FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

幸せの黄色いタマゴタケ 

15日、IMG_1521.jpgカンタと2人、那珂川流域で遊んできました。剣道の部活に燃える中2の彼は、次週の中学総体県予選を控え、ここのところの週末は稽古三昧。ただ、夏恒例のミヤマクワガタと茸採りをしたい気持ちは捨てていません。身体の疲労をとるためにピンポイントで休みとなった3連休最終日、体は大丈夫、それより心を休めよう、緑と清流を浴びようと遠出することに。


車中はひたすら剣道の話となったのは流石で、僕も楽しく聞けたので、現地までの運転が楽。日照時間の記録的に少ない雨続きの空も、なんとか持ちそうという感じに。今日が彼にとって今年最初で最後、僕にとっても最後となる北関東での夏遊び、10時過ぎにキックオフ。


IMG_1539.jpgただ、連休最終日だけあり、先行者やライバルの影がチラホラと。特に入りやすく手入れされた美しい雑木林は、ことごとく空振りに。たまに採り残しを見つけますが、ほとんどがノコギリクワガタ。お目当てのミヤマクワガタは、♀より先に出てくる小型の♂を4匹捕まえただけでした。もっとも、ノコギリクワガタも♂ばかりでしたし、カブトムシは姿を見なかったし、いつもならすでにこの時期賑やかなニイニイゼミもヒグラシも、ほとんど鳴いていなかったことから、夏の到来自体が半月くらい遅れているようにも思えました。この仮説が正しければ、今年はカブトもクワガタも梅雨が明ける頃一斉に出現、子供達にはいつも以上に捕まえやすい夏休みになるはずです。


IMG_1523.jpgなかなか採集に至らないけれど、こうして緑溢れるフィールドで目一杯汗をかくことそのものが楽しい、今日は採れるか否かは問題じゃないね、と色々な場所を巡りました。大きなミヤマクワガタの実績がないため最近は足が遠のいていた林にも、久々に寄ってみることに。と、車窓からもはっきりとわかる実に鮮やかな黄色の大きな茸が!


IMG_1527.jpg毎年記事にしているタマゴタケがそのまま黄色くなった姿のキタマゴタケです。このブログ初めての登場、そもそも見つけたのも2回目で、前回は13年前のことです。まだ歩くのも覚束なかった赤ん坊のカンタを家に置いての、長男ショーゴと初めての2人での遠足の折のことでした(右写真)。当時、すでに茸マニアとなっていたショーゴに対して、僕は全く興味がなく、P1030759.jpgタマゴタケだ!初めて見たっ!、と大興奮の幼稚園児に、へー良かったね、としか言えませんでした。茸に興味を持ち、このブログを始めたのはその2年後のこと。赤いタマゴタケを目にする度に僕も感激するようになりましたが、そういえばあの最初に出会った黄色い奴を見たいなぁと探しても、全くでした。なんでもキタマゴタケはタマゴタケに比べかなりレアで局所的に生える茸のようで、ハンディな図鑑にはあまり載っていないし、千葉県では発生例がないのでは、とも言われているようです。


IMG_1529 (1)IMG_1522.jpg同行しないで大学受験の勉強をしているショーゴに写真を送り、感動を共有。前の写真と見比べると、今回の方が大小様々な形があるし、ちょうどその時は晴れ間も見えて、より艶やかな感じ。1時間ほど前に撮影した普通のタマゴタケと並べてみれば、どちらもその輝きはさらにアップ。こんな鮮やかな色が何もないように見える地面から卵を介して生えているというのが、なんとも神秘的。


タマゴタケは食べてもあまり美味しいとは思えないというのが我が家の見解なので、採取はせず。代わりの茸の収穫もなく、虫の方も前述した通りでしたが、これは幸せの吉兆に違いない、そう感じさせるようなキタマゴタケとの遭遇でした。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!






スポンサーサイト



Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ひとりで夏遊び 〜その2 野いちごと木耳〜 

クサイチゴの収穫に向かうと、IMG_1324.jpgIMG_1323.jpgありました、赤い果実がこれでもかと。うわぁこんなに、と喜ぶと同時に、果たしてどれだけ採れるのかと不安にすらなる、すごい群生。状態の良いものだけを片っ端から選んで採っていくこと1時間、とてもとても全部は無理、と諦めたのは、持ってきたタッパーがいっぱいに埋まったから。これだけあれば結構な量のジャムができるはずです。


ただ、なぜここにはこんなに群生していて、しかも実が採れ易く上を向いているのだろう、他の林では足下、それも隠れるように生えているのに、と思った時、IMG_1331_20190702215359ce0.jpg実自体も少し違うのに気がつき調べてみたら、三又に割れかかっている葉の感じや、背丈以上までしかも藪のように生えていることから、クサイチゴではなくニガイチゴ、という別の野いちごと判明。去年のブログでクサイチゴと書いたのもこのニガイチゴでした。ニガイチゴ、といっても食べてみたら苦くなくて一安心。何年も同じように通い続けたフィールドで、またひとつ賢くなった、とささやかな喜び。ただ、少年は老い易く...。


クワガタと野いちごが採れたので、あとは茸。ただ、ここまでの林ではベニタケの仲間が少し生えていた程度で、IMG_1348.jpgIMG_1344.jpg明らかに時期尚早。なので難しいかなと思いつつ、夏の初めに多いムラサキヤマドリタケがよく見つかるところへ行ってみたら、やはりまだでした。が、ここでは以前キクラゲを見つけたなと思い出してあたりを見てみると、なんとなんと、見事なキクラゲが2本の枯れ木にいっぱいに。状態のいいところだけを切り取って採りましたが、帰宅後測ったら400g以上もありました。


IMG_1357.jpgIMG_1365.jpgクサイチゴとニガイチゴ、そして1粒のモミジイチゴも、同じく400gありました。その日のうちに塩水につけて虫出ししてからよく洗い、重量の45%のグラニュー糖を加えて冷蔵、翌日煮立て、レモンを種ごと加えて火にかけ、15分程弱火で煮込んでジャムに。甘酸っぱい綺麗な紅色のジャムが、中型のジャム瓶1つできました。IMG_1366.jpgキクラゲの方は、丁寧に石づきや汚れを削り取った後、水洗い。すぐに食べない分はそのまま冷凍庫へ。当分持ちそうです。









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!



Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ひとりで夏遊び 〜その1 ミヤマクワガタ〜 

夏至の先週末。今までだったら、すわ夏が来た!とクワガタと茸を採りに一緒に家を飛び出した息子達も、片や受験を控えた高校生、片や剣道部に忙しい中学生。僕も彼ら、特にカンタの部活アテンドに忙しく、今年はなかなか都合がつきそうにありません。そんな中、金曜日に代休が取れたので、ひとりじゃなぁとは思いながらも行ってみることに。息子達を学校へ送り出し彼らの夕飯の支度をした後、9時前に出発。場所はもちろん、いつもの那珂川流域。狙いももちろん、ミヤマクワガタ


栃木県茂木町に着いた時にはもう昼近くになっていました。例年だとミヤマクワガタにはやや早く期待は薄いし、息子達もいないので、あまり深入りしたり丹念に探ることなく、主だったポイントをざっくり周ることに。ただ新緑の中で気持ちよく汗をかければそれで良かったのですが、時おり霧雨も吹く肌寒い天気で、歩き回るのにちょうど良い具合でした。


IMG_1297.jpgいきなり期待の木々が切り株になってしまったのを見、出鼻を挫かれるスタート。でも、過去実績のある木を中心にゴム鎚で叩いていくと、たまに虫が落ちてきます。が、息子達という相棒がいないので、下草の中に落としっぱなしでなかなか捕まえるには至りません。IMG_1303.jpg彼らが生まれる前や幼かった頃もこんな具合に非効率だったよなぁというノスタルジックな気持ちに。30分程かけてようやく拾えたのはこの一帯ではミヤマよりも早く出てくるノコギリクワガタでした。また、コクワガタも何匹か目撃。


IMG_1319.jpg一昨年の夏、クサイチゴという野いちごを見つけ、去年にはたくさん採れる場所を見つけたので、今回はそれもしっかり狙います。最初の林では地べたを這うようにして生えるクサイチゴがちょうどいい時期らしく、ポツリポツリと。後で群生している所に行くのが楽しみに。


IMG_1316.jpgIMG_1339.jpg次のポイントを探ると、予想外にミヤマクワガタの♂が採集できました。しかも5cm半ばながらエゾ型と基本型の中間のような長く立派な大顎を持ったかっこいい個体。シーズン初めは小型の♂が多く、このサイズは珍しい。


この林にもクサイチゴが生えるので期待したものの、こちらは空振り。IMG_1322.jpgただ、黄色い野いちごを見つけました。調べてみたら葉が紅葉の形をしているモミジイチゴのようです。日本のワイルドベリー類で最も美味とあったので、周りをさらに探しましたが、生っていたのはわずかこの1粒だけでした。


さらに那珂川沿いに数十メートル山を上ったところ、ここは僕のポイントの中では今なおミヤマクワガタが優占種となっている貴重な場所ですが、木を揺すっても無反応、樹液にも姿を見ませんでした。たぶんちょっとの差ながら、標高がある分涼しいからだと思います。それも予想内、すぐにターゲットを野いちごに切り替え、去年たくさん収穫した場所に行ってみると...。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!





Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

Tag: ミヤマクワガタ 
tb 0 : cm 0   

晩秋の茸探し 

今年の秋は茸が豊作だった...らしいです。IMG_8818.jpgIMG_8819.jpg梅雨が短かったのから一転、猛暑の後の秋雨が激しくかったのが良かったみたい。生憎僕は、夏以降カンタの剣道部の付き添いが忙しくなり、探しに行くことがほとんどできませんでした。9月の末にヤマドリタケモドキタマゴタケを少し見つけたくらい。そんな中昨日はちょっと自由な時間が。しかも本当に気持ち良い秋空。早朝息子達を送り出した後家事を一気にやっつけ、茸探しのサイクリングをしてきました。


IMG_9318.jpgIMG_9319.jpg具体的にはムラサキシメジや冬にも採れるヒラタケを見つけたい。で、出発して早々、自宅そばの雑木林で、クヌギの立ち枯れからこんな茸の幼菌が。まだ小さいですが、見るからに元気なキノコ。色合いから一瞬ブナシメジかと思いましたが、よく見るとカサの下にツバがが残っていることからナラタケではないかと思います。が、ナラタケってもう少し黄色っぽいイメージがあるし、それにこんなに軸が太いかなぁ、という違和感も。帰宅して調べましたが、ナラタケにはどうやら7種類程あるらしいということを知ったまで。もう少し大きくなった頃にまた見に来ることにしてそのままに。


IMG_9320.jpgIMG_9321.jpgその林ではだいぶ前ムラサキシメジを採取したことがあり、探してみましたがなかなか見つからず。なんとか1本だけ、もう大きくなって紫色が抜けてしまったのを発見。「占地」の名の通り、キシメジ科は群生するのが普通なのですが、どんなに周りを探しても他には1本もありませんでした。


なので、ムラサキシメジがたくさん生えている場所を見つけるのを最大の目標に修正し、15キロくらい走りましたが、その後は、ムラサキシメジはおろかその他の茸も全く見つけることはできず。ずっと茸探ししていなかったから「キノコ目」の力が落ちているのかも。


IMG_9322.jpg雑木林は落葉が進み、草むらではバッタやカマキリは姿を消し、こちらの足音に驚いて飛び出してくるのは成虫で越冬するツチイナゴだけ。太ももはパンパンになる一方であまり汗もかかずに帰宅。いよいよ長い冬が始まったなぁと感じました。












にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

大人エレベーター12歳、虫採りとは篇 

14B8E630-6726-48DE-B102-628D55BF18F4.jpg那珂川流域、茂木町から那須烏山市へかけてのミヤマクワガタの採集に、7月も2回、カンタと行ってきました。以前は、一夏に最大でも3回だったのですが、今年は去年と同じく4回も。子供達が成長、それぞれの生活が確立されてきており、一緒に遊べる機会は貴重だから行ける時には行ってしまおう、なんて思ったら、むしろ回数が増えてしまいました。


IMG_7801.jpg3回目は先週の3連休の中日に。例年だと梅雨の終盤で、ミヤマクワガタも夏の茸も最盛期ですが、今年は梅雨明け後すでに半月以上が経過、その間も少雨で酷暑続きだったので、薄い気配。特にクワガタの方は連休で虫採りをしているライバルの皆さんも多いようで、入りやすい林ほど空振りでした。実際、一番期待していた場所には、少年を連れたご家族がいらっしゃいました。今回もその時点で採集していた虫を差し上げ、喜ぶ僕達。


IMG_7792.jpgカンタが掲げた目標は、合計12匹、かつこの地域での僕らの過去最大66mm以上の♂の採集でしたが、大苦戦。最後の最後、「秘密基地」と呼んでいる林に入ってなんとか♂7匹、♀5匹の計12匹をクリアしました。IMG_7795.jpgIMG_7797.jpgただし、60mm超えさえない小型のみ。しかも左の写真のように半ば藪になっている林なので、2人ともアブには刺されるわ、カンタは木の枝を踏み抜いて靴を貫通させるわ、と傷だらけに。一番良かったのは、ノコギリクワガタの♂と♀が出会うシーンを目撃できたことかなぁ(一番上、この記事冒頭の写真)。


IMG_7872.jpgIMG_7860.jpgIMG_7850.jpg4回目は21日の土曜日、夏休み初日。条件は一層厳しくなる見立てでしたが、目指すところはできるだけ下げないものだと諭しながら、先週と同じ数字を目標に掲げました。が、意外にも「同業者」がまだ入っていない林も多く、少し採集時間も短かった(カンタは途中で寝ていた)にも関わらず、♂9匹、♀6匹の計15匹の成果。ただし、やっぱり大物は不在、急速に生息域を狭めているという去年までの分析通りです。嬉しかったのは、今まで知らなかったこれぞ雑木林という絵に描いたような理想的な場所を新たに見つけたこと。あちこちに樹液場があり、真夏の日中にも関わらず虫が群がっていました。ただしこの1週間でカブトムシの♂が一気に増えたため、ほとんどが彼らに占領されていました。中には1本の木の見える範囲に12匹のカブトムシなんてすごい光景も。ミヤマクワガタも見つけましたが、カブトムシを避けるように樹皮の割れ目に身を隠しながら食餌していました。この林、来年はカブトムシが出てくる前に見てみたい。


IMG_7854.jpg4回の遠足を通じて持ち帰ったのは、お隣の男の子へのお土産4匹だけ。子供達と初めて一緒に採集に行った9年前は、採集場所にも時間にも制限があって3人でほんの少ししか見つけられなかったのに、今ではカンタ1人でも採集ができ、しかも捕まえた虫も最後は逃してあげるように。楽しいと感じるのが、単純に宝物を手にするということから、その時の会話のやりとりや体験の共有、つまりは一緒に過ごす時間の全てに変わってきたような。それは大人になってきている証なのかもしれません。


今年は、部活に燃える高2のショーゴは参加せず。中1のカンタも週末の部活動が今年はまだ免除されていたからで、来年以降はこうはいかないんだろうなぁ、なんて思うと、寂しくもあり、嬉しくもあり。世のお父さん、お母さん。お子さんと昆虫採集を楽しめる豊かな時間は、長くて10年、あっという間ですよ〜。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

Tag: ミヤマクワガタ 
tb 0 : cm 0