10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

6年目の1級 

IMG_3313.jpg剣道を習い始めて6年目、カンタが1級になりました。




DSCN2092.jpgというのも剣道の1級審査は、千葉県では小学校6年生以上でないと受けられないのです。2級は3年前の5月、8歳の時に取得。その頃は所属する「玉造剣友会」で一番小柄な剣士で団体戦メンバーは6番目の補欠でしたが、今では一番背の高い、押しも押されぬ大将です。写真は、2級をとる少し前、2年生の終わりの頃の大会で。真ん中にいる大きな子が大将だったショーゴ。カンタはそのすぐ右の白い頭巾。


IMG_3323.jpg剣道もだいぶ様になってきて、特にこの半年、鋭く速くまっすぐな打ちができるようになってきた感じです。級審査や大会の場数を踏んできたのと、十分に稽古してきたのとで、あまり緊張はしていませんでした。しかも審査の相手方となった2人はどちらも、大会ですでに名を挙げている強者だったので、いい練習にさえなったよう。それより、剣友会の後輩達7人が初めて3級を受審するので、そちらの応援に熱を入れていました。う〜ん、父は技が上達したこと以上に、そういう人間力の成長が嬉しいぞ。


IMG_3289.jpg中学で続けるかはまだ決めていないのだそうです。剣道を続けると言っていたショーゴが、ソフトテニスに鞍替えし、しかもそれで結果を残したのが変な刺激になってしまっているようです。父としては続けて欲しいなぁと思うのですが、こればかりは本人の意思を尊重するしかありません。ただ、その前に、大会で表彰台に立つこと、そして1年後に初段をとること、この2つは叶えて欲しいなぁと願っています。兄もそこそこ強かったけれども、彼よりも経験年数すでに長く、動きは速く、上手くなりそう、そんな気がするので。


IMG_3329.jpgしかしまぁ、兄貴に比べると食が細く見えるカンタも、実によく食べるように。お祝いの豚カツ屋さん、彼らだけで5000円近く...。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

Tag: 剣友会 
tb 0 : cm 0   

6年越しの銅メダル 

ショーゴの高校合格祝いをした先週日曜日は、日中、カンタも活躍した日でした。IMG_2511.jpg所属する剣道の市民クラブ玉造剣友会で出場した「第37回富里市剣道大会」団体の部で、見事3位入賞、銅メダルを獲得したのです。


我が家がこの剣友会にお世話になって丸6年。始めた時は、5人を揃えるのがやっとの小所帯。なので、春と秋の大会に出場しても誰1人一本も取れずに負けた団体戦もありました。個人戦でも全員が早々に敗れ、閉会式まであまりにも時間が空くので、みんなで早退してしまったこともありました。習い始めて2年半、やっと一本勝ちを収めてから急に強くなったショーゴが、大将として大会に出場していたのが6年生だった3年前。でも、その時は前の4人がみんな負けてしまったことで、勝っても嬉しそうにはしていなかったのが思い出されます。個人戦では3回戦で延長の末敗れ、中学ではソフトテニス部へ転向してしまったので、それがショーゴの最後の剣道公式戦。あるいは十分に勝ち癖がつかなかったために辞めてしまったのかもしれませんが、剣道をやったおかげで、テニスでも勉強でも、特に心の部分を整えられ、成績を自力であげられるようになったのは間違いありません。


カンタはショーゴよりも剣道歴はすでに長く、丸5年。公式戦初出場はショーゴが初めて一本とった3年3ヶ月前。その時はなすすべもなく敗退。IMG_2520.jpgその後年に2回の大会出場を続けていますが、団体戦も個人戦も、あまり活躍できたことがありません。始めた時には兄よりも筋が良い、という評までいただいていたのですが、試合になると気持ちが空回りしてしまうところがあり、また、初戦で強い子に当たってしまう不運も多く。加えて僕も家事に忙しく、剣道から足が遠のき、カンタの稽古相手をしてやることはおろか見てあげることさえできず、それも彼の成績に反映してしまっていて、悪いなぁと。3ヶ月前の成田市の大会では、チームみんな頑張ったものの、カンタが先鋒で負けていたために引き分けとなり、大将による代表戦の結果、負けて惜しくも銅メダルならず、責任を感じた大将が泣き崩れてしまう、なんてこともありました。あれは可哀想なことをした。カンタが少なくとも引き分けていれば...。


IMG_2514.jpgそんなカンタですが、試合前の稽古を久々に見て、思ったのは、跳べるようになった、まっすぐ打てるようになった、少しはいけるのでは、と。今回も先鋒。勝ってこい、それも瞬殺してチームに行けるぞという流れを持ってこいと欲張って見た初戦は、やはり硬くなっているところがあり、よく攻めるも有効打突が取れず、引き分け。なぁんだ今回もかぁとちょっと残念。ただその後仲間が頑張ってくれ、最後は大将が見事にケリをつけて、2回戦へ。今度は力みが取れたのか、開始30秒で鮮やかに面を2本とり、一本勝ち。それが呼び水となり、名前負けする相手だったのにもかかわらずみんな次々と撃破し、誰もが思っていなかった圧勝で準決勝進出、銅メダル確定。6年前には想像できなかった子供達の晴れ姿!一緒に見に来ていたショーゴも羨ましがっていました。


生憎、準決勝の相手は全員が男子6年生と見え、明らかに格上でしたが、それでも各自よく奮戦。カンタも、敗れはしたものの堪えに堪えていい稽古ができた感じでした。IMG_2585.jpgただ、全員が負けたわけではなく、カンタが仲良くしている副将の6年生は、ものすごい腕利きに見えた相手から2本とって勝利、おそらくその瞬間に強くなった彼は、午後の個人戦でもあれよあれよと勝ち上がり、個人でも3位銅メダルを獲得。旋風が目の前で起きるのを初めて見た感動を味わいました。かっこよかったなぁ。カンタの個人戦は、初戦で、延長に継ぐ延長で6分近い長い勝負の末、一本取られて敗退。でも、よく攻めて力は出し切ってのいい内容でした。面の弱さと、押し込めず引き技に頼ってしまうのが課題。


4月からは大将に指名されました。他に6年生がいないからだけれど、1年後には流石と言われるように、心技体、磨いていこうね。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

Tag: 成田  玉造  剣道  剣友会 
tb 0 : cm 0