09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2017 今治の夏 〜食う寝る遊ぶ〜 

今年も今治での夏休みはあっという間に過ぎ去りました。何度繰り返しても呼び覚まされる高揚感、そして何度繰り返しても襲われる虚脱感。来年の夏まで、あと何週、あと何日?全くもって成長がないなぁ。


まろさんとの釣りの後も、根魚狙いの釣りはタケノコメバルが少し釣れるだけで他は全くダメ。一番大きな獲物は、針を外した直後ジャンプして海へと帰っていってしまったし。IMG_4437.jpgわざわざロッドを伸ばしての釣りよりも、泳ぎながらのキス釣りの方が釣果がよかったくらい。そうそう、もうこれで納竿という最後の最後で、僕はカラコギ(ハオコゼ)に左手中指を刺されました。サンダルで踏みつけながら針を外そうとしたのが失敗、噂には聞いていたけれど、大変な激痛。直ちに患部下を圧迫し血と共に毒を流しだし、海の家にお願いしていただいた湯に浸した結果、30分もすると痛みも痺れも消えました。後遺症も全くなし。海の生物の毒はたんぱく質のことが多く、60℃くらいの湯で分解できる、と知っておいてよかった。でも、何とも残念な終わり方。


IMG_4453.jpg虫採りも、夜、伯方島へ行ってみましたが、予想だにしなかった空振り。1回台風が来たくらいでは林は潤わなかったようですが、ここまでいないとはと驚く程。2歳の甥っ子に見せてあげたいカブトムシの♂さえ確保できず。ようやく見つけたのは帰る前日になってでした。


あとはテニス。僕の家族は僕以外、昔からテニスを趣味としていますが、高校生となってソフトテニスから硬式テニスに鞍替えしたショーゴの腕前が凄かった。IMG_4477.jpg流石に部活に燃え、活躍もしているだけあって、テニス歴30年以上の僕の妹を凌駕していました。試しに僕もラケットを握り、彼の得意なサーブを受けてみたのですが、正面に打ち込まれた球をラケットに当てるどころか避けることさえできず。いやぁ、高校生ともなるととんでもないパワーがあるものだ。まぁそれもそうか、テニスと海に行っている時以外は、食べて寝てるだけですからね。


IMG_4470.jpgIMG_4464.jpgその食事はいつもの年と同じく、とても充実で幸せ。旬の鱧、穴子、シマアジ、アコウ(キジハタ)、鱸、蛸、岩牡蠣...今治の海の幸がこぼれるお料理は、1年で一番のご馳走ですが、今年も本当に美味しかった。お吸い物は、甥っ子に飲ませてみたら、がぶ飲みしていました。これで彼も魚の味がわかる子になるかな?湯ノ浦ハイツ矢野料理長、どうもありがとうございました、ご馳走様でした。


IMG_4482.jpgショーゴもカンタも僕も、とことん遊び、とことん食べ、とことん眠りました。夏休み、限界まで満喫しました。ところで、関東に帰ってきたら連日、低温で雨模様。まるで梅雨時。夏休みどころか、夏まで終わってしまうには、いくらなんでもちょっと早すぎない?










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!










スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

2017 今治の夏 〜しまなみ海道の感興ホゴ〜 

台風が過ぎ去った翌8日は、一般社団法人をかしやのインタープリターまろさんに講師をお願いして、1日中思いっきり釣りをしました。この釣り講座は4年ぶり。前回は、6年生だったショーゴが自然案内のプロのまろさんのレクチャーを受けながらウマヅラハギを釣ったのが強烈な思い出で、今でもしばしば家族の話題に上るほど。IMG_4239 (1)一方2年生だったカンタはまろさんに直接習った記憶が薄いとかで、これは彼にも同じ思いを味わわせてあげねば、と計画しました。ただしカンタは、当時のショーゴよりは釣り慣れしているので、サビキ釣りではなく、僕らのよくする根魚釣りでお願いしました。ターゲットはやはり僕の一番好きなホゴ(カサゴ)。釣れるのはわかっているので、我が家の最大記録となる20cm台後半がゲットできるかが勝負。そしてあわよくば今治最高級魚アコウ(キジハタ)も。


IMG_4241.jpg場所は、前回同様大島に行くのかと思っていたら、しまなみ海道での経験を重ねたまろさんは「さらにいい場所」として、今治のすぐ沖にある周囲3kmの小さな島、小島(おしま)へ誘ってくれました。来島海峡の潮が時間によっては正面からぶつかってくるため、色んなドラマが起こりうる場所なのだそうで、実際、ガイドをしたお客さんに大物がかかり、竿ごと持って行かれてしまったこともあるとか。小島は今治からよく眺める島ですが、上陸するのは初めて。今から30年以上前の僕が小学生の頃、馬島へ遊びに行きましたが、その際、船が立ち寄ったことがあるだけです。その同じルート同じ船で向かいます。


IMG_4261 (1)タンカーが並ぶ雰囲気がなんとなく記憶にある波止浜港から、来島を経由してものの10分で小島到着。真夏の日中、それも台風が過ぎて底荒れしているであろうという悪条件。一方で大潮の下げ潮で、船着き場の周りには、透明の海の中をものすごい数の魚が泳いでいて、期待に胸が高鳴ります。潮はなるほど、防波堤の目の前でも激しい勢いで動いており、目の前で渦を巻くほど。その流れに5号の重りをつけた胴つき仕掛けを落とすと、あっという間に流されていきます。魚達もそんな激流はできるだけ避けようとしているそうで、うまく流れをかわして針を落とせば、直ちに魚が突つく突つく。


IMG_4258 (2)最初に釣り上げたのは念願のホゴ、と思いきや、上顎が下顎より前に出ているのでムラソイのよう。でもムラソイって僕らがよく釣りをする鹿嶋では最も多い根魚だけれど、どちらかというと寒い地域の魚のはず。顔も目が窪んでおらず美形で、ムラソイなら目から放射状にうっすら広がる縞の模様がない。おかしいなぁ(後に、どうやらタケノコメバルではないかと判明)。それから、ギザミ(ベラ)イソベラ(アカササノハベラ)、赤黒のメバルIMG_4264 (1)小さいけれどアイナメ、紛らわしいクジメ、と次から次へとロックフィッシュがかかりますが、最も身近なはずのホゴがなぜか釣れない。夜行性のメバルも、旬を外したアイナメも釣れていて、どうしてホゴが釣れないのだ?


昼を過ぎ、干潮が近づくに連れて竿が全く揺れなくなりました。ショーゴとカンタは、そもそも当たりがあった時の合わせがうまくいかなかったために、あまり釣れず、釣果はほとんど僕によるもの。特にカンタが釣れなかったのが残念。最後は釣竿を置いての磯遊びに夢中になりました。ただ、まろさんに糸の結び方、根掛かりした時の外し方をはじめ、海を眺めながら色んなことを教わったようです。IMG_4356.jpgその内容は多くは、僕が話したことのあるものも多いのだけれど、こういうのって不思議なことに、親の言うことよりも、他人が言うことの方が、すんなり聴けるみたい。いや、まろさんが伝えるのが上手いだけか?それに、この景色を浴びながらだもの、釣れる釣れないは二の次です。


IMG_4269 (1)結局10目20数匹を釣り上げて、納竿。一度宿舎に帰り夕飯後、富田新港で夜釣りもしてみましたが、こちらは全く当たりがありませんでした。どうやら台風の余波が残り、底物はまだ隠れているようです。実際その翌々日に魚市場に行きましたが、台風明け久々にたくさん入ってきていたのは、タチウオとかハモといった中層にいるフィッシュイーターで、ロックフィッシュ類はとても少なく、ホゴは2匹しか売られていない有様。さらに桜井海岸で海水浴しながら防波堤でも釣りをした1週間ですが、4年前には釣れまくって歓喜したのが嘘のように、IMG_4384.jpgIMG_4383.jpgとても渋い釣果の上に、釣れるのは黒っぽいタケノコメバル。赤く勇ましいホゴは、1匹も手にすることができませんでした。いったい何処へ...。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!











Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 1   

2017 今治の夏 〜クワガタムシは掘り当てろ〜 

いよいよ昨日から、愛媛今治での夏休みに突入!IMG_4128.jpg去年はまだ体格は互角と思っていたのですが、今年はもうどう見てもショーゴの方が大きいと認めざるを得ず、ならばと、重い荷物は全部持ってもらうことに。僕の手には飛行機で楽しむためのスイーツだけ。なんて楽チンな家族旅行!



梅雨明け後にもかかわらず太陽がギラギラしてくれない関東を脱して四国へ。のはずが、大型で迷走していた台風がまさかの接近。朝6時半に羽田空港に着いた時には、すでに南九州へのフライトは欠航が決まっており運が悪ければ行くことも叶わなかったかもしれません。もっとも、松山に到着した時には本当に嵐が来る前なのかという夏晴れ。今治へ移動し、妹にお昼をご馳走になった後は、いつも通り、親子3人、しまなみ海道伯方島でのクワガタ採りへ。


IMG_4198.jpg伯方島の、ヒラタ、ミヤマ、ネブト、ノコが同時に採れる最強ポイントに着いたのは、13時、気温34℃。僕らは汗をダラダラ流しているのとは対照的に、林は木も地面もカラカラに乾いています。一昨年ここを見つけた時、沢山落ちていて目印となった、鳥に食べられて死んだ残骸もほとんどありません。側溝に大きなミヤマクワガタの♂が転がっていましたが、体には傷がなく、水分不足で息絶えたように見えます。木の上の方で日差しを逃れているのかと蹴ってみても何も落ちてきません。暑過ぎて虫がいないのか、もしくは、先に入った採集者がいるのか。


と、ショーゴが樹皮の隙間に隠れているヒラタクワガタを♂を発見。飛行機での移動日なのでピンセット等の採集道具がなく、捕まえるのは無理ではないかなと思ったのですが、何かに取り組み出すと感心するほど熱心になるショーゴ、落ちている木の枝を駆使し全身汗まみれになりながら格闘の末、確保。同じ頃、僕も別の木でネブトクワガタの♂を採集。もし先行者がいるならばこれらを見逃しはしないのではないかと。虫の姿が少ない原因は、おそらく暑さの方だな、と考えていた矢先に、今度はカンタが黄土色の地上を歩くミヤマクワガタを見つけました。今ちょっと前僕が歩いたところ、よくこんな広い地面で、しかも色が同化している虫を見つけるものだと思ったら、ここにもいた、と叫び声。木の根元付近の落ち葉を足で払うと動くものがあり、なんだと思ったらカブトムシだった、と。


IMG_4186.jpgそれがわかったので、樹液が出る木や死骸が落ちている木の、根元の落ち葉を掻き分けていったらカブトムシ、ミヤマ、ノコが次から次へと。樹上ではたとえ高いところでも暑すぎ、地中で休もうとしても硬く乾いていて潜れず、枯葉の重なっている中に止まって寝ていたようです。よく昆虫採集のガイドには、木の下の土を掘る、なんて書いてありますが、関東での採集でそうやって見つけたことはほとんどありません。柔らかい腐葉土の中不覚に潜ってしまっている虫を見つけるよりは、ゴム鎚でトントンと叩いて樹上から落とす方がずっと効率が良いので、そもそも地面を掘る手は選択肢にないのです。ところが、条件が次第ではこれも有効な採集方法になるのを、改めて知った次第。クワガタが欲しければ、樹液で採る、街灯で拾う、木を揺らして落とす、そして、掘り当てる。


IMG_4189.jpg結局ミヤマクワガタ4、ヒラタクワガタ1、ネブトクワガタ2を持ち帰りました。定宿の「今治湯ノ浦ハイツ」へ向かう途中には雨も降り始め、やがて風も強くなりました。僕らの夏休みの始まりを祝うかのように打ち上げられるはずのおんまくの花火大会も延期に。一夜明け、台風は高知沖を通過、外遊びができない残念な始まりとなりましたが、この雨できっと林も潤い、虫も息を吹き返し、夜の採集に向かったら、楽しい光景が広がることになるはず。今年も思い切り遊びますよぉ。


IMG_4177.jpg※愛媛では蛇口をひねるとポンジュースが出て来ます。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

Tag: しまなみ海道 
tb 0 : cm 0   

2016 今治の夏 〜いつもの夏でもいつもと違う〜 

今年も今治での夏休みはあっという間に終わりました。炎天続きの1週間、真夏の太陽が大好きな僕には申し分なく、しまなみ海道と石鎚山を眺めつつ、思う存分汗をかいて楽しみました。


DSCN4596.jpgただ、暑い夏をより一層暑く感じさせるクマゼミの合唱の声がとても少なく残念でした。鳴いているのは最近今治に多くなったミンミンゼミばかり。過去調べてみると、2009年もクマゼミが鳴かなかったと書いてます。クマゼミの幼虫期間は、6、7年と言われていますから、その影響でしょうか。


同時に、カブトムシも非常に少なく、例えば伯方島はミヤマクワガタの天下になっていました。そこでピンときました。6月下旬から7月中旬にかけての豪雨です。いつもは梅雨時でさえ雨が少なく、盛夏に水不足に陥ることも多い愛媛県の瀬戸内地域ですが、今年は大雨に何度も遭い、あちこちで土砂崩れも起きた程だと。それはちょうど、クマゼミが羽化しようと地表近くまで上ってきている時期や、カブトムシが前蛹あるいは蛹になり、身動きがとれない時期と重なります。クマゼミの幼虫は乾燥している平地を好むのに対し、ミンミンゼミの幼虫は水分があってかつ水はけの良い場所にいるようですから、雨水に対する耐性に違いがあるのではないかと。カブトムシは腐葉土のすぐ下の浅い所に蛹室を作るので、大量の水が流れ込みやすいのに対し、ミヤマクワガタは前年の晩夏以降に温度・湿度の変化の少ない地中深くで羽化後休眠しているので、カブトムシほどの影響は受けにくいはず。


DSCN4628.jpgDSCN4629.jpg海の方でも、変わった現象が。いつも海水浴をしていると見かける砂浜に這うようについているションベゴチ(ネズッポ)が見当たらず、キス釣りの針にもかかりませんでした。岩場では瀬戸内の旨い煮魚を食べたい一心で、根魚釣りするも、これでもかと釣れるのは、毒のある小さなカラコギ(ハオコゼ)ばかり。一番好きなホゴ(カサゴ)はついに1匹も姿を見せてくれませんでした。代わりに上がったのは、珍しいヨロイメバル、それも3度も。釣れた時は、ホゴだ、いや違う、ムラソイか?でも模様がなんか変、と感じたのですが、後でヨロイメバルとわかった次第。胸鰭の縁だけが赤っぽいのが特徴です。


IMG_5266.jpgさらに真鯛とカマスの幼魚がよく針にかかりましたが、こちらも初めて見たことです。一体どうしちゃったのか。もっとも、海の中のこれらの事象の理由はさっぱりわからず、ただ事実としてそうだったとしか。DSCN4652.jpgDSCN4625.jpgちなみに5日もやってたのに釣果は悲惨なもので、最終日にショーゴが釣ったササノハベラ26cmが唯一の大ヒット。宿泊している今治湯ノ浦ハイツで煮つけにしていただきましたが、とてつもなく旨かった、とショーゴ。


IMG_0021.jpg特にこれといって変わったことをしない、いつも通りの夏休みを満喫してきた中、唯一ちょっと違ったのは、こんな自然の中の出来事でした。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

2016 今治の夏 〜援軍を求む!〜 

長男ショーゴ、中学3年生、14歳。薄々気づいてはいましたが、背丈が僕に追いつき、そして並ぶ間もなく追い越していきそう。靴のサイズはすでに抜かれ、体重も5kgほどしか違いがありません。先日出場したソフトテニスの千葉県大会は、力は出し切れたそうですが、初戦敗退となり、漸く部活を引退しました。いよいよ高校受験へ向けて厳しい勉強の開始。


IMG_5210.jpgのはずが、昨日から例年通り愛媛今治での夏休み。勉強道具も英語の参考書しか持ってきていません。これは、本人の甘えではなく、親である僕の方針。酷暑の中、無理して座学をしても差などつかぬ。それよりも待ち焦がれたこの時を思い切り楽しみ英気を養え。大きくジャンプするためには深くしゃがむことも大切だ、そのしゃがむ1週間だ、と。僕自身、大学受験の年すらそうやって過ごしたので、問題はないかな、と思っていますが、はてさて、結果は吉と出るか凶と出るか。


IMG_5233.jpg僕、ショーゴ、カンタと家族3人揃って早朝に出立、羽田空港で両親、妹と1歳になった甥っ子と落ち合い、松山空港経由で昼前に今治に。しまなみ海道を眺めながらの昼食を妹にご馳走になった後、ここ最近恒例の伯方島でのクワガタ採集へ。日々の、そして朝4時半前起きのスケジュールの疲れから、気持ちの高揚とは裏腹に早々にバテそうだった僕は、ショーゴに主戦を任せ、カンタと共に脇を固めての作戦での虫採り。


IMG_5234.jpg去年すごいポイントを見つけたので、胸躍る3人、そしてその期待に見事に応えてくれる流石のしまなみ海道、伯方島。木を揺らせば大きなミヤマクワガタがボトボトと落ちてきました。IMG_5229.jpg樹皮の間にはヒラタクワガタネブトクワガタが樹液塗れで挟まっているものの、移動日なので道具が揃っておらずこれは後日また来て捕まえようと思いきや、先行者が落としたと思われるピンセットをカンタが拾い上げ、それを使いショーゴが搔き出し成功。二人とも頼もしい。たかが虫採りながら、ショーゴは一人前になったなぁ、カンタも成長しているなぁ、と。


IMG_5245.jpgIMG_5242.jpg近くにまだポイントがないか探ってみたところ、車の中からいい感じの木々を発見。ただ猛暑の中の虫採りが堪えた僕とカンタは、ショーゴ隊長頼むと、彼一人行かせ車で待機。しばらくするとショーゴ隊長、援軍を求める大きなジェスチャー。どうしたのかと聞けば、木の根元に落ちたクワガタを探して砂を探っていたら、ヒラタクワガタの♀を捕まえたのだけど、同時に、上からおしっこをかけられ、セミだと思ったらでっかいミヤマだった、地上で戦っていたら空軍にやられたみたいだ、と。で、見に行けば、ハルニレの木の上の方に、♀をガードする特大の♂のミヤマが。木の上からクワガタにおしっこかけられた経験は僕にもないなぁ。で、幹を揺らすものの、この♂、流石の肝っ玉の持ち主なのか、全く落ちる気配ない。むしろ興奮するばかりで枝でつついても、それに威嚇して来る程。最終的に叩き落として捕獲、いやぁ実にあっぱれな敵将、といった雰囲気の堂々たるミヤマクワガタ。


IMG_5272.jpg毎年の今治滞在は、子供の成長を確かめられる絶好の機会ですが、同時に、ここで遊んでいるその時に、グンと体力がつき、知力は増し、感性が研ぎ澄まされてきました。今年は目先の受験勉強をほっぽり出してまでやって来て、はてさてどんな学びができるかな?高校生になるのには、援軍はあてにできないと父は思うぞ。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4