06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ミヤマクワガタを捕まえに 

2人の息子がDSCN0088_convert_20090731203550.jpgミヤマクワガタを採ってみたいと言うので、家族で栃木県まで行って来ました。僕自身、大好きなクワガタで、この夏もすでに2度、大人だけで採集してはいたのですが、その時に持ち帰って飼育している生体を見ているうちに、自分達でも捕まえてみたくなったようです。昆虫採集は子供の五感を研ぎすますのに最高のツールの一つ、子育ての一環として機会を与えるのは親としての責務だ、僕が行きたいからというわけではない、などとイクスキューズを準備する間もなく、嫁さんも行こう、と言ってくれたので、早速出発!


前にも書きましたが、ミヤマクワガタは成田周辺には生息していません。もちろん、1匹もいない、ということを解き明かすのは、いわゆる「ないことの証明」(消極的事実の証明)になってしまいますからとても難しいわけですが、少なくとも近年身の回りで採集されたミヤマクワガタはいませんし、それ以前に、どう考えても生きながらえる環境にありません。というのもこの虫は、乾燥と高温それに環境の変化が苦手で、朝晩霧が出たり夕立が多かったりする気象と、広さがありしかも安定している林を必須条件にして生きているからです。


成田を含む北総台地には確かに一見、豊かな緑が残っているようではあります。しかし、印旛沼こそあるものの起伏のないなだらかな地形で、水源の乏しい乾いた土地であるのに加え、上空から見るとよくわかるのですが、クヌギやコナラの木々は谷津田の周囲に帯状に細くあるだけで、その奥の山の上にはスギ林や畑、あるいはゴルフ場が広がっており、広大で豊かな雑木林はないのです。もちろん、何十年も前にそういう林が残っていた時には、生息していた可能性はあります。ミヤマクワガタは単純に標高の高いところが好きなクワガタ、というわけでは決してないからです。例えば、成田からもそう遠くはないところでミヤマクワガタが風前の灯となって生きている山を僕は見つけていますが、そこの標高は100メートルないですし、愛する愛媛の今治近辺で一番ミヤマクワガタがいるのは、しまなみ海道の島々の平地です。高いところが好きなのではなく、もはや高いところでないと全ての条件が揃いにくい、というだけなのです。


そんなミヤマクワガタですので、採集するには、成田からそれなりの距離を行かねばなりません。前述のピンポイントで生き残っている場所は、もうそっとしておいてあげたいですし、さらに南下した南房総にはミヤマクワガタの数以上にヒルがいるというので、北へ向かって八溝山系に位置する茂木町へ。もぎ、と読むと何やら頭がよさそうに聞こえますが、もてぎ、です。僕は以前、隣の益子町に住んでいたことがあるので、土地勘が少しあるのです。DSCN0063_convert_20090730224150.jpg益子町でもミヤマクワガタは採れ、住んでいた時には、「3つの型を同所的に採集」というクワガタ界への唯一といってよい足跡を残したこともあるのですが、この数年でもどんどん数が減っているようで、採集は簡単ではなくなってきました。また、小さな子連れでとなると、足場よく手入れのされたところに行きたい。となると茂木町です。そこには昔ながらの豊かな里山が至る所にあるのです。ご覧下さい、この鮮やかなマスカット色の、美しい雑木林を。


ミヤマクワガタはこういう明るい林で、昼夜を問わず活動しているのですが、たいてい木の高いところにおり、姿はなかなか見られません。DSCN0070_convert_20090731205714.jpgDSCN0071_convert_20090731201337.jpgで、木を蹴ったり叩いたりしてちょっとした振動を伝えると、鳥に襲われるのを防ぐ本能で、落下してきます。ただし落ちてくるのは10数本に1本くらいの割合ですし、また地上に降るや否や下草の中に紛れてしまい、見逃してしまうことも多々あります。今回、僕が片っ端から蹴っていき、ショーゴがカサ、ボトッという音に耳を済ませて捕まえる役割分担するも、かなりを見失ってしまいました。ショーゴの集中力はまだまだだなぁ、と思った矢先、流石子供です、木の根もと近くにいた小型の♂を見いだしました。


自力で発見し捕まえる、というのは、何ものにも代え難い喜びです。DSCN0084_convert_20090731203652.jpgちょうど5cmあるかないかの、お世辞にもかっこいいとはいえない華奢なミヤマクワガタを、彼は大興奮で手にとり、僕が見つけたんだ、僕が見つけたんだ、としばらくの間、何度も繰り返していました。その後、僕がずっと大きくてかっこいい♂を捕まえたら、そちらに気持ちが移ってしまったのは仕方がないですけれど。









記事が面白かったら、このブログランキングか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!


スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ヤマドリタケモドキ再び 

灼熱の太陽とそれに蒸された草の匂いが、快適かどうかはともかく、心地よい真夏。待ちに待った僕の一番好きな季節が駆け足で過ぎていきます。DSCN0077_convert_20090801210305.jpg今年のセミの初鳴きを耳にしたのは6月27日の夕方。庭に舞茸の原木を植え込んでいる時に、ニイニイゼミとヒグラシを同時に聴いてから、早くもひと月が経とうとしています。今や日中はニイニイゼミの声をバックに、アブラゼミの焼き付けるような声や、ミンミンゼミのリードボーカルまで聴かれるようになりました。明け方はヒグラシの大合唱で目が覚めます。去年はセミの声が寂しかった成田でしたが、今年は降雨量は少ないし、ちょっと冷夏気味であると感じているのですが(暑い夏が好きだからそう感じるのかもしれませんが)、しっかりセミは鳴いてくれています。きっと今治ではクマゼミが盛んなはずです。


雑木林の目立つ樹液はカブトムシが占拠しています。夏休みに入ったショーゴは、朝早起きをして家の近くの山の樹液を一人で見に行き、♂同士の激しい喧嘩や、カブトムシを襲いそして硬い頭を吐き出すカラスの食事を目撃したそうで、興奮して報告してくれました。我が家で成虫になったカブトムシも卵を産み始めています。カブトムシは今が最盛期です。代わりにノコギリクワガタの姿をあまり見かけなくなりました。彼らは体が大きいカブトムシがつきにくい細い木々や、枝先の細い枝に移動しているのです。8月の終わり、カブトムシの数が減ると、また姿が目立つようになります。


IMG_1200_convert_20090725132159.jpg茸もシーズンに入りました。去年大喜びしたヤマドリタケモドキを、今年も7月5日に見つけました。そう、ポルチーニセップと言われる茸の近縁種で、香りよし、旨味よし、歯ごたえもよし、と三拍子揃った西洋料理の茸の王様。ご覧下さい、見るからに美味そうではないですか!


茸は環境が壊されなければ、毎年だいたい同じところで見ることができるようです。周りにも似たような場所や木は広くあるのに、生える場所はピンポイント。IMG_1198_convert_20090725132233.jpg今年採取した場所は去年と同じ林の土手で、ここ以外では、隣の山で1カ所見つけているだけ、家の周りに広がる林の中でわずか2カ所しか知りません。その不思議さは、クワガタ採りにも似ています。樹液を出す木が並んでいても、虫がついているのは、特定の木であることが多いですし、一見して素晴らしいと思える林が広がっていても、不自然と言える程虫がいなかったりすることもままあります。たぶん、茸もクワガタも、陽の当たり方や風の通り方、地面の含水量、下草の具合等で、菌糸の回り方や樹液の発酵の仕方が変わり、僕らには見えない条件の揃う揃わないがあるのだろうと思います。









記事が面白かったら、このブログランキングか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!


Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ノコギリクワガタを捕まえよう! ~後編~ 

前回の「ノコギリクワガタを捕まえよう! ~前編~」の続き。


■公園の木々
意外に思われるかもしれませんが、何の変哲もない公園の樹木も、丁寧に見ていくと虫達が群がっているものです。前編でも書きましたが、クワガタは鬱蒼とした林の中よりは縁、日光が適度に当たり、風の通り道になっているような開けたところの方が多くいます。公園の木々はまさにそういう条件にぴったり。まぁ、たいていは近所の「ちびっ子虫博士」がすでに大事にしている樹液なのでその場合は是非譲ってあげて欲しいですが、割と身近なところにいるものなのだ、ということを知る意味でも是非探してみて下さい。去年のこの写真も近所の公園のカシの木。今年は樹液を出してくれてなく、虫が来ていませんが。そうそう、息子ショーゴの通う小学校の校庭の木にも、コクワガタが住み着いているよと、彼がこっそり教えてくれました。周囲にもっといい木がありそうに見えながら、実は、といういい例です。


■里山に囲まれた湿地帯のヤナギ
たぶん、これが一番の盲点で、一般の人と虫屋との違いが出るところかもしれません。ヤナギといっても、白装束を身にまとった古典的なお化けが潜んでいるシダレヤナギではなく、葉が上に向いたタチヤナギやシロヤナギといわれる小さな木で、写真のように湿地帯に群生しています。IMG_1142_convert_20090710113057.jpgヤナギは発生木というよりは食事の場の意味合いの方が強いので、周りに繁殖する環境、つまりクヌギやコナラの木々が生えていることが条件になります。湿地帯、ということは、川岸や水田周りに多く、住宅地ではあまり馴染みがありません。また、入るのには長靴が必要になることもままあり、そんなところにクワガタがついているなんて、昆虫少年でもなかなか気がつくものではないと思います。ところがこれが当たるととんでもなく集まっているのです。DSCN0025_convert_20090710113406.jpg5年前のことですが、成田を南下した長生郡で、背丈程の小さなヤナギの木3、4本に50匹を下らないノコギリクワガタがついているのを見つけたことがあります。しかも樹液が豊富なため、喧嘩することなく、ほとんどがつがいで優雅に食事をしていました。まるでやらせであるかのような現実離れした光景に、心から感嘆したものです(残念ながらその木は翌年には伐採されてしまいました)。成田ではそこまで凄いヤナギはまだ見つけたことがなく、DSCN0015_convert_20090710113333.jpgDSCN0012_convert_20090710113210.jpgDSCN0001_convert_20090710113255.jpg林自体あまり多くはありません。が、写真のような場所を発見したら、思い切って中に入ってみて下さい。運がよければノコギリクワガタが、それなりの高密度でついているはずです。写真は成田市内の1カ所で、今日の午前中に撮影したもの。強風が吹き荒れ、条件は非常に悪かったにもかかわらず、ほら、あっちにも、こっちにも。


■林の淵の道路の街灯下
これはよく知られた虫採り手段で、ノコギリクワガタが潜んでいるであろう林の傍の白銀灯の下を探すだけの最も手軽な採集方法ですが、それにもコツはあります。月が明るく輝いている時は、成果は薄いです。また、車の往来が多いところでは、虫は轢かれてしまいますし、そもそも危険です。成田市での狙い目は、新しくできた幹線道路ではなく元々あった道路。特に広域農道は街灯の質、周りの環境、交通量いずれの面からもお薦めです。もっとも、こうご紹介してきてなんですが、明かりに飛んで来たクワガタを拾うのも悪くないです。でも、できれば頑張って木に止まって樹液を吸っているところを見つけて欲しいなぁ、と思います。虫を捕まえる、のではなく、虫がいる風景を捕まえるそんな気持ち、というのはちょっと大袈裟かなぁ。









記事が面白かったら、このブログランキングか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!


Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ノコギリクワガタを捕まえよう! ~前編~ 

僕の住む成田市は、起伏のない房総半島北部中央、印旛沼の東に位置し、東京都心部まで電車で1時間の中核都市。日本の空の表玄関として国際色に富みながら、なお緑豊かで、野山での色んな遊びが楽しめます。東京山の手育ちの僕には、この、都会と田舎の中間の雰囲気が居心地よく、とても気に入っています。


その成田市と周辺各市は、実は密かにノコギリクワガタの多産地。広葉樹が多く残る自然環境に加え、他の地域では競合することの多いヒラタクワガタやミヤマクワガタがいないため(理由はこちら)、大きなノコギリクワガタが簡単に見つかります。


簡単に、と書きはしましたが、虫採り経験の少ない方にはどうやら難しいみたいで、どこで採集できるんですか?とよく聞かれます。その度に、どこということもなくそこいら中で、と答えかけて言葉を呑み込みます。質問が来る、ということは、それなりにコツがいるということか、と。ガイド本やネットでは、昼間にクヌギやコナラの樹液を見つけておいて、とか、林の近くの街灯の下を探す、などとありますが、もう少し具体的に、成田市周辺部に特化したノコギリクワガタの捕まえ方を書いておこうと思いました。


■谷津田の周りのクヌギやコナラ
カブトムシやクワガタを採るのに有名ないわゆる雑木林も、探してみるとあることはあるのですが、放置されて竹やぶ化しているところが多く、入りにくいと思います。IMG_1248_convert_20090705151402.jpg仮に頑張って中に入ったとしても、そういう林には目当ての虫は実はあまりいません。下草が処理され、木々も定期的に手が加えられることで、適度な風通しや日当りがある里山の方がノコギリクワガタはいます。が、そういう場所となると、北総地域にはなかなかありません。そこでお薦めは、谷津田の周りの斜面に生えているクヌギやコナラ。たいてい後ろには針葉樹があり、混成林となっていることが普通ですが、それでも構いません。IMG_1245_convert_20090705152117.jpg田んぼに隣接している土手は水も豊富なら風通しもよく、クヌギやコナラも割とよく樹液を出します。林の中に入らずとも、縁の木々を丹念に探っていけば見つかります。足下に鳥に食べられたであろう死骸を見つけたらそれがヒント。その上に広がる枝のどこかにいるはずです。写真は、我が家の前に広がる谷津田の端の風景。細いコナラの木の高さ3メートルくらいの枝わかれで樹液を吸う♀とそれをガードする大きな♂のペアがいました。ノコギリクワガタは完全な夜行性というわけではなく、日中でも日陰になっているところであれば、よく見られます


■農家の屋敷林のシラカシ
この地域は冬場風が強いため、屋敷林には落葉しない常緑の広葉樹を使うことが多く、その中でもたくさん植えられているシラカシは、P7240021_convert_20090705153840.jpg樹液の量は少ないながら、ノコギリクワガタがたくさん寄ってきます。屋敷林はあぜ道沿いに立っていますので虫も飛んで来やすく、また農家によっては椎茸の栽培をしているため、そのほだ木の古くなったのが発生源になっていることもあり、谷津田の周りを探すよりも効率がいいとも思います。もっとも、夏の盛りには、こちらも農家の堆肥から発生するカブトムシの独壇場となり、太い木の上ではカブトムシにかなわないノコギリクワガタは、そこにはあまり姿を見せなくなります。写真は妻の実家にあるシラカシの大木と、樹液を吸うカブトムシのペア。ノコギリクワガタ♂は、カブトムシの様子を探るようにして、樹液のおこぼれを吸っています。

(後編に続く。)









記事が面白かったら、このブログランキングか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

カブトムシの羽化 2 ~大きく育てるには~ 

我が家で羽化したカブトムシ達が、蛹室でじっとして10日が経ち、活動をし始めました。そこで思い切って飼育ケースを掘ってみると、次から次へと大人になったカブトムシが。もっとも、まだ羽化して間もないのも出て来たので、最後まで数を数えるのは途中で中止。それでも♂10匹、♀6匹まで確認しました。


IMG_1147_convert_20090704185045.jpg♂はいずれも立派な角をしています。カブトムシは、幼虫時代にどれだけ食べたかで体の大きさが決まってしまい、成虫になってからは大きくなることができません。つまり、上手に飼育できた証。30cm×50cm×30cm、容積にして45ℓくらいの衣装ケースと、35cm×20cm×25cm、容積にして20ℓ弱の大型のプラスチック水槽2つで合計25匹くらいを飼っていましたが、これだけ密度が高くてもちゃんと大きなカブトムシにできたのは、子供の頃から虫博士だった腕ですなぁ、エッヘン。


IMG_1151_convert_20090704185126.jpg
とはいえ、何も高級な餌を与えたわけではありません。むしろ逆で、あまりお金をかけていません。カブトムシは卵からわずか9ヶ月で成虫になるわけで、その間、大量の餌を消費します。昆虫用に作られている「くぬぎマット」や、園芸店に売られている広葉樹100パーセントの完熟腐葉土が一番お手軽な餌ですが、僕はそれさえ少ししか使いませんでした。


カブトムシの幼虫は野外では、落ち葉が土になる手前の腐葉土を食べますが、当然、自然の腐葉土は落葉樹の葉だけでできているなんてことはなく、雑多な色んなもの、例えば小枝や針葉樹の葉、虫の死骸、なんてものも含まれているわけです。また、農家の牛糞堆肥や、倒木の中からも見つかります。つまり、彼らの食性はかなり幅があり、腐朽が進んでさえいれば色んなものを食べられると考えられます。そこで僕は、ホームセンターで売られている最も安価な腐葉土をベースに使用し、そこに、庭の落ち葉をかき集めて発酵させたもの野菜を育てた後のプランターの土クワガタ飼育で出た使用済みマットなど、それこそゴミ箱に投げ込むようにどんどん加えていきました。条件は1つ、無農薬でナチュラルなのものということ、それだけです。


そして冬には、小麦粉を入れ、上の方でかき混ぜています。すると発酵して高温になりますが、カブトムシの幼虫は割と熱さに強く、温度が上昇しすぎてもそこをうまく避け生きながらえますし、むしろ湯気が出るほどの熱をもったマットのお陰で寒い時でも休眠することなく餌を食べ続けるので、どんどん大きくなります(農家の堆肥から発生するカブトムシが大きいのもこの理由によるのかもしれません)。さらに発酵が進んでちょっと温度が下がって来れば、小麦粉の栄養分、恐らくはタンパク質が魅力となり、上部へ食い進んでくるほどです。



IMG_1188_convert_20090704204610.jpgそうして9ヶ月、常にたっぷりの餌を与えること以外、ほとんど放置していただけで、綺麗なカブトムシが誕生しました。人気の赤いカブトムシもいます。同じ餌を食べさせたのに色が違うのは、環境にではなく遺伝に依るのではないかなと感じますが、そのからくりは、実は多くの人が研究していながら未だによくわかっていません。息子達は今年も飼育したいそうなので、せっかくなので、写真の大きな赤いカブトムシの♂に、♀の中で一番赤いのを選んで繁殖させてみようと思います。



*我が家で生まれたカブトムシが欲しいご近所の方、差し上げますのでご希望の方はどうぞお気軽に。







記事が面白かったら、このブログランキングか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!




Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0