02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

6年越しの銅メダル 

ショーゴの高校合格祝いをした先週日曜日は、日中、カンタも活躍した日でした。IMG_2511.jpg所属する剣道の市民クラブ「玉造剣友会」で出場した「第37回富里市剣道大会」団体の部で、見事3位入賞、銅メダルを獲得したのです。


我が家がこの剣友会にお世話になって丸6年。始めた時は、5人を揃えるのがやっとの小所帯。なので、春と秋の大会に出場しても誰1人一本も取れずに負けた団体戦もありました。個人戦でも全員が早々に敗れ、閉会式まであまりにも時間が空くので、みんなで早退してしまったこともありました。習い始めて2年半、やっと一本勝ちを収めてから急に強くなったショーゴが、大将として大会に出場していたのが6年生だった3年前。でも、その時は前の4人がみんな負けてしまったことで、勝っても嬉しそうにはしていなかったのが思い出されます。その時は個人戦で3回戦で延長の末敗れ、中学ではソフトテニス部へ転向してしまったので、それがショーゴの最後の剣道公式戦。あるいは十分に勝ち癖がつかなかったために辞めてしまったのかもしれませんが、剣道をやったおかげで、テニスでも勉強でも、特に心の部分を整えられ、成績を自力であげられるようになったのは間違いありません。


カンタはショーゴよりも剣道歴はすでに長く、丸5年。公式戦初出場はショーゴが初めて一本とった3年3ヶ月前。その時はなすすべもなく敗退。IMG_2520.jpgその後年に2回の大会出場を続けていますが、団体戦も個人戦も、あまり活躍できたことがありません。始めた時には兄よりも筋が良い、という評までいただいていたのですが、試合になると気持ちが空回りしてしまうところがあり、また、初戦で強い子に当たってしまう不運も多く。加えて僕も家事に忙しく、剣道から足が遠のき、カンタの稽古相手をしてやることはおろか見てあげることさえできず、それも彼の成績に反映してしまっていて、悪いなぁと。3ヶ月前の成田市の大会では、チームみんな頑張ったものの、カンタが先鋒で負けていたために引き分けとなり、大将による代表戦の結果、負けて惜しくも銅メダルならず、責任を感じた大将が泣き崩れてしまう、なんてこともありました。あれは可哀想なことをした。カンタが少なくとも引き分けていれば...。


IMG_2514.jpgそんなカンタですが、試合前の稽古を久々に見て、思ったのは、跳べるようになった、まっすぐ打てるようになった、少しはいけるのでは、と。今回も先鋒。勝ってこい、それも瞬殺してチームに行けるぞという流れを持ってこいと欲張って見た初戦は、やはり硬くなっているところがあり、よく攻めるも有効打突が取れず、引き分け。なぁんだ今回もかぁとちょっと残念。ただその後仲間が頑張ってくれ、最後は大将が見事にケリをつけて、2回戦へ。今度は力みが取れたのか、開始30秒で鮮やかに面を2本とり、一本勝ち。それが呼び水となり、名前負けする相手だったのにもかかわらずみんな次々と撃破し、誰もが思っていなかった圧勝で準決勝進出、銅メダル確定。6年前には想像できなかった子供達の晴れ姿!一緒に見に来ていたショーゴも羨ましがっていました。


生憎、準決勝の相手は全員が男子6年生と見え、明らかに格上でしたが、それでも各自よく奮戦。カンタも、敗れはしたものの堪えに堪えていい稽古ができた感じでした。IMG_2585.jpgただ、全員が負けたわけではなく、カンタが仲良くしている副将の6年生は、ものすごく強そうに見えた相手から2本とって勝利、おそらくその瞬間に強くなった彼は、午後の個人戦でもあれよあれよと勝ち上がり、個人でも3位銅メダルを獲得。旋風が目の前で起きるのを初めて見た感動を味わいました。かっこよかったなぁ。カンタの個人戦は、初戦で、延長に継ぐ延長で6分近い長い勝負の末、一本取られて敗退。でも、よく攻めて力は出し切ってのいい内容でした。面の弱さと、押し込めず引き技に頼ってしまうのが課題。


4月からは大将に指名されました。他に6年生がいないからだけれど、1年後には流石と言われるように、心技体、磨いていこうね。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

15歳、サクラサク 

ショーゴ、15歳の誕生日に、第一志望に合格。やったっ!


IMG_2401.jpg試験当日は月曜日ながら僕も頑張って鶏カツ弁当を調製、それを楽しみに頑張るんだよと送り出しましたが、やはりスロースターターの彼は、英語のリスニングでボッーとしてしまったそう。得意科目になってきたはずの英語でいきなりつまづいたものの、数学以外は8割以上狙えるまでに仕上げていたので巻き返し、自己採点は370点近く。IMG_2459.jpg届いたのではないかと僕は思っていましたが、真面目な彼はその後の1週間も、後期試験へ向けた準備をしていました。そこへ届いた吉報です。前回書いた通り、ここまで努力してきたのが大事で、結果は二の次。仮に不合格でも失敗から学んでくれたら良いと思ってましたが、ひとまず良い区切りになりました。


IMG_2425.jpgIMG_2464.jpgIMG_2586.jpg父子家庭の我が家は色んな方々に温かく見守って支えていただいています。ショーゴは僕に言われるまでもなく、そんな皆さんに報告とお礼の連絡をしていました、その姿がまた嬉しかった。ただそのためにたくさんのお祝いを頂戴してしまいました。どうもありがとうございます。


IMG_2574 (1)IMG_2562.jpg昨夜は、合格祝いの席をいつも行くよりランクの高いお寿司屋さん、「すし銚子丸」で。千葉県を代表する職人さんが握ってくれる寿司のお店で、ショーゴが幼い頃はたまに行っていたのですが、普通の回転寿司で軽く30皿を食べてしまうようになったショーゴを、おいそれと連れていくわけにはいかず、合格したらと約束していたのでした。2万円を超えることも覚悟して行ったのですが、日中、カンタの剣道大会の観戦で体が冷え切っていたこともあってか、いつもの勢いがなく、14000円程で済みました。まぁ、済みましたという額でも、親子3人で食べる額でもないのではありますが。


IMG_2565.jpg誕生日も兼ねた合格祝いには、キャノン製の一眼レフカメラを奮発。予想以上に喜んでくれました。後々まで役立つ何かをあげたいなと考えに考えてのプレゼントです。彼の長所は絵のセンスがあること。この先どんな分野に進んだとしても写真を撮る技術があれば強みになるでしょうし、何より楽しいだろうからと。もっとも、ただカメラをポンと渡してもしょうがない。僕は一眼レフ使ったことないから教えられないし。そして僕があげたいのはカメラそのものではなくて、写真を撮る喜びの方なので、キャノンEOS学園のカメラ使い方講座2時間と、1時間のコンシェルジュサービス(講師は僕の友人の「もとじ」さん!)をつけました。15歳、一人で大人の中に飛び込んで教えてもらっておいで


この先、高校入学までは自由な春を満喫、友達と遊ぶなりテニスするなり、好きなように過ごしなさいと思っているのですが、放課後まだコミュニティセンターに通い、勉強しています。いつも一緒に励ましあってきたのに前期試験に落ち、後期に備えている友人を1人にはしたくないそうで...。一緒に花が咲くといいね











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

天命を待つ 

長男ショーゴ、高校受験生。


IMG_2341.jpg7月に千葉県大会で敗れて軟式テニス部を引退してからここまで、実によく勉強してきました。機敏な動作ができない子で、朝のエンジンのかかりが遅いのが難ながら、始めると止めるまで続きます。短時間集中して効率よく、という僕とは全く違う。夜22時過ぎても勉強しているので、そろそろ止めて朝にしなさい、と注意、それでも終わらず23時頃、いい加減に寝なさい、と怒ることもしばしば。たまには息抜きに海釣りにでも行こうかと誘っても、いや勉強する、と。まぁ、勉強するのを止める親も珍しいかと思いますが。


IMG_2354.jpg塾には行かせていません。というのも僕は学生の頃、予備校や塾の講師で稼いでいたことがあり、目先の点数を上げねばならない立場ならではの難しさやデメリットも知っているので。人に教えてもらえるのは、実は、どう勉強するかであって、そのあとやるかやらないかは自分次第だと思います。そうでないのならそれは単なる詰め込みで、意味がない。勉強の仕方なら中学生レベルならば僕が教えられるし、思春期のショーゴもまだ聞く耳を持ってくれるので、よく話し合った結果、独習で乗り切ることにしました。で、放課後と週末の日中は、近所のコミュニティセンターで勉強をするように。幸い、テニスで友情を培った友達も一緒で、励ましあいながら頑張った結果、ぐんと成績を上げ、夏に立てた目標点はクリア。先日一足先に受けた私立の併願校は無事合格し、一応、高校生になれることは決まり、当初は厳しいと思われた志望校本命の県立高の入試へ向け、ラストスパート中です。


テニス部の後輩からは、太宰府天満宮での合格祈願までしてもらったとかで、そんな応援までしてもらって、頑張らないわけにはいきません。その一方で、合格するかは案外もうどうでもよかったりします。IMG_2360.jpgというのも、受かるか否かは縁でもあるんじゃないかと。大事なのは、ここまではできるようになりたいと目標を立てて、それに向かって創意工夫しながら努力し、成績を伸ばして来たこのプロセスであって、最後の結果は、100%自分でコントロールできるものではないと思うのです。その学校に行けることが果たして良いことなのかどうかは今の段階では誰にもわかりません。落ちて違う学校に行っても、それはそれでいい出会いもあるでしょうし。そもそも勉強は高校入試のためにするものではないし、入試はあくまで勉強のきっかけを与えてくれるだけなのだから、と。


そういう僕の思いが、彼にはちゃんと伝わっているようで、それが嬉しい。いい勉強をして来たね、と言ってやりたい。


合格発表の日は来月、2月20日。その日は彼の15歳の誕生日。頑張れ、受験生。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

サンタの後を、ペダルを漕いで 

カンタももう11歳。サンタクロースがいないのは知っている前提で、今年のクリスマスには何が欲しいか尋ねたら、自転車、と。今使っているのはショーゴのお下がりの26インチ。近所の自転車好きの腕利きのお兄さんに何度も直してもらいながら使い続けてきましたが、全体的に錆つき、サドルはデコボコ、ペダルは曲がり、限界だなという状態です。そこでサイクリングがてら一緒に買いに行きました。


IMG_2012.jpg同じような少年向けの大きな自転車をと探し出したら、お店の人に、あと1年で中学生なら大人用の26インチの方が良いと薦められ、もっともだと。そうして古いのと引き換えに得た黒いシティサイクルに颯爽と乗って二人並んで帰ってきたのですが、そうか、もう子供ではないのだ、という気持ちにも


P1030004.jpg思えば僕は、子供達へのプレゼントに自転車を選ぶことが多かったと思います。最初はショーゴが3歳だった11年前のクリスマスでした。生まれたばかりのカンタの面倒を実によく見てくれる頼もしい兄貴だった坊やが、朝起きて枕元に立派な自転車が置いてあるのに大喜びだったのを昨日のことのように覚えています。その自転車は、結構長く補助輪付きで活躍してくれたはず。


P1060666.jpgカンタに最初に与えた自転車、こちらははっきりとした記憶がないのですが、ご覧の通りサドルに跨りおどけるカンタは2歳半の頃。P1060043.jpgその後、弟はお下がりで済ませることが多く、ショーゴの最初の自転車は3年後にはカンタのものとなり、ショーゴには新しく赤いマウンテンバイクタイプの自転車を。それが確か2009年のクリスマスプレゼント。う~ん、なぜかその時の写真がなく、半年以上たったのが右の写真。


DSCN0437.jpg
一方、カンタにはもちろん外していた補助輪をもう一度つけて渡したのですが、彼が乗っている姿を見ていると、補助輪が地面に接していない時間が長い。ひょっとしてと外してみたら、その瞬間から乗れるようになったことに、とてつもない運動神経の持ち主ではと驚いたものです。僕自身、小学生になってから結構苦労して乗れるようになったんだけどなぁ。左はその2009年の晩秋、わずか4歳。


Image769.jpgそしてそんなカンタに専用の青い自転車を買ってあげたのが翌2010年、5歳の誕生日。IMG_2002.jpg初めて手にする新品に大興奮。ショーゴのレッド、カンタのブルー。よく似た自転車を並んで走らせ、虫やきのこを見つけに林に入っていったものです。ところが子供達の成長は思いのほか早く、二人にとってその2台はすぐに小さくなってしまい、2年後、2012年のショーゴの10歳の誕生日には、赤い自転車はカンタに下ろし、ショーゴには新しく少し大人っぽい自転車を。その赤い26インチが右の写真で、今回、カンタが乗り潰したもの。


今ショーゴが乗っているシティサイクルは僕の母からのプレゼントですが、それを除いてもこの10余年のクリスマスや誕生日のプレゼントに、計7台の自転車を買ってあげたことになります。そしてついに、僕と変わらない大人の自転車になってしまいました。嬉しいような淋しいような。


ところでカンタに、サンタクロースはいないっていつ頃知った?と尋ねてみたら、予想外の答えが。「幼稚園の年中組の頃から知ってたよ、いないんじゃないかと思ってショーゴに聞いた、でもお父さん毎年楽しそうにしていたから、知らないふりしてた」だそうです。子供は親の知らないうちに、知らないところで成長していく...。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

25年ぶりの三田祭 

先週末は、母校の学園祭「三田祭」に息子達と行ってきました。毎年、覗いてみたいと思ってはいたものの、深いつながりの所属もなければこれといった目的もないため、疎遠なまま。在校時でさえ積極的には参加しておらず記憶にあるのは大学1年生の時なので、25年ぶりではないかと思います。高校受験まであと3ヶ月を切ったショーゴに何か刺激を、という思いがきっかけでしたが、一番はしゃいだのは僕かも。


IMG_1669.jpg学園祭どころか、大学に足を運ぶのも20年近くぶり。今の職場は三田キャンパスからそう遠くはなく、三田駅も通勤経路上にあるのですが...。そんな愛校精神の希薄な僕も、駅を降りると自然と胸が高鳴りました。界隈の変容に驚きつつ、足取りも軽やかに正門である南門へ。と、そこには僕の知らない、ガラス張りの大きな建物が。そうか、南校舎建て替えられたんだ、と驚きはしたものの、それ以外は以前のままの面構えなので、割とあっさりと受け入れられ、いざ、中へ。


IMG_1671.jpg日本中の大学祭で1日あたりの入場者数がもっとも多いと言われる人混みをかき分け、階段を上ると、そこに広がっていたのは、僕の学生時代となんら変わらない風景。懐かしい!しかも不思議なことにそこに漂う匂いまでが昔と同じ。一気にノスタルジックな気分に浸りました。


祭を盛り上げている皆さんは、僕よりも20歳以上若い学生達。彼らには僕は、少年2人を連れたずっと歳上のお父さん。が、僕には彼らが、ほんの少ししか歳の離れていない後輩達にしか思えません。まるでつい最近までここに来ていたように錯覚します。もっとも、僕らの頃に比べて、皆さん揃って清潔感に溢れ賢そうに見えます。薄汚れた上着をだらしなく着たおじさん臭いっぱいの男や、ド派手な化粧をして髪をソバージュにまとめたイケイケ姉さん、なんてのはいません。今年世間を賑わせた事件を起こしましたが、少なくとも僕の目には、僕の頃よりずっとまともに映る学生さんばかりでした。そうそう、カンタがカープ帽を被っていたので、声をかけてくれる学生さんも多かったです。なんたって、この秋の我が広島東洋カープのドラフト1位加藤拓也投手は、今、このキャンパスに在籍中なのですから。カープに入る後輩が出るとは、本当に嬉しい。頑張れ、加藤君。


IMG_1672.jpgキャンパスの中を一通り回った後、OBの強力な母校ならではのお得な福引きをしたり、屋台のたこ焼きやハンバーガーを食べ歩いたりしながら、気の向くままに色んな教室を覗きました。写真展、似顔絵、性格診断、マジック、落語、芝居...。みんな僕らの頃にもあったものだけれど、やっぱり僕らよりもうまいような。さらには、当時はなかったものもありました。世界大会レベルのペン回し、すごいものがあるものだ。


IMG_1675.jpgあるいはずっと机の上の勉強だけをして来て、今も勉強しかしていない学生もいるのかもしれない。でも、そうじゃない面白い学生もたくさんいる。むしろ色んなことに興味を持ち、好きなことと真剣に向き合っているからこそ、頭が柔らかく、キラキラ眩しい。きっと、息子達はそれを肌で感じてくれたことでしょう。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0