03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

成田が誇る唐川君、初勝利おめでとう! 

成田高校出身の千葉ロッテ唐川君、衝撃デビュー!今朝はスポニチ1面です。こんなに早く1軍に出て来るだけでも凄いのに、7回0封とは。しかも相手はソフトバンク、満員の敵地で。


KFullNormal20080427166_m.jpg




唐川君のことをここに書くのは、ただ彼が成田っ子だからではありません。僕はこの街に住み始めて3年しか経っていないから彼を成田市民として盛り立てたわけでもないし、そもそも成高OBでもない。でも彼とはちょっとしたご縁?があったのです。


自他ともに認める熱狂的広島ファンの僕。カープファンの宿命か、高校野球も大好きですが、職場に、息子さんが彼の先輩という方がおられたために、かなり早くに知っておりました。で、昨春カープの指名候補の1人に名前が挙がった直後から、人を通じて、あの手この手でカープにお誘いしました。


何も知らない遠い土地広島に行くのは本人もご家族も心配であろう、と思い、関東でもカープファンの応援は熱いこと、2軍の育成方針や練習事情、さらに、ANAには成田発広島行き国内線もあることなど、いろんな情報を出し続けました。同志の皆さん、その節は色々とご協力ありがとう。鬼才、透明ランナーさんのお陰で、カープの選手達にも大好評のイラストをプレゼントすることもできました。入団してくれたら、僕が責任もってカープの選手に面倒見てくれとお願いするとも伝えました。これは張ったりでもなんでもなく、僕を知る甲斐選手に頼むつもりでした。


ドラフト当日、僕は休みをとり、透明ランナーさんのカープユニを纏った唐川君のイラストに「ようこそカープへ!!佐々岡を抜け!黒田を超えろ!!」というメッセージをつけたフラッグと、愛用の倉捕手ユニフォーム(本物)、それにカープの公式キャップロゴ入り公式練習球の4つを手に、成田高校へ。


580542723_95.jpg



正門前ではご迷惑かなぁと裏門で報道陣に、応援フラッグをアピールしていたら、中から先生方がいらして、そういうことならどうぞ正門前へ、と案内され、そこで待機。またまた先生方が出て来られ、本人はロッテでも広島でも行くと言ってますよ、こんなにしていただいたら喜びますよ、記念写真を撮っていいですか?カープに決まったら中にどうぞお呼びしますんで、是非!なんて嬉しいお声もいただいたのでした。


同時に、メディアの人々には、もし唐川君が広島ということになれば、この倉ユニと帽子とボールを使ってくれ、レプリカちゃうぞ、前例のない本物での写真が撮れるぞ、と売り込み、NHKと日刊スポーツと交渉成立、特にNHKは年配のディレクターらしき方がカープファンは凄いと褒めて下さり、先に画を撮らしてよ、とフラッグやユニフォームを撮影していったくらいでした。


結果は...。でも一部報道で、広島でなく地元でよかった、と言ったと流れましたが、唐川一家はそういうことはおっしゃってません。後日ケーブルテレビでお父さんの会見を拝見したら、広島でもよかった、あちらにも熱いファンがいらっしゃる、高く評価して下さり感謝しています、というコメントをされておられました。あれで僕は救われたのです。


その唐川君がねぇ、いくらなんでもいきなり4月にデビューするなんてと驚きましたが、堂々たる勝利、しかも地に足のついたヒーローインタビュー!


僕は人生で初めて、クジで失恋するショックを味わいましたし(それも他人の引いたクジでw)、やっぱり千葉ロッテのではなく広島のサポーターなんで、カープの選手にするような熱い応援はできませんが、これからも陰ながら見守ってあげたいなぁと思います。


彼の代わりにカープに来てくれた安部君丸君僕は君たちを熱烈に応援する!!


709976275_96.jpg










blogram投票ボタン
記事が面白かったら、上のランキング投票ボタンか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!


スポンサーサイト

Category: 広島東洋カープ

Thread: 千葉ロッテマリーンズ

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 6   

やっぱり増えてた、アミガサタケ 

浜スタで一家でカープの応援をするためにとった連休ですが、僕も息子も新生活で疲労が溜まってきた時機なので、自重してテレビ観戦。大好きなが久々のスタメンマスクに、行けばよかったかな、と思う反面、大雨で寒そうなお客さんの姿(友達含む、ご苦労さんw)に、やっぱり行かなくてよかったな、なんて、うだうだと考えて過ごしておりますGW初日の土曜日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

だいたいカープはですねぇ、育成のチームだというのに、その育成を放棄して...いかんいかん、そういう趣旨のブログではなかった。カープの話はmixiで。

1週間前、2つだけ採れたアミガサダケ(モリーユ)。雨が続いた後、気温がグッと上がったのがよかったようで、やはりたくさん出てきました!

生えているのはこんなところ。

P1060688.jpg


これはたまたま民家の大きな木の下に群生していますが、我が家の観察では、特定の樹種の下に生えるという感じではなく、朝か夕方に陽が射し込む、明るい日陰になっている土手で、風の通り道、というのがポイントのようです。また、我が家の周りのどこでも生えているわけでなく局所的で、1本だけぽつんと生えている場合もあります。

この宝の山は、我が家の前を散歩されるご夫婦の庭先。ご夫婦にカミさんが撮らせていただいてもいいかお尋ねしたところ、気味が悪いのが生えているとは思ったけれど、欲しいという方がいるなんて、と笑いながら快諾して下さいました。

で、家族4人で伺い、ショーゴが採取。崩れかかっているものや、まだ小さいものは触らず、状態のいいものだけをとってきました。

P1060693.jpg


これで8個ほど。まだ足りません。これも干して、食べるのは次の収穫まで我慢です。

見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)
(2004/08)
大作 晃一、吹春 俊光 他

商品詳細を見る





記事が面白かったらクリックして下さい!


Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4   

道ばたにフレンチ食材発見 

僕の息子ショーゴは、どういうわけかが大好き。まだ言葉も話せなかった頃から、散歩中に茸を見つけると大はしゃぎで、画用紙を与えれば茸の絵ばかり描き、絵本を読み聞かせようとすると茸図鑑(もちろん大人用)をねだってきた変わり者です。4歳の時には、千葉県立中央博物館で、高名な農学博士の吹春俊光先生にスカウトされ、千葉菌類談話会の会員になったほど。これぞ本当の「茸中毒」

僕もカミさんも、もともと野山を散策するのが好きだったので、ショーゴの長所?を伸ばそうと僕らも茸に興味をもつようになったのですが、探してみると今までは全く気づかなかった茸が、身の回りにもあるわあるわ。もちろんほとんどが、素人にはなんという種類か同定できないものなのですが、はっきりと見分けられる茸もあり、中にはフランス料理で使う高級食材の茸もあるのです。

で、今日、家の近くで見つけたのがこれ。

アミガサダケ


これが茸?という変な形をしていますが、アミガサタケという名の春の茸。フランスではモリーユmorilleと呼ばれ、広く親しまれていて、日本のフランス料理屋さんでもよくメニューにありますし、去年はANAの機内食でもお目にかかりました。コリコリした食感がセールスポイントですが、一度干してから使うと絶品の味が出ますし、歯ごたえもちゃんと残るのでお薦めで、レストランでも普通、乾燥アミガサタケを使っています。これが僕の住む成田でも簡単に見つかるのを知ったのは3年前。以来、毎年初夏になると生えている場所を探し、今では3カ所知っています。

今日は2つしか穫れなかった上、シーズンは始まったばかり。昨日までの雨と低温からこの後気温が一気に上昇すれば、もっと出て来るに違いなく、今日の収穫は干しておくことに。日本ではあまり食べられていない茸なので我が家の周りに競合者はいない様だし、一度にたくさん食べるのはよくないそうなので(生食では毒があるとも)、そんなにガツガツしないでも数日中に我が家の食卓に上がるでしょう。

さて、何を作ろう。考えとかにゃ。

見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)
(2004/08)
大作 晃一、吹春 俊光 他

商品詳細を見る



記事が面白かったらクリックして下さい!



Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 15