09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

香港人の好きな色 〜その2 パープル〜 

前回の、香港の色についての考察の続き。


強いコントラストの鮮やかな配色が好きな香港の人達が、最も好んで使う色は、紫系です。それも、日本で古来高貴な色として使われる深紫ではなくもっと鮮やかな明るい系統、いわゆるパープルが一番。そして、それに近いピンクや、明るい青、赤も目につきます。


KIMG1494.jpgKIMG0328.jpgまずは身に纏っている色が違います。特に女性の着ている衣服にはこれでもかと紫が目立ち、そこにピンクや黄緑を重ねていたりします。服だけでなく鞄も。日本で鞄屋といえば、黒、茶中心で、グレーや緑、赤ワイン色が続くような感じですが、香港の店頭を見て下さい。ここでも目をひくパープル系。


KIMG0271.jpg身につけるものだけでなく、空間にも紫系を使います。前回ご紹介した香港航空のキャビンの色はまさにその一つ。赤を強めにしているのは、恐らく機内は冷えやすいので暖色系寄りにしたためではないかと思いますが、紫と赤の中間の色合いです。驚くべきはマッサージチェアの販売店で、なんと紫と青がありました。日本では絶対にない色遣いではないでしょうか?濃紺ならわかりますが、もっと明るく派手な色あいです。ちなみに僕は紺の服が好きですが、香港の仕事仲間に、僕の紺のセーターの感想を求めたら、死んでいるみたい、と言われました。


KIMG0279.jpgこれらの好みは、どうやら子供の頃から好んで与えられているためらしいことが、おもちゃ屋を覗いてみるとわかります。パープル、ピンク、そしてそれに近い水色が目立ちませんか?色遣いが偏っている分、もっと雑多な色あいの日本のおもちゃ屋に比べて、どこかまとまった印象さえあります。


KIMG0016.jpgまた、日本では食べ物屋さんは、普通目につくところに青系は配しません。食欲を減退させる色だからです。バックにさりげなく濃紺を使っていたり、食器の縁どりに紺のラインがはいっていたりはしますが、いずれも、それにより、食べるものを映えるようにしたいための色遣い。ところが香港では、紫も青も主役になりえます。KIMG0723.jpgマクドナルドの店頭で見かけたポスター、これには強い違和感をもたないでしょうか?また、食材そのものに青を使っても不気味には思われず、むしろ好意的に受け取ってもらえるということも。右の写真は人気の高級ハンバーガー屋の看板商品。このティファニーブルーのハンバーガー、僕は食べたいとは思わないんだけどなぁ。


KIMG0478.jpgどれだけパープルがキーカラーたりえるのかに気がついたのは、たまたま通りかかった結婚式場に出くわした時です。赤いマットにはしっくりきますが、それに紫の絨毯を合わせるというセンスは、僕達にはない。IMG_1868.jpgDSC_1220.jpgしかも花にはピンク、台には藤色が使われているのにも注目です。おめでたい席にはこれでもかと赤と紫を使うようです。なのでクリスマス商戦でもご覧の通り。日本であれば、赤、白、緑ですが、香港では、赤、白、紫という配色が目につきます。


IMG_3237.jpg極めつけはこちらの着ぐるみでしょう。紫のクマのキャラクターは、日本ではありえない、絶対にない。しかも着ている服は補色となる真っ黄色。これだけみても、僕の主張は間違ってないと思っていただけるのではないかと思います。当然僕ら香港で仕事をする人は、ここをコントロールすべきなわけで、僕は最近、紫系統をいかに見せて誘い込むかをいつも意識しています。


香港に限らず異文化に触れる際には、こんな風に、色にも着目してみると、面白い発見があるかもしれません。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


スポンサーサイト

Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

香港人の好きな色 〜その1 コントラスト〜 

香港の街はとても煌びやかに見えます。IMG_3934.jpgいったい何がそう感じさせるのか、太陽が真上から降り注ぐから?高層ビルに空や海が反射しているから?夜には横方向だけでなく縦方向への明かりも多いから?それらも要因ではあるのですが、屋内に入っても鮮やかに感じるのです。いったいなぜなのか、ずっと考え続けて、一番大きいのは色の好みと思うようになりました。


具体的には、香港人は、強いコントラストを使ったビビッドな配色を好むようです。そして、明るい紫色や輝く青が大好きこの2点が僕らと感性の違うところ、というのが結論です。


今日は、色の強いコントラストの例を見ていきましょう。


IMG_5086.jpgIMG_4969.jpgまずは、新興の航空会社、香港航空のカラーリング。赤と黄色の組み合わせは、日本ではほとんど見られないものですが、どちらも中華圏では古くから大切にされている色で、言うなれば最強の組み合わせ。中国人という扱いには激しい拒否反応が出る今の香港の人達ですが、こんなところには昔の名残が見られます。で、機内に入ると、壁から床、椅子に至るまでとことん赤紫で、天井や一部の壁の白地とで強弱がついています。ちなみに、CAさんの制服も紫に赤という眩しいもの。いずれも日本人の目には少しきつく感じないでしょうか。


KIMG0499.jpg次に空港から市街地にむかうシティバス。黄色に赤、青とこれでもかと原色を重ねています。通行人からの視認性を高める意味では最高かもしれませんが、日本では考えられないカラーリングでしょう。実際、僕が子供の頃、都バスが黄色地に赤のラインをまとわせた派手な外装(青は入っていませんが)にしたものの大不評で、3か月でアイボリー地に赤、さらに後には赤から黄緑に塗り替えられました。


DSC_1107.jpg他にも、アジア最大のドラッグストアチェーン「Watsons」。その店名サインは、輝く青緑に赤。加えて店内も統一感のない派手な色遣いで、香港の街中でよく目に飛び込んできます。日本でそれまでの薬局イメージを覆し、ひたすら目立つことで知名度を上げていった「マツモトキヨシ」は、このチェーンを参考にしたはずです。


香港では中国本土と違い、中間色も好まれます。ただし、そのどれもが淡くなく、強い。しかも、こちらも補色関係にある色を合わせることで、さらにビビッドに見せたがるようです。KIMG0273.jpg日本の、上品さあるいは地味さを表現するための中間色とは違うのだと思います。例えば、右の写真。日本でなら、白を使っていたり、オレンジを使っていたりというのが頭に浮かびますが、どれもモノトーンですよね。対して香港の携帯電話会社の店頭は、右の通り、光る水色に、ピンクや黄緑が入り乱れます。どれも原色ではないですが、とり合わせることで激しい色映えに。


その中核を担っているキーカラーが、明るい紫なのですが、それは次回に。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

干しちゃえ! 

あけましておめでとうございます。今年も月に2回程度の細々とした更新になりますが、当ブログを是非ご贔屓に、よろしくお願いします。


今年は正月から香港出張でした。そこで大好きな香港料理にまつわる話を。IMG_5001.jpg香港料理は異文化と交わることで磨かれてきた、見た目も味ももっとも洗練された中華ですが、根本は広東料理、つまり広州の料理と同じ。医食同源の考えに基づき、滋養によい素材を煮出したスープを最初にいただくところに最大の特徴があります。その核となるのが乾物類。香港島の西側、上環から少し歩くと、驚くほど沢山の干した食材が売られている街があります。


IMG_2223_20170111200407850.jpg日本で干した食材といったら、昆布、鰹、鰯、椎茸といった旨味の素か、おつまみやお茶うけになるナッツやフルーツを思い浮かべるかと思います。香港にももちろんどちらもありますが、とりわけ前者の出汁になる素材がいっぱい、店頭はちょっと息を止めたいくらいに匂うほど。写真はクリックすると大きくなるので、是非拡大してご覧下さい。


CBD49401-15BD-41DD-ACF2-0B4488570C77.jpgまずは茸類。椎茸は日本のものと変わりありません。それもそのはず、日本の種菌が持ち出されて栽培されているのだそうですから。また、キクラゲ(写真左下)、フクロタケ、キヌガサタケといった中華料理でお馴染みのもの以外に、ショウロも並んでいました(写真の椎茸の左側)。干して旨いのかは知りませんが。凄いのはマンネンタケ(写真右下)。霊芝(レイシ)と呼ばれる堅い茸で、漢方薬として使うのだと思います。そういえば冬虫夏草が見当たらなかったなあ。


43825A03-72BA-4B72-914D-BAEAD784219A.jpgBD6AE745-F475-48FC-85E5-CD9E5C0BA29C.jpg海産物はより種類豊富で、日本でも馴染みのあるシラス(左写真上中央)、烏賊(同写真左下)、海老(同写真右下)だけでなく、帆立の貝柱(右写真中央上)、鮑(同写真左下)に牡蠣(同写真右下)といった貝類も沢山。この、牡蠣の干物というのが素晴らしく、以前プレゼントにいただいたもので炊き込みご飯を作ったのですが、いやぁ、旨かった。店内に目を転じると、お馴染みの高級食材フカヒレやナマコが、容器に守られて陳列されています。すごい種類と量で、乾物屋の看板商品のようです。フカヒレはともかく、ナマコっていまいち中華圏以外には支持されてないし、そんなに美味しいとも思えないのですが...。


97FA770D-3409-4320-949B-F8E26C0069CD.jpgもあります。目を引いたのが日本産のキビナゴ(左写真上中央)。キビナゴは鹿児島で獲れる魚なので、交易上取り引きしやすかったのでしょう。日本みたいに鯵や鯖の開き干しはないものの、小型の鮃の干物は発見(同写真左下)。IMG_2217.jpgさらに、魚の骨(同写真右下)や皮だけも。レストランでは、揚げておつまみにしたり、煮込んで白湯スープにしたりというのをよく見かけます。そしてよくわからないのが右の写真、ヒトデ。何に、どうやって使うの?美味しいの?


E6F2A197-0326-4F75-BD36-12B6F900F94C.jpgナッツ類やフルーツはというと、クルミ(写真上中央)、カシューナッツ、そして杏仁豆腐に使うアーモンド(写真左下)、デーツことナツメヤシ(写真右下)はどこの店にもありますが、アプリコットやベリー類、レーズンは棚の端の方に追いやられ、故に、カラフルではなく地味な印象。洋梨やココナッツも見つけましたが、これらは干したらどんな味になるのでしょうか。かわったところではラカンカという果物。のどにいいということで、日本ではのど飴の添加物として使われているようです。漢方薬の材料はバクモンドウ(リュウノヒゲの根)なんかもありましたが、ナッツ類と並べられていたので、あるいは薬としてだけではなく食材としても使われるのかもしれません。


IMG_2219.jpgこんな具合に実にバラエティー豊富。流石「四つ足はテーブル以外、飛んでるものは飛行機以外、泳ぐものは潜水艦以外なんでも食べる」というだけのことはあると感嘆するのですが、それでもなお驚いたのは右の写真。うちの猫の未々乃介がたまに咥えてもってくるやつです。最初コウモリかと思ったら、ヤモリだそう。それをこの形に開き、オスメスのペアに重ね合わせて売られていました。いくらなんでもここまで干さなくたって...。いったいどうやって食べるんだろう?









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

香港の「の」 

10数年前、前職でその魅力に目覚めたものの、行く機会が年に1度あるかないかになっていた香港。再び縁あって今年、香港に2ヶ月に1度の割合で訪れるように。いつ行っても刺激的で、楽しく、香港担当は、本当に嬉しい。今日はその香港の話、香港の「の」の話。の?


中国大陸や台湾ほどではないものの、香港の街を歩いていると結構日本語を目にする機会があります。IMG_0538.jpg日本企業にとっても一大マーケットですし、日本への関心が強い方も多いので、当然といえば当然。例えば空港に降り立ってすぐ飛び込んでくる日本語が右のこのお店、「優の良品/AJI ICHIBAN」ではないかと。日本人には少し不自然に感じるこの店名は、狭い香港に100店以上あるというだけあって、至る所で目に入ります。香港企業のお店なのにあえて日本語を使ったのは、もちろんそれが香港人に魅力に映るからですが、その中でキーとなっているのは、間違いなくひらがなの「の」。


IMG_5032.jpg日本が好きな香港の友達によると、漢字の中に混ざり込む、日本独自のひらがながまずとても良く見えるのだとか。とりわけ漢字にはない丸みの部分が良いらしく、文字全体が丸い「の」が一番可愛く素敵なのだそう。となると、当然マーケットではその「の」を活用しているシーンが多く見られます。例えば左の写真。IMG_4153.jpg高級感漂わせたレストランの店頭ポスターは、ひたすら漢字が並ぶ中、たった1文字だけ入っているひらがなの「の」。これを入れたくてつけたタイトルという匂いがプンプン。こちらの「〜の選」という言い方は、僕達にはどこかおかしいもののとても便利らしく、日本の「元気寿司」もご覧の通り。言いたいことは伝わるけれど、高校生の英文和訳みたいなぎこちなさがあるのが面白い。


IMG_5033.jpgこちらは吉野家。やはり漢字を並べた中に少しだけ入れたひらがな、そしてマストアイテムの「の」。どこもおかしくない極めて真っ当な日本語になっているのは流石、グローバル企業吉野家。もっとも、「鯖の塩焼き」に「手作り鍋」、牛丼はどこへ行ったの?という話ではありますが。


IMG_0532.jpgIMG_0533_2016110321371139a.jpg日本の企業でさえ使ってしまうくらいですから、それ風に見せかけている香港企業となると使うのがもう必然で、カフェもラーメン屋もご覧の通り。どうやら4文字でタイトルをつけるのが最も注目されやすく、その内の1文字を「の」とするのが王道のようです。Homepage_News.jpg英語のofと同じ働きがあるというのは知っていて、それを念頭に言葉を作っているらしく、右のように言葉の前後を間違ってしまい(「季節限定の生姜シリーズ」ですよね、正しくは)、しかも「の」を目立たせたい余りに行替え箇所を間違えている、という例も。日本人いないんだろうなぁ、この会社。


IMG_4158.jpgそして、なんと世界のマクドナルドまでが、「の」に頼る。なお、「抹茶の旬」は一応秋とされていますが、この写真を撮ったのは真夏...。IMG_4175.jpgつまりは意味よりもまず「の」を入れることを考えた上でのコピーなのでしょう。それだけの威力を「の」は持っているとみていいようです。さらに下町の雑踏を歩いていたら右の看板も見つけました。足裏マッサージのお店のようですが、訳も分からず強調されている「の」。


DSCN4541.jpgIMG_0685.jpg香港までは成田から5時間ほど。航空チケットはANAで5万円程度で、LCCだと3万円台から入手できます。日本が寒くなるこれからがベストシーズン。皆さんも是非、愛される「の」を探しに香港へどうぞ。写真は空から写した香港中心部と、お薦めの和カフェ、「抹茶館」。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

本物はどっち? 

僕が仕事でしばしば行く中国、その「パクリ」文化。何かにヒントを得て、それを改良した形で発しているのならともかく、本家よりもずっと低い品質で上っ面だけ模倣しているのがほとんど。そして商標さえもコピーして誤解を拠り所として商売しているのがトラブルの元であり、同時に笑いの種であったりします。僕はというと、いけないものだとは認識しつつ、結構好きです。本物そっくりに巧妙に作られたものであればどうかと思いますが、ご丁寧に商標の一部分だけを変え、パロディーですよ、とわざわざ主張しているように見えたりすると、思わずクスッと笑ってしまいます。


その面白い具体例は他のサイトに譲るとして、偽物が本物を凌駕してしまった事象をひとつ。中国のどこの街でも見られるカフェに、「UBC上島珈琲店」というチェーンがあります。IMG_2035.jpg右の写真は北京の街角で写した1枚。ロゴをよく見てください、「UCC」ではなく「UBC」です。元はもちろん、「UCC上島珈琲店」なわけですが、中国全土に1000店とも3000店とも言われる程広がった超有名チェーンです。もっとも、「UBC」の中にも勝手に名乗る偽物が沢山あるために、店の総数がとても曖昧であるようなのですが。


IMG_1009.jpg店の中はたいてい、バーカウンターに大きなソファ、絨毯にシャンデリア、店員は白のシャツに黒いタブリエという出立ちで、昭和の喫茶店といったちょっと古臭い雰囲気。コーヒー1杯が25元以上(1元=約20円)する高級喫茶店なので、中国の一般庶民はそうそう立ち寄らないお店です。最近はスターバックス等に押されているためか、食事メニューを充実させ、レストラン仕様となっているところも多く、しかもなぜかそちらの方はコーヒーよりも安い価格設定のようですが、それでも若者で賑わっているよりは、ゴージャスな雰囲気のおばちゃんや、ちょっと強面のおじちゃんなんかが似合う重々しい風情です。こちらの写真は大連にて撮影。coffeeのスペルが間違ってますね。


IMG_2065.jpg街中の結構いい場所を抑えていることもあり、中国人でこれを「パクリ」だと思っている人はいないと思います。その証拠の1つが左の写真。北京五輪直前に完成した北京首都空港の国際線で使う第3ターミナルにも、堂々と出店されています。流石に中国のどこの空港の国際線ターミナルでも、偽キャラクターグッズや偽ブランド品が売られているのは目にしたことがないので、「UBC上島珈琲店」は中国の公的機関にとっても「本物」ということなのでしょう。そもそも、「UCC」は中国本土進出に失敗したのか、かつてはあったのに今は1店もないようですし。ここまでくると、仮に本家側が文句を言っても相手にされないのではないかと思います。下手すると「UCC」こそまがい物だと言われかねません。せいぜい、「UBC」の「B」って何?と毒づくぐらいが精一杯じゃないかなぁ。


気になるお味はというと、中国では砂糖をあらかじめ入れている甘いコーヒーが普通なので、僕の好みではありません。品質の良し悪しは是非、皆さんが中国に行かれた時に試して判断してみて下さい。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




Category: 西方見聞録

Thread: 海外旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0