伊豆半島あたりでさえ難しいことです。ミヤマは冷涼で湿度を好む山地に多いクワガタ、ヒラタは温暖な平野部を好む南方のクワガタなのです。両方の大きな個体が同時にいるなんて、ちょっと目を疑いたくなる光景でした。


さて、前回ご紹介した、まろさん&たまさんの自然体験講座。早速我が家は参加し、竹で水鉄砲を作ったり、ちょい投げ釣りの指南を受けたり、と楽しませてもらっています。その様子は、是非、まろさん&たまさんのブログをご覧いただくとして、自然案内人のまろさんでさえ、驚いていたのが、僕ら親子が、海水浴をしながら魚釣りをしている、ということ。編み出したのは僕。すでに以前にも記事にしているので、そちらもご覧いただけたらとてもうれしいのですが、これは恐らく、魚がたくさんいて、波は穏やか、水の綺麗な海の瀬戸内海でしかできない遊びです。


P1060327.jpgどんな仕掛けなのかといえば、極めて単純で、左の写真のようにちょい投げ釣りの仕掛けから竿を省いてしまっただけです。詳しく見ていきますと、まず、糸を巻き付け手に持つための物を用意します。僕の場合、仕掛けを巻いておく道具を流用しています。そして道糸は、幾分太めの方が手にしっくりくると思います。僕は3号ラインを使っています。長さは3メートルもあれば十分、リールがないので長すぎると巻くのが大変で、短いと潮が満ちてきた時に使い物になりません。あとは天秤と錘、針で、P1060329.jpgどれもだいたい8号くらいを用意しておけば大丈夫です。針は1本針が使いやすいです。2本でもいいですが、当然ながら扱いが難しくなります。以上をつなげたのが下の写真。あとはこれに餌のアオイソメやゴカイをつければOK。


P1060347.jpgP1060354.jpg手にもって海に入ったら仕掛けを垂らし、思い思いに、歩いたり泳いだりします。僕は干潮の時に出現する岩場周りを攻め、潜ってチヌやギザミが食いつくところから見るのが好きですが、ショーゴはまだそこまで泳げないので、波打ち際を行ったり来たり。それでもメゴチやハゼなら簡単に釣れます。彼もその辺はどうももう釣りたくないそうで、チヌかキスが釣りたいと、必死に餌を動かしています。


P1060334.jpgで、今日、大きな歓声を上げたと思ったら、釣り上げてきたのがこれ、スズキの子供でした。セイゴとも呼んでいのかわからないくらいの小ささなので、本当はリリースしてあげなきゃいけないのですが、そこは記念すべき1匹なので、スズキさん、ごめんね。それにしても、漁法の発案&開発者の僕でさえ、一度も釣り上げたことがなかった魚だというのに...。


ま、この邪道のやり方はともかく、子供とする魚釣りは、本当に楽しいですよぉ。そして、まろさん&たまさんが教えてくれる「おもいっきり釣り!」では、仕掛けの準備の仕方だけでなく、どんな魚がどんなところにいるのか、考えたり調べたりしないといけないことは何なのか、ということまでレクチャーしてくれ、小学生でも1人で釣りができるようにしてくれます。昔はね、そういうのは父親が教えたものなのでしょうが、今はできないお父さんも多いでしょうからねぇ。僕自身、色んなことが教えられる父でありたいと思っていますし、かなり達成しているとも自負していますが、プロが教えるのはやっぱり違いました。ショーゴもそして嫁さんも、わずか2時間で、1人で竿を投げ込めるように。嫁さんは、キス、そしてチヌまで釣りました。ショーゴはというと、泳ぎながら釣る方が楽じゃない?と...。ショーゴよ、お父さん直伝のいい加減な釣り方でも釣れるのは、ここ今治くらいだぞ、きっと。この夏の滞在中に、ちゃんとした釣りもマスターしようぜ!










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: ようこそ今治へ

Thread: 香川・愛媛・高知・徳島

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 0   

2010 今治の夏 ~真剣に遊ぼうわい~ 

今年も間もなく、待ちに待った愛媛今治への里帰り。僕の本当の故郷ではないし、友人や親戚がたくさんいるわけでもないのですが、心はいつも今治にあり、間違いなく僕の原風景で、原動力。この時のために、1年頑張っているといっても過言でない夏休みです(是非、左のカテゴリー「ようこそ今治へ」をクリックして、遡ってご覧いただけると嬉しいです。)


息子達がそれなりに育ち、遊び相手としてちょうどよくなってきた今、やらなきゃいけないことがたくさんあります。朝から晩まで、太陽の下、自然の中で、親と子としてというよりはむしろ、相棒というか家来というか、そういう仲間として、真剣に汗かきたいなぁ、と思っています。


o0596084310615012369.jpg
で、今年もまた、海に山に温泉にといつもの通りに過ごす予定なのですが、そんな僕の強力な味方が、自然案内人(インタープリター)のまろさん&たまさん。今年も、滞在する今治湯ノ浦ハイツで自然体験ツアーを開催しているというから、もう楽しみで楽しみで去年も参加したのですが、野外で遊ぶことには相当自信があった僕が、へぇ!とか、ほぅ!とか感心することばかりで、やっぱりその道のプロは違うと、唸ることがたっくさんでした。このブログに、もともと僕と同じような興味をお持ちでで来て下さる皆さんはもちろんのこと、「海 山 子供 遊び」というような検索ワードで辿り着いた全国の方に是非参加してみていただきたいなぁ!しかも、親子向きのようでいて、実はお子さんがいようがいまいが関係ない企画です。お二人から、そして、今治の夏の自然から、得られるものは、プライスレス。


おまけに今年の企画は、今治に去年誕生したゆるきゃらバリィさんも応援し、コラボレーションしているのだとか。見て下さい、このいたいけな円らな瞳の鳥。焼き鳥の町ゆえに鳥なのだそうで、今日8月3日が誕生日w。バリバリの今治弁で話し、頭には来島大橋をモチーフにした王冠を冠り、腰には特産のタオルでできた腹巻きをしと、今治のPRに活躍中。そして大ブレークの予感w。バリィさんを生んだ今治の今のセンス、いいじゃないの!僕の大好きな町が、こんな素敵なゆるきゃらを編み出し、しかもずっと親しんで来たナチュラルな遊び方をあたかも支持してくれたかのようで、僕はなんだかとても嬉しく、誇らしい。今治はきっと、もっともっといいところになるぞぉ!



banner2.jpg


*自然体験ツアーの様子は、まろさん&たまさんのブログへどうぞ。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: ようこそ今治へ

Thread: 香川・愛媛・高知・徳島

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 2