fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

奥歯に衣着せられぬ 

歳をとると、奥歯に衣着せた曖昧な物言いを、できるようになるのか、できないままか。人として成熟するのか、より我儘になるのか。人生の先輩達を見ているとそのどちらもあるので、じゃあ僕はいったいどちらだと思っていたら、どうやら僕は、できる大人にはなれないようで。


左下の奥歯2本を失いました。その奥の親不知はとっくに抜いていたので、つまり本来ある姿からマイナス3本、奥歯と呼べるものが1本しかなくなってしまいました。原因は歯周病です。2年前の夏、フラップ手術という恐ろしい経験もし、無事乗り越えたはずだったのですが、今年に入ってからその手術をした箇所が再び腫れ出し、歯がグラグラと揺れるようにまでなってしまいました。定期的に診て頂いているかかりつけの歯医者さんの、残念ながらこの歯を残す方法はもうなく、むしろ早く抜かないと次の選択肢も徐々に狭まっていく、という説明に納得、まずは8月に、奥から2番目の一番歯周ポケットに問題がある歯を抜きました。2年前の手術前後の通院の努力や痛み、そして治療費を思うとやりきれませんでしたが、致し方ない。抜いた歯は10代の頃に虫歯となり金の被せ物で覆われていました。これが売れるとわかり、今は金の価格が高騰しているから是非治療費の足しに、と鼻息荒く買取業者に持ち込んだものの、500円にしかならず。


抜いたところはインプラント治療をすることに決めました。ブリッジや入れ歯にする手もあり、それだと保険適用なので安く上がる反面、前後の歯も一部削らねばならず、噛む力も弱くなり、さらには定期的な更新が必要、というデメリットから、インプラントがベターとの見解。1本40万円くらいかかるようですが、僕は50歳、口内環境を騙し騙しやり過ごそうとするにはまだ若い。


1ヶ月ほど歯肉が盛り上がってくるのを待って、土台の骨の状態を精査することに。が、今度は奥にぽつんと残された歯が大きくぐらつくように。手前にあった歯とお互い支えあっていたのがそれがなくなってしまい、かつ噛む時に前方へ向けて力が加わるために、根元が揺らぐようでした。丁寧にケアし、気にしていましたが、日毎に揺れ幅が大きく、痛みも増すようになり、耐えきれずに相談したところこちらも抜くことに。麻酔が効いていたのはもちろんありますが、あっけないほど簡単に抜け、どれだけ根がダメになっていたのかと自分でも呆れてしまうほど。縫うこともなく。ただこれでインプラント治療は最低80万円...。


そうして今僕の左下奥は何もない状態に。まるで住人のいなくなった空き物件。早くここにインプラントを迎え入れ、生き生きとした環境にしたい。お金はかかるけれど残りの人生への投資だ、と意気込んでいたのですが、昨日、その説明を受けに行った歯医者さんでCT画像を見せられながら通告されたのは、「土台の骨がもうほぼない状態で、インプラント治療は不可能です」。ショック。


部分入れ歯を作ることになりました。この歳で、一部とはいえ入れ歯になるとは情けない。コンタクトレンズに続き、着脱と消毒、そして更新する手間も面倒だなぁ。


IMG_6190.jpegと、ぼやいていても仕方ないので、もはや僕の左下奥はそういうものだと割り切って、やっぱりこれからも言いたいことをスッキリ伝えられる人ではいよう、衣着せる場所ないんだから、なんて思うことに。...いや、まだ3ヶ所ある。せめてもの負け惜しみ。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

されど三段? 

IMG_5875.jpegカンタに先を越されること5ケ月、2回目の挑戦で剣道三段に合格しました。


高校時代に担任の剣道の先生の影響でとっていた1級をひっさげ、カンタと共に始めたのが2012年。初段合格は翌年。が、二段合格はようやく2年前のこと。色々あって10年かかってしまいました。三段は二段をとってから2年鍛錬を積まねばならないのですが、コロナによる審査会の遅れという事情から遡った日付での合格となったため、今年の3月にはもう受審資格があり、カンタと共に参加。が、なんと僕だけ落ちるという屈辱。高校生、それもカンタのライバル校のエースとの立合いとなったのが痛かった。自分の剣道はできたつもりでしたが...。そうそう、春の審査会は主催が隣の市なのですかなぜか基準が厳しい模様。男子は半分近く落とされていました。


不合格は残念でしたが、またチャレンジしたらいい、のんびりいこうと思う僕に対し、剣友会の先生方は厳しく。自分の最大の課題は足だと認識しているのですが、そちらに意識を集中してやっていると、力が入っていて硬い、右が突っ張っている、もっと肘から柔らかく、と腕の使い方を注意されます。で、そちらを考えると、今度は攻めが単調になってしまい、指摘が。それでもなんとか打ったと思ったら、今度は抜けきることが疎かになり...。そうこうするうちに左足踵は外へ向き、足幅は広がり、重心がバラバラに。そうして最大の課題が少しも良くならないまま稽古後にいただくお言葉は、「今のままでは受からない」と。そうだろうけれどさ...。


教えをありがたく受けねばならない立場なのは充分理解しつつ、僕は若い時からされている先生方のようにはどうやっても動けません。それでもやるのは、そもそも理屈が面白く、それを理解した上で体現できるようになるのが楽しいからで、歩みは遅くたって構わないとさえ思っているので、困ったなぁとか嫌だなぁと思う時も多々あります。だいたい先生方は、意地でも打たせないか、わかりやすく打たせるか、のどちらかだし。


そんな折、週に1度、カンタの母校の中学校で夜にやっている自主練習の場、ここがとても有効でした。中学生相手だと、誰もあれやこれや言わないので自分で試して確認して、という作業ができるし、立合いをしても1人の強い子以外はなんとか封じ込めるし、おまけに子供達は懐いてくれて、僕にしっかりしなきゃと思わせてくれるし。とても効果的に感じ、以前はたまにの参加だったのが、4月からはほぼ毎回になりました。自分なりに成長を実感できることがあるのもありがたく。


三段審査会は日曜日の午後から。会場でアップはできないとのことだったので、その午前中、高校の部活にお邪魔し、稽古に加えていただきました。同じく段審査に臨むカンタの後輩達だけでなく、この2年半とてもお世話になった先生に緊張しながら初めて対峙。圧倒されて厳しいコメントを頂戴するのかと思いきや、僕の今もっている力をフルに引き出してくれるように絶妙な力の抜き具合でお相手して下さり、気持ちよく打ち込めました。さらに、「基本的なことはできているし気勢も充分、あとは、残心だけ。充実した気合いを打った後まで見せる、そこだけを大事にして下さい、そうしたら大丈夫だから」と言われてものすごく気が楽に。相手の受け入れられる範囲を意識し身の丈にあったアドヴァイスをし、さらにモチベーションをあげて下さる、流石に高校生の指導に定評がある先生は違う。おかげでほとんど緊張もせずに審査に臨めました。対峙したお相手がお二人とも大人で丁寧な剣道をされる方だったのにも恵まれ、終わった時に、うまくできたのではないかなと思いました。面と小手しか打たなかったけれど。


IMG_5901.jpeg高校まで頑張ったらとれる段なのでどうってことないのですが、目標を持って取り組んで得た、という経験は気持ち良かったです。そして、シャンパンや剣道用ネームタグと、驚きのプレゼントと共に祝福して下さる方々もいてくれて。たかが三段なのに!








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

ターニングポイント 

中学、高校と父子で燃えてきたカンタの剣道部生活は、先月末、インターハイ県予選会団体戦の初戦敗退で幕を下ろしました。


IMG_5137.jpeg関東大会千葉県予選会でベスト32、そこで得た優先出場権で挑んだ総体。個人戦にカンタ含め2人出場と、顧問の先生のご経験の中でも屈指のチームに成長したので、学校の歴史を塗り替える躍進を夢見たのですが...。この2年に何度か練習試合をさせてもらい、散々打ち負かされてきた強豪校に2回戦でぶつかることに鼻息荒くいたのですが、その前にやられてしまいました。初戦の相手は、自分達と同じ県立校なのに、昨年度はベスト8入りという輝かしい戦績ではあるものの、今年は2年生主体のチーム、また個人戦で県大会に出てきた選手はいなかったため、マークする選手等研究しようもなく、まぁなんとかするだろうと思っていましたが、強かった。


IMG_5124.jpegこちらは、高校で剣道を始めたのにレギュラー入りした守りに強い次鋒と、ポイントゲッターの2年生の副将を入れ替えた、これまでと違うオーダー。前半でリードする目論見だったようです。が、1本も取れず、0-0でカンタに。力差はあり、危うい場面はなく、どこかで旗を上げそうだったのですが、決めきれず。カンタは、今日の次鋒ならとってきてくれるという気持ちがどこかにあってタイスコアで焦ったのか、はたまたいつもの次鋒なら剣道部に自分が引き摺り込んだ責任から勝っても負けても気合が入るのに、そのスイッチがなかったことがマイナスに働いたのか、動きにどこか冴えがなかった感じでした。そして引き分けのまま繋いだ副将は大奮闘するも1本取られてしまい、取り返そうとした大将が返り討ちに。初戦で負けてしまうとは、しかも誰も旗を上げられないままとは。


ただ、僕の中では試合はもうおまけ、そんな気持ちでしたので、あまり悔しくもなければ涙もなく。彼らがこの2年半積み上げてきた努力、困難に向き合って乗り越えてきた過程、それらが彼らの結果であって、僕はそれを傍で十二分に見せてもらったので、すでに満足でした。試合後、保護者達の前でキャプテンのカンタが涙ながらに感謝の言葉を述べている時には、ちょっとウルッときましたが。


カンタはそれ以降、部活はきっぱりやめ、毎日夜遅くまで予備校に篭って受験勉強に励んでいます。去年参加した玉竜旗も全く行く気はなかったらしく、話に上がりませんでした。僕はサポート役として博多に遊びに行く気満々だったのですが。また、千葉県の市町村対抗の剣道大会に出る成田市の代表チームにどうか、というお誘いもいただきました。成田の看板を背負って戦いたい、というのは小学生の頃から夢のまた夢だったのでとても光栄で嬉しく拝命すれば良いのにと思ったのですが、本人は大学受験があるので来年またお声がけいただけたら、とお断り。剣道で培った、目標に向かってまっすぐ取り組む姿勢、今のところ受験にもきちんと活かされているようで、僕が口を挟む必要も全くなさそうです。


IMG_5383 (1)一方の僕。半年以上前から、カンタの剣道が終わったら喪失感に悩まされるのかなぁ、老後の始まりだよなぁ、なんてイメージしては、自分がどうなるかちょっと心配もしていたのですが、案外平気で、むしろ、ホッとした思いが強いです。長男ショーゴが、希望していた就職先から内定をいただいたこともあって、肩の荷が降りた解放感でいっぱい。なので、この先の自分のこともポジティブに考えることができています。50歳、子育て終了、母は亡く、家のローンもなし。来春にはショーゴは家を出て行く、カンタは大学生でもうお金を出してやるだけ。人生の節目。


IMG_5250 (1)今まで子供達のため、会社のために割いてきた自分の時間、もっと自分のために使ってもバチは当たらないんじゃないかなぁ、もっと自由に好きなことをしようかなぁ、そんな準備をし始めました。今まで、その折々に考えてきたことを記してきたこのブログは、この転機に自分の歩みや立ち位置を確認するのに、とても役に立っています。なので最近始まった新しいことも、いずれこちらで。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

県大会、天晴れ 

15日千葉県民の日に、IMG_5002.jpeg各地区から5人ずつの選ばれし精鋭64名で争われた剣道インターハイ県予選会、個人戦。カンタの、初めてにして最後の個人での晴れ舞台は、1回戦敗退で終わりました。が、実力を全て、あるいはそれ以上に発揮し、惚れ惚れする天晴れな試合を繰り広げました。


IMG_5003.jpeg相手選手は、団体戦で昨秋の新人戦千葉県優勝、先日の関東大会では県予選を勝ち抜いた後、大会そのものまで制してしまった関東最強といっていい東海大浦安高、その中心選手。大会という大会で勝ち上がるため、YouTubeに色々と動画が上がっているのが見れましたが、正直溜息が出るほど強い...。向こうはお前を知らないし意識すらしていない、ただ負けられないプレッシャーはあろう、対してお前は向こうを徹底研究できる、負けて元々だ、チャンスがあるとすればそこだ、とは言ってみたものの、本音では、つけ入る隙はないなぁと。顧問の先生含め幹太を応援する方々から、応じ技が得意な選手、中心を外さず先をとる、裏にはまわらない、根拠なく前に出ないし打たない、間合いを保ちながら焦らして雑に入ってくるのを待つ、なんてありがたいアドヴァイスもいただきましたが、本人は聞いているのか聞いてないのかあまり反応がなく。ただ前夜、リクエストの鶏の唐揚げをほうばりながら、高校剣道は事前に組み立てられるほど甘くはないんだよ、と呟いたのだけは聞こえました。


IMG_5036_202306211543551c6.jpeg個人戦にもかかわらず、チームメイト達に加え男子レギュラーの保護者全員が応援に来て下さいました。一緒に県大会に来たチーム内ライバルは、一足先に隣の試合場で1回戦を見事勝利。僕はそれを喜ぶと同時に、あまり無様な負け方しないといいなぁという心配の方が高揚感よりも強くなり、試合を迎えました。



はじめ、の声と同時に果敢に攻めるカンタ。



初太刀の面はいきなり惜しかった。でもこれは地に足がつかず出小手でやられるパターンか、とさらに弱気の虫が頭をよぎる父。ただ動きに硬さは見られません。いかにも東海大浦安という「正剣」の相手に対し、負けず劣らずの美しく、かつ気合い充分な姿勢はいつもより大きく映りました。一瞬、どちらがどちらかわからなくなる時があるほど。しかも、一足一刀の間合いの攻防を丁寧に行い、そこから攻めた、と思うとそれは大概カンタ。さらには相手の得意な応じ技もことごとく潰していく堂々たる戦いぶり。



案外いけるかも、と思い始めた2分過ぎ、引き面を見せてからの面がいい感じだったのを見て、ひょっとしたら、と色めきました。そして2分50秒、会心の小手。打ち終わりの姿勢が少し崩れたのと、相手選手に、カンタ曰く「打たれても打たれていないように見せる技術」があり、旗こそ上がりませんでしたが、向こうの手元は完全に上がっていて、これは本当に惜しかった。その後も果敢に攻め続け、本戦が終了。4分もつとは思わなかった。



延長に入ってからの初太刀の面はまたもや相手の頭を捉え、完全に試合を支配している感じでした。そして1分、強烈な相面!やった、とった!と思ったら、3本の旗は相手の赤に。後に確認したら、体勢はカンタも、相手の小さく、でも強い出頭面が先。もしも左足を継がずに右足の踏み込みのみで打てていたら勝っていた、惜しかった、とは、動画を見て下さった高段者のお言葉で、でも非常に強かった、勝っても不思議ではなかった、褒めてあげて、とも。見る人が見ても紙一重の敗戦だったようです。



予想を遥かに上回る試合内容に、僕は、悔しい以上に満足感がありました。カンタも、試合後いつもなら僕が近づくのを避けるそぶりをするのに、今回は試合場から出てくるのを待ち受けていた僕に近づいてきて「やられちゃった」と。よくやった、見事だと抱擁した僕に対し、カンタは、対峙してみて流石トップ選手と感じた、外から見ているよりも力の差がある、感動するくらいの綺麗さ、強さだった、と悔しがりながらも清々しい感想でした。


その後現れた顧問の先生は本人よりも僕よりも興奮状態。俺は勝つと思っていた、いい勝負し出してこれはいったと思った、学校名があれば旗が上がったかも、悔しい、と。そして、相手高の先生が「途中でやられたと思った、実に素晴らしい剣道をする子だ」とお褒めの言葉を下さったとも教えてくれました。


その後、その相手選手が2回戦以降勝ち上がっていくのを密かに応援。4分かけずに倒していくおかげで、ますますカンタの一戦が輝くような。このまま優勝して欲しいし、するのだろうと思っていましたが、準々決勝で同門対決、しかも団体戦のメンバー外の選手に敗れ、第5位でした。彼ら含めベスト8に4人。いやぁ。恐ろしい学校だ。


IMG_5019.jpeg最後の最後に県大会に連れてきてくれ、この好勝負を見せてくれ、父は幸せ。負けたので100点は上げられないけれど、99点をあげたい試合。いや100点でも、120点でも良いかな?








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

Tag: 剣道 
tb 0 : cm 0   

やっぱり君は強かった 

先週末は、インターハイ千葉県予選の地区ブロック大会個人戦でした。中学以来、強い強いと言われながらも、県大会には縁のないカンタ。先月の最後の関東大会予選の個人戦でも、2回戦敗退。理想が高いのは良いけれど、勝負に徹した剣道ができていない、それはやはり勝ち上がる経験に乏しいからでは、とみてました。ただし手にした対戦表からは、いつもの強者ひしめくブロックではなく、割といい感じ。特に4回戦で対決するであろうシード選手は、中学時代に負けたことがなくたぶん相手はカンタを苦手にしている、そういう選手。彼との対決で弾みをつけられたらと思い描く一方、初戦の相手は2年生とはいえ先月はベスト8、またあっさり負けてしまうのかも、などと期待と不安を抱いての観戦でした。


フレーム-31-05-2023-09-08-17その初戦の2回戦。やはりいつもの通り、硬い。振りかぶりながらスルスル前に出てくるライバル校特有の特徴に惑わされて居着いてしまわないように、と願いながら見ていましたが、開始2分で面で先制後は少し落ち着いたようで、無理をすることなく一本勝ち。


次の3回戦の相手も2年生で、2回戦を見た限りでは心配なく。前半に、中学時代に得意にしていたもののコロナ禍のルールで使えなかった引き面を決めたので、これで安心と思っていたら、後半、練習中の技が決まらなかった残心で面にのられ、勝負に。保護者の皆様から心配する声が上がりましたが、相手が一か八かの博打をしてきてそれがはまらない限りはまず大丈夫だろうとみていました。そして実際、その直後、得意の飛び込み面が炸裂して勝利し、4回戦進出を決めて午前中終了。IMG_4769.jpegチームメイトも奮戦し、カンタ含めレギュラーの3名にさらに1年生1名の計4人がベスト16入りしての昼休憩。休憩中のアップは誰もいないか、いても1人、そしてその相手をカンタが務めるのが今まででしたが、今日は4人でできる幸せな光景。


そして後半戦。ベスト8がけの試合のトップバッターだったカンタ。本当はここでシード選手を倒すつもりが、彼は3回戦で敗れていたのはちょっと残念。その勝者のまたもや2年生が相手。朝の硬さはどこへやら、来年は上位候補間違いない彼を1分かからず、面と出小手で粉砕。僕がピリピリする間もなくベスト8進出を決めました。フレーム-31-05-2023-09-36-14また、カンタとずっと鎬を削ってきたチームの大将は、優勝候補の第2シードを倒し、場内を沸かせ、同じくベスト8に。前回初戦敗退で突っ伏していた悔しさをバネにした好結果。一方、先月は4位に大躍進し今回はシードだったかわいい後輩は敗れてしまい、また、1年生の旋風もここまででしたが、今の顧問の先生の下でインターハイ予選では初となる表彰台を2人で果たし、まずは最低限の目標クリア。


県大会出場をかけた大事な準々決勝。相手は初対決ながら中学時代から名前は知っている選手。実はここでも想定は異なり、先月二本負けを喫した選手が来ると思い、難関だな、と身構えていました。ところが4回戦で彼を倒してくれたのはありがたかった。というのも、きちんと中心どりをしてくる学校の選手なのでカンタとしてはやりやすい。そんな風にポジティブに思いながらも、でも、というネガティブな気持ちも持ちながらと、とてもドキドキしての観戦。なので開始45秒、鮮やかな相面で旗が上がった時は、相手と勘違いしたくらい。その後は完全にカンタペースで、徐々に僕もこれはいけるぞと不安が和らいできた矢先、鮮やかな逆胴で2本目を奪取。実力伯仲の中、まさかの大技で決め、チームメイト、保護者の皆さん、そして応援して下さってきた他校の方々からもやった、おめでとう、と大きな拍手。僕は、ちょっと衝動的に泣いてしまった。悲願の県大会を、最後の最後に決めてくれるとは。





準決勝はなんと同門対決。中学時代まではカンタにとって高い高い壁で、通算0勝10敗の「絶対王者」とここで対戦するのは、幸せの一言。うちの学校は部内対決をしないので雌雄を決するのは高校では初めて。大会で勝ち上がってきた経験数は彼が圧倒的、しかも今日はノっている。一方、カンタは彼を抜いた、という評もあります。フレーム-03-06-2023-08-10-16間違いないのはここまで切磋琢磨してきたからこその夢の対決で、僕はもうどちらが勝っても良く、全く緊張せず、拍手しっぱなしの試合でした。結果は延長で、カンタが面を取られて天を見上げる。やっぱり彼は強かった、でもカンタもとても強かった!


3位決定戦ではカンタは疲れからかあるいは気持ちが切れたのかやや雑になり、延長で、負けパターンの出小手を取られての敗退、結局4位の結果となりました。IMG_4822.jpegまた決勝は、大将がいつも決勝に来るライバル校の選手に挑むも、敗れ、準優勝。カンタは彼に負けたことがなく得意にしているのでやりたかった、オレが決勝行っていたら負けていない、と悔しがってましたが、大将は彼が苦手で、中学以来ついに勝てず。強い3人にジャンケンのようなはっきりとした相関関係があるのが面白い。右写真は、ちょっと前に負けたライバルに、決勝戦の相手の攻略法を伝える介添人のカンタ。


チームメイトに負けての4位での県大会進出に本人は満足していないようでしたが、僕としてはラストチャンスで花開いたのが見られ幸せです。悲願叶った県大会、せっかくなら上を目指して、でも楽しんできて欲しい。仲間や後輩達からの、大将との優劣の評価をひっくり返すには、彼より先に負けないことだね。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0