fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

無病植栽 

一時帰休も含み、2週に渡る長い長いゴールデンウィーク。僕は毎日健康に規則正しく「ステイホーム」しながら、午前中はカーテン等大物の洗濯や据付備品の大掃除と修繕、不用品の整理といった、普段ほとんどできていなかった家事をし、午後になると料理、ウォーキング、YouTubeの動画作成、そして庭仕事に精を出しています。


庭は、今年は野菜の苗をいつも以上にたくさん、そして丁寧に植えつけました。雑草も抜き、昨年の台風で枯れた枝の処理等をするとやることがなくなってしまいました。IMG_3924.jpegIMG_3853.jpegが、よくよく眺めると、だんだん、今までほとんど触っていなかったミニ雑木林の隅の辺りが荒れ放題に見えてきました。そこでノコギリやスコップを持って手入れ。未々乃介に邪魔されながら常緑樹のアオキやヤツデの剪定をし、溜まっていた落ち葉を掻き出し、覆っていた不要な芝生を剥がしてみたら、かなりすっきり。そして、この空間を活用して食べられるものをさらに育てようと思い立ち、しばし考えた結果、柑橘と木苺と山椒を植えることにしました。


IMG_3926.jpeg柑橘は以前「はるか」を植えていましたが、吹きさらしになる場所だったのがいけなかったのか樹勢が弱いまま、7年かけて1粒実らせただけで諦めてしまいましたが、今回は、日当たりは良いものの高く育ったクヌギとコナラに守られてもいるところ。品種は、究極のみかんとも言われる「はるみ」にしました。売り物レベルを安定して栽培するには難易度が高い品種のようですが、丈夫で栽培それ自体は容易とのことです。その名の通り、冬の終わりに実るので、初収穫は再来年の2月になるかと思います。出来の良し悪しは問わないので、まずは順調に生育して実って欲しい。


IMG_3929.jpeg木苺は、外国産ではなく関東の雑木林に普通に生えているものが良く、本当ならどこかの山へいって掘り上げてきたいところでしたが、今はそれができないため、お店で吟味。実際に見たことがある中で実も葉も最も美しい「モミジイチゴ」にしました。こちらは来年の6月には実をつけるのではないかと期待。コナラの木陰で揺れるオレンジの実が楽しみ。


IMG_3858.jpeg山椒は、昔、鳥が運んできてくれて自生していた場所に。その時の山椒は、いつの間にかなくなっていましたので、今回もそうなってしまう可能性はありますが、一度は生えた場所だから相性は悪くないのでは、と。山椒の葉や実が庭でとれると何かと重宝するので、根づいて欲しい。アゲハの幼虫に葉を食べられないよう注視しなくては。


先日伐採したプラムに代わり蜜柑と木苺が加わった僕の庭の果樹は、ぶどうとブルーベリーと梅を合わせて5種、食べられる実の生る木は山椒を加えて6種となりました。IMG_3943 (1)そうそう、ぶどうはマスカットだけが順調で、ピオーネは樹勢弱く育たないまま去年台風にやられてしまったのですが、冬に強剪定してみたところ今年も芽吹き、しかも今まで以上に力強く伸びてきたので、支柱に竹を用意しました。これも蘇って、強く成長してくれるといいなぁ。











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category:

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

YouTubeデビュー 

前回人と接触せずに楽しめそうなこととして、庭作業と茸採りと魚釣りの3つを挙げました。


IMG_3748.jpeg庭は、夏野菜を植える土づくりと草むしり、そして長いこと使っていないコンテナ等ガラクタの処分をしています。枯れてしまったプラムも切断して抜きました。蔓延していたカワラタケのおかげで綺麗に朽ちており、想像したよりも簡単に処分ができました。


IMG_3601.jpeg茸は、今が盛りのはずのアミガサタケが今年は多くありません。暖冬だったからか、桜が咲いてからの雨量が少なかったからなのか、いくつかのポイントをあたりましたが、数が少なく、しかも乾いていました。ここのところまとまった雨があるので、もう1週間後くらいに再度期待できるかな?


IMG_3622.jpeg魚釣りは、人ができるだけいないところと考え、平日に鹿島灘の砂浜に行ってみました。写真の通り、広大な波打ち際になんと誰もおらず。ごくたまにご近所の方が犬の散歩で通る程度。そして、秋刀魚1匹の切り身を餌に、ヒラツメガニ釣りをしてみたところ、4時間半で18匹の自己新記録。しかも餌は最初から最後までつけ替えることなく、秋刀魚1匹でのこの収穫です。IMG_3635.jpegIMG_3632.jpeg3月末にもやってみたのですが、その時は1匹もかからずでした。まだ海水温が低いためかなぁと思っていましたが、どうやらそうではなく、今回は干潮時だったからうまくいったようです。潮が引いていると、汀の蟹の潜んでいる辺りへ餌が簡単に届く、それがコツの1つではないかという気がします。これが正しければ、次回はさらに多く捕まえられるはず。


IMG_3674.jpeg採ってきた蟹は、トマトクリームパスタと味噌汁にして美味しくいただきました。特にパスタは、息子達が過去一番旨いかもと絶賛してくれる味でした。そしてその工程は動画にまとめて、YouTubeにアップしてみました。週に2日しか働けず、先々への不安は隠しようがありませんが、このまま坐して死ぬわけにはいかず、逆境や試練を糧に工夫する人でいたい、その姿を息子達に見せたいと、挑戦してみることに。動画編集なんかしたことなく、大変な作業になりました。とはいえ収益を上げられるようになるには、再生時間4000時間、チャンネル登録者数1000人を超えてからだそうで、ハードルは非常に高い。YouTuberって凄いんだなぁ。でも、時間はあるのでやれるだけやってみようかと。


僕が世間にアピールできるのは料理くらいしかありませんが、優れた料理動画はすでにたくさんあるので、僕はそれを、愛する広島東洋カープと絡めることでオリジナリティを出してみました。料理する人はもちろん、しない人でも、カープや野球がお好きだとお楽しみいただけるのではないかと。是非一度、覗きにいらして下さい。











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 1   

子育ての区切りとプラムの終わり 

ショーゴの高校の授業は全部終了、残すは卒業式だけ。IMG_3258.jpegIMG_3257.jpegすでに進学先が決まっている彼は教習所通いにアルバイトにと新しい生活に。僕も3年間のお弁当作りから解放され、週末の時間に少し余裕ができつつあります。早速張り切って剣道の稽古に行ってみたら、足の裏を擦って皮を剥いてしまい、カンタにテーピングしてもらう羽目に。


この3年間、後回しにしたことが色々ありますが、そのひとつが庭の手入れ。農作物は適切に手をかけずに健康を維持できるほど甘くなく、かろうじてマスカットは収穫に成功したものの、他の野菜や果物は寂しい結果に。さらに去年秋には次から次へと記録的な嵐に見舞われ、折れたクヌギやコナラの枝の処理が、実はまだ終わっていません。大好きなチューリップもこの家を建てて初めて植えることができませんでした。本来ならもうすぐ芽が出る頃なのになぁ。


IMG_3265.jpeg最も残念なのがプラム。2年半前、初めての実りに歓喜したプラムですが、翌年、花が咲く直前に、急に花芽も葉芽も枯れてしまう事態発生。しばらくは何が起きたのか理解できませんでした。1年休ませたら復活するかなという気持ちもあり、お手入れして再起を願いましたが、去年も芽を出さず。P1030642.jpegそしてこの冬、ご覧の通りに茸がびっしりで、観念しました。原因は何だったんだろう。選定した後薬を塗らなかったのがいけなかったのかなぁ。ショーゴが幼稚園に入った春に植えた後11年育てての結実が最初で最後の実りになってしまいました。果物は野菜よりさらに難しいのを改めて実感。


ちなみにこの茸は木材腐朽菌のカワラタケ。カワラタケが寄生したクヌギやコナラの朽木はオオクワガタの幼虫飼育に最適ですが、これは小さなプラムだからどうでしょう。茸の勢いが衰えた頃引っこ抜いて切断し、庭の片隅に集めたら、コクワガタくらいは産卵しにくるかな?


今年の春は区切りの春。暖かくなってきたら、心の余裕を少しは庭に、と思った次第です。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!






Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

桃栗三年柿八年、プラム十一年 

IMG_3609.jpgIMG_3603.jpg我が家の庭に、深紅に染まったプラムが10個、実りました。植えてから実に11年目、ようやく、です。一昨年初収穫はできていたのですが、僕は海外出張中で目にすることはできず。しかもそれはわずか1粒だけだったので、今年が事実上初めての成功と言っていいと思います。


このプラムは「大石早生」という品種。早生、という名前がついているくらいなので、もっと簡単に実が獲れるものだと思っていました。初めて花を咲かせたのは植えて3年目の2009年。IMG_4027.jpgIMG_4007.jpgその時の記事はこちら。その後、年を追うごとに花の数は増えていくものの、右の写真のように結実する率が極めて悪く、花の後黄色く萎れてしまうのが半分以上。うまくいったように見えてもサクランボくらいの大きさになると落ちてしまうものばかり。そこそこの大きさまで育ったのが6年目、ですがこの時も、最後は熟す前に吹き荒れた5月の嵐に耐えられませんでした。


DSCN2270.jpg毎年失敗を重ねながら見つけてきた課題は主に3点。まずは受粉。花が咲くのはほぼ桜と同じ。でもその時には隣にある受粉樹の白梅は散ってしまっており、家の周囲でまだ咲いている遅咲きの梅かあるいは早咲きの桃の花を見つけてきては人工受粉させないといけません。が、花の時期がとても短い上、相性がいい花粉になかなか出会えていないようで、受粉の成功率は、20%くらい。隣の白梅は鈴なりに成るのに。



IMG_4007.jpg次に、夏場の虫対策。できれば薬は使いたくないものですが、非常に虫がつきやすく、いつのまにか毛虫やアブラムシが湧いて、葉が丸裸にされてしまいます。夏場に葉がなくなってしまえば、当然翌年の成果は望めません。アブラムシは、天敵のテントウムシを繰り返し放した結果住み着いてくれ、ある程度コントロールできているのですが。剪定して日当たりを良くし風を通すことで虫が発生しにくくするのを第一に、薬に頼ることもあります。


IMG_3570.jpg最後に真冬の剪定と施肥。プラムは、伸びて2年目以降の枝につく短果枝の花でないと結実しない、というのは頭では理解しているものの、実践となるとどう切ったら良いのか判断が難しいのです。まして、真冬だと庭に出る機会もなかなかなく、剪定はおろか、肥料を施すことさえ忘れてしまいがちになります。寒い時の手入れなど簡単な話ではないかと、外に出るのが気持ちいい今の季節には思うのですが。


IMG_3617.jpg冷蔵庫でしっかり冷やし、皮ごと味わってみました。噛んだ瞬間弾けて出てきた果肉は、酸味、甘味ともに申し分なく、本当においしかったです。来年からはもっと数を獲れるようにしたい。まだまだこれから!










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

はるか、実る 

愛媛にゆかりのある人間の1人として、春の到来を柑橘の実で感じられたらなぁと、2009年の春に庭に植えた柑橘「はるか」IMG_3001.jpgなかなか元気に育たず、3年後の2012年には一度は引き抜かれそうになりながらも生き延び、以来大きく成長するでもなくまるで盆栽のように佇んでいたその木に、およそ似つかわしくない大きな黄色い実が成りました。たった1粒だけではありますが。


IMG_2374.jpgIMG_0864.jpg毎年春先に白い花が少しだけつき、豆粒程の緑の実はできるのですが、そこまででした。木が小さいし、そんなものだろうと僕も気に留めず、すぐ脇にあるプラムと対照的に、ほとんど世話もしていませんでした。が、どうしたものか、6月に左のようだった1粒が夏を越え、10月には右のように。それでもまだ、熟すことはなかろうと根拠なく思っていたのですが、11月に入るとほんのり色づき始め(右下)、期待感が。そして年を越え、ついに完全に黄色に。IMG_2570.jpg明け方には氷点下になってしまうので、収穫することにした次第です。その成長過程は、まさに親はなくても子は育つ、という感じ。


IMG_2989.jpgこの「はるか」、日向夏から生まれてまだ20年程度の新品種です。生まれは福岡県だそうですが、現在の全生産量の半分は愛媛県。レモン色の上、温州みかんより一回り大きい程度と、見た目は他の柑橘類と比べると華やかさに欠け、酸っぱそうにさえ見えますが、実はすごく甘く濃い味がする、僕のお気に入りの一つ。見た目と中身のギャップがこれほどある柑橘はないのでは、と思います。クラスの中にいる、目立たないけど実はすっごくカワイイ女子、という喩えをで見つけましたが、言い得て妙、まさにそんな感じ。


IMG_2997.jpg「はるか」は他の柑橘類とは違い、追熟はあまり必要ないようですが、まだうっすら緑がかっているところもあり、保管してから味わうことにしました。果たしてどんな味に出来上がったのか。わずか1粒ではあるけれど、7年近くかけて手にした果実、楽しみ。そして、実りの話から始める2016年、良い年にしたいなぁ。今年もどうぞよろしくお願いいたします。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!







Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 5   
FC2 Management