FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

子育ての区切りとプラムの終わり 

ショーゴの高校の授業は全部終了、残すは卒業式だけ。IMG_3258.jpegIMG_3257.jpegすでに進学先が決まっている彼は教習所通いにアルバイトにと新しい生活に。僕も3年間のお弁当作りから解放され、週末の時間に少し余裕ができつつあります。早速張り切って剣道の稽古に行ってみたら、足の裏を擦って皮を剥いてしまい、カンタにテーピングしてもらう羽目に。


この3年間、後回しにしたことが色々ありますが、そのひとつが庭の手入れ。農作物は適切に手をかけずに健康を維持できるほど甘くなく、かろうじてマスカットは収穫に成功したものの、他の野菜や果物は寂しい結果に。さらに去年秋には次から次へと記録的な嵐に見舞われ、折れたクヌギやコナラの枝の処理が、実はまだ終わっていません。大好きなチューリップもこの家を建てて初めて植えることができませんでした。本来ならもうすぐ芽が出る頃なのになぁ。


IMG_3265.jpeg最も残念なのがプラム。2年半前、初めての実りに歓喜したプラムですが、翌年、花が咲く直前に、急に花芽も葉芽も枯れてしまう事態発生。しばらくは何が起きたのか理解できませんでした。1年休ませたら復活するかなという気持ちもあり、お手入れして再起を願いましたが、去年も芽を出さず。P1030642.jpegそしてこの冬、ご覧の通りに茸がびっしりで、観念しました。原因は何だったんだろう。選定した後薬を塗らなかったのがいけなかったのかなぁ。ショーゴが幼稚園に入った春に植えた後11年育てての結実が最初で最後の実りになってしまいました。果物は野菜よりさらに難しいのを改めて実感。


ちなみにこの茸は木材腐朽菌のカワラタケ。カワラタケが寄生したクヌギやコナラの朽木はオオクワガタの幼虫飼育に最適ですが、これは小さなプラムだからどうでしょう。茸の勢いが衰えた頃引っこ抜いて切断し、庭の片隅に集めたら、コクワガタくらいは産卵しにくるかな?


今年の春は区切りの春。暖かくなってきたら、心の余裕を少しは庭に、と思った次第です。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!






スポンサーサイト



Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

県大会レベル 

剣士カンタ、新体制になって3回目の表彰台に立ち、今年の稽古を納めることができました。


IMG_3059.jpeg舞台は城西国際大で開催された「千修会」。稽古を主目的にリーグ戦で行われる錬成大会だったので結果は二の次なのですが、外房の強豪校はもとより、遠く群馬、宮城、福島、神奈川からも参加校がある中、175人中10位だったのは、なかなか。1日通算では28試合で10勝13敗5分けと負け越しで、途中第4リーグまで下がることもありましたが、最後は第2リーグに巻き返しての入賞でした。


何より良かったのは、10月にあった千葉県新人戦出場の選手達、そしてあるいはそれ以上の強さの他県の選手達とお手合わせしてもらえたこと。カンタは成田近隣の錬成会になると色々試してみるが故に1本取られることはあっても、2本取られるて負けることがなくなりました。IMG_3061.jpegマークされる立場なので手の内は隠しておきたい、という気持ちもあり、全力勝負の機会さえなかなか持てず。フルスロットルで掛かっていって、その上で負けるという経験を積みたい、そういう強い選手と剣を交えたい、負けから学んできたのだから、というのが本人そして僕の願い。ありがたいことに今回はそのレベルの選手達がひしめき合い、朝からずっと胸を借り続けることができました。そしてやっぱりみんなとっても強かった!


フレーム-30-12-2019-06-40-28フレーム-30-12-2019-06-38-46カンタの得意とする面は、速さはまずまず負けていなかったものの、決めるところまではまだあと少し。右手打ちと打突直後に拳が上がる癖、さらに体の太い選手に体幹負けするところがあり、その3点で打ちが軽くなってしまっています。そして、その面を打つ瞬間、小手をやられるシーンが何度かありました(写真は共に小手を打たれている方がカンタ)。以前から負けるとしたら不用意に飛び込み面に出た時の出小手だから注意するようにと言っているのですが、本人も今回の動画で見返し、オレがオレを攻めるとしても小手を狙うなぁ、と呟いていたので、これから対策を練ってくるのではないかな、と。


フレーム-30-12-2019-06-39-41また、カンタに勝つ選手達は、一瞬ピタッと止まってそれにカンタが同調してしまった瞬間に打ち込んできたり、凌ぎ合いからの仕掛けがほんの一瞬早かったり(写真の左がカンタ)と、間を支配する術に長けている印象でした。本人にはそんなつもりは全くないのでしょうが、気の攻め合いで受け身にまわってしまった時に負けている感じでした。


フレーム-30-12-2019-07-10-25フレーム-30-12-2019-06-36-54逆に良かったのは、技術的には小手が上達、通用するようになってきたこと。得意な面をさらに活かすためにも小手をと磨いてきましたが、出小手(左写真)も小手面(右写真、奥がカンタ)も一線級から1本取るシーンがありました。これは大いに自信になったはずです。さらに、時間の都合上一本勝負となった最後の数試合では、気力と集中力が上回ればどんな相手にも勝ち切れるという手応えを掴んだように思います。


あと半年と少しで集大成の中学総体。入学した時に思い描いていたよりも遥かに強くなった彼ですが、本人はまだまだ上を目指すと。目標は、秋に目前で逃した千葉県大会出場、に留まらず、その県大会で上位、いや一番になること、と壮大です。果たしてそれにどこまで近づけるか、成長を楽しみに見守る2020年になりそうです。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!









Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

叡智の門に、サクラサク 

長男ショーゴ、昨日、第一志望の大学に合格!


IMG_2914.jpeg公募制推薦入試枠を利用した受験でした。「一般入試だったらとても受からない大学」と本人は言っていますが、推薦入試に挙手できるだけ積み上げた実績には胸を張って良く、何も臆することはないと思います。授業態度がもっと悪かった父なら、その資格を得るなんてとてもとても。一般入試でなければ大学生にはなれませんでした。


彼の通う高校は、国際色豊かな校風で大人気の学校ですが、大学進学という観点で見た時には極々普通の県立校。中学時の学力からしたら、そこに入学できたことだけでもありがたかったのに、学校がとても合ったらしく、テニス部に燃えながらも、成績は上昇一途、気づけば先頭集団に。IMG_2940.jpeg6月に部活を引退した後は、毎日夜9時まで近所のコミュニティーセンターで勉強していました。僕が受験生時には駿台予備校の先生に感化されたことが多かったのですが、彼は自分のペースで学ぶ方が合っているし今はYou Tubeもあると、模試を受ける以外予備校には頼らない独習でした。その代わり凄い量の参考書や問題集を買わされましたが。


夏前までは「大学では世界史を学んで高校教師になりたい」と話していました。僕も人文科学系の「虚学」を修めた身、興味あることを勉強するのが一番、と後押ししたものの、千葉県の公立高校の職員室にはクーラーがないという馬鹿馬鹿しい気づきでそれをやめたと言ってきた時には、どうなることかと。ただし、進路には基本口出しはしないつもりだったので静観。9月にあった担任との面談でどうやら法学部系志望に変わった、一般だけでなく推薦での受験も考えているらしいことを知りました。ただしその面談は、三者面談であるのに本人が姿を見せず、先生も僕も呆れる意識の低さ。父親としては、どこに行くかはそんなに大事ではない、行きたいところに行けば良い、ただ、こんな風に万事がいい加減で、あるいは志望校も入れそうなところを適当に選んで楽して乗り切ろうとしているのだとしたら許せません、日頃なんでもきちんとする大切さ、プロセスの大事さ、それを学ぶために、今はむしろ大失敗させる時とさえ思います、受験で痛い思いをすればよいのです、と先生に訴えました。先生は、生徒の進路を確実にしたい教員の立場を離れて考えた時、100%同意できる考え方です、本人にはそういう方向で話をしてみます、と。


ただ一方で、評定平均4.1くらいという真面目さもありました。文系ながら理数系も苦にせず満遍なく取れているので、学校としては指定校推薦枠でとも考えて下さったようで、本人から相談してきた時もあったのですが、指定校推薦は合格可能性は高くても後々まで学校を背負うし、そもそもそこは本当に行きたい大学なのか?と父。人生には大勝負をしなければいけない時がある、しかも若いうちは失敗も糧になる、自分の理想にチャレンジするべき、という意見を聞き入れてくれ、お断り。そして、かなり背伸びした大学の法学部の自己推薦にエントリー。先生方は、志望時に提出するレポートや入試本番での小論文、さらに面接の指導をとても丁寧にしてくれたようです。IMG_2923.jpeg 手取り足取り面倒を見るつもりはなかったものの、 30年前、小論文を得意中の得意にしていた父にも頼ってきたので、仕方ないなと添削指導。文章構成の基本はできている方だろうけれど、変に難しい言葉を使ってしまうために粗が見えやすいのと、読み手が膝を打つような鋭い喩えが出てこないので、そこそこの点は確実に取れても高得点は望めないかなぁと感じていました。よって勝負は2月になる可能性も高いとは父子共通の認識で、通常の受験勉強も続けていました。が、入試当日の小論文と面接は、確実な手応えとまではいかなくても力は出し切れたらしく、その報告を聞いた僕は、上手くいったのではないかと...。合格発表の昨日は、その報を聞くまで割とポジティブに、そして久々にソワソワしながら過ごしました。発表は午前中なのに、あえてスマホを学校に持って行かないと言うので、まぁ長かったこと!


IMG_2917.jpegIMG_2918.jpeg吉報を耳にするや会社を早退し、帰宅。3人興奮しながら近所の銚子丸で祝杯。高校合格の時に比べ食べる量が減りましたが、弟のカンタが食べるようになったので、支払いはやや多く15,000円程。もっとも2月の入試に覚悟していた受験料に比べたら安いもの。運がある日だったのか割引券も大当たりしたし。IMG_2915.jpegそれに、なんといっても最高の結果とひっきりなしの祝辞、開放感に包まれて年末年始を迎えられるのはとてもありがたい。そして、高校生活、もっといえば、子育ての終わりが突如露わになった感じで、僕の肩の荷もストンと落ちた気がしました。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!











Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

究極は面、究極の面 

2日、市の文化祭剣道大会で、カンタ準優勝!

小学生も参加のこの大会、古巣の剣友会の皆さんの前で良いところを見せたいと願う父子。もっとも彼は小学生時には初出場以来5年間個人戦全敗だったのですが。とはいえその頃とは力も実績も違います。新人戦ではベスト8で惜しくも県大会出場を逃したものの、成田市に限られる今回は優勝候補の一角のはず、もしかしたら初めての映えある第1シードかも、と楽しみにしていました。ところが、蓋を開けてみれば引退した3年生、それも地域の剣道連盟の代表レベルという強者達が出場。ノーシードのカンタは行けて準決勝までかもなぁ、と。


まずは団体戦。まだ1度も勝ったことがないカンタのチームですが、相手の人数が2人少なく、こちらも先鋒、中堅が粘り、本人も綺麗に2本決めての初勝利。参加校数が少ないためこれでベスト4、表彰台確定。が、それだけに終わらず、準決勝は2年生を並べた学校相手にこちらの1年生達奮闘、1人が2本取られただけで、カンタに。ここで2本取れば代表戦でうちに勝機が、と色気を持ったのですが、大将、1本しか奪えずここまで。せっかくのチャンスでしたが、彼はまだ、防御が堅い相手を崩して勝つまでの力が足りない。



フレーム-17-11-2019-07-13-24フレーム-17-11-2019-07-13-38フレーム-17-11-2019-07-13-47フレーム-17-11-2019-07-14-06続く個人戦。無事2つを勝ち、準々決勝は、1年生ながら地域の学年内で抜きん出る強さと体格で「化け物」と称されている選手との初対決。もしかしたらやられてしまうかもと思っていたのは僕やチーム内はもちろん、本人もだったはず。ところが始まってみたらそこはひと学年差の利があり、全力でぶつかってくる相手に対し、まだ余裕がある感じに対応。そして、序盤で癖を見抜いたとかで、終始優勢に試合を運び、延長にはなったものの、最後はまるで稽古の様な大きな返し胴で勝利。


そして迎えた準決勝は、いよいよ7月以来久々に当たる3年生。しかもこの選手は県大会にも出場したもの凄く強い選手で、この日も堂々の第1シード。対戦経験はないものの、誰が見ても勝ち目は薄いですが、小さな子含む剣友会の後輩達とその親御さん達も大勢応援してくれているので、負けてなお強しというところが見せられたらいいな、くらいにしか期待していませんでした。


ところが。気持ちの乗り、集中力がものすごく、始まってすぐにこれはかなり善戦するかも、と。そして、開始1分、カンタが得意とし、かつ磨いている最中の面が炸裂、まさかの1本をあげました。



小学生時代の勝てなかった時から面が誉められることが多かったカンタは、最近色々な技で試合には勝てるようになりましたが、究極は、やっぱり面、相手が警戒しているのに守り切れない面を打てるようになろうと鍛錬を重ねています。それがこの偉大な選手に対して決まるなんて、本当に驚いた。なのに、その後一太刀で取り返され、ああ、ここまでかと再び弱腰になった父。しかし当の本人は、怖さはありつつも全く負けるつもりはなかったそうで、延長戦も4分が経過。少しも譲らない互角の戦いに息を呑む中、鍔ぜり合いを横に動き、やや相手の姿勢が崩れたその瞬間、強烈な引き胴!どよめきと拍手の中をゆったりと位置に戻り、美しく礼をするカンタ。勝ってしまうとは!決勝に進むとは!



決勝戦の相手は第2シードの3年生。彼は総体では敗れて県大会には出られなかったものの、この代を引っ張ってきた有名選手。体格よく体幹もしっかりしていて、5月に公式戦で対戦していますが、横綱に相手にされない幕内力士、という差がありました。そして今回もまた、パワーで負けて1本とられ、その後も崩すことが全くできずの完敗でした。準決勝で彼のライバルを倒したことで、一段と気が引き締まって隙もなくなり、カンタにはそこを突き崩すまでの打ちも攻めもまだできていない、そんな印象を持ちました。まぁ仕方がない。2年前のこの大会では初戦で惨敗、でも、剣道に決めたというその一言だけに救われた父。その弱い子が準優勝だもの、よしとしたい。


閉会式で表彰台に上がった4人のうち、ひと回り細く小さい唯一の2年生。式後は沢山の方々から祝福や賛辞、激励を受けていました。応援してくれた皆さんが喜んでくれたのなら良かった、恩返しできたかな、とはカンタ。現役では市で一番になれた、そこは大したもの。でも、千葉県の支部としてはベスト8止まり。県大会に行くための最後の壁はまだ高く険しい。そこを突破するために、まず研ぎ澄ますべきは、面。IMG_2682.jpeg野球に例えると若き日の黒田や松坂や藤川のストレートのような、わかっていても防げない、そんな面が是非見たいなぁ。父は父で、必勝弁当作りに磨きをかけるよ。









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!








Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

志士仁人 〜後編〜 

前回の続き。



IMG_2615.jpeg初戦の2回戦は、体格ではカンタ以上の選手。そしてカンタの動きも予想通りで、見ていた僕はひょっとしてやられるのでは、と心配になりましたが、得意の面で1本勝ち。本人曰く、体は動かなかったけれど相手はよく見えていたので負けないと思っていた、とか。


IMG_2616.jpeg続く3回戦は2時間近く空いたため、またまた体が硬くなります。しかも相手はやりにくい小柄で素早い剣士。でも2分が経過し、相手の技を出し尽くさせたところで面で1本。父としてはもう少し早くに旗を上げ、できれば2本とって欲しいのだけれど。


IMG_2617.jpeg4回戦は近くのライバル校の主力。直接剣を交えたことはあまりない選手ですが、向こうの学校はカンタ攻略法を持っているはずなので少し心配。調子が上がってくると不用意に面に飛び込み、そこで出小手を取られるという負けパターンがあるので、気をつけるように指示。結果、逆に出小手で1本をとる意外な展開。特に対策は立ててなかったけれど、向こうの手元が上がる癖を見つけたので、狙っていった、綺麗に入って気持ち良かった、と。


そうして迎えた5回戦は、想定通り順当に上がってきたシード選手との対決。フレーム-25-10-2019-08-40-17カンタの方が格下というのが運営側の評価、挑戦者の気持ちを忘れずにと送り出しつつ、2週前の錬成会で勝っていたし、その内容も良かったので、実は親子共自信をもって臨んだ一戦。相手選手も物凄い気合でぶつかってきましたが、カンタは落ち着いてフェイント小手で先取。ただ冷静さを取り戻した相手から面の逆襲を喰らい、試合は延長戦へ。IMG_2606.jpegいやぁ互角だなぁとハラハラしながら見ていた僕ですが、なんと本人は、途中から打ち合いが楽しくなってきてしまって、いつまでも続けたいとさえ思っていたのだと。でも最後は彼の方がいっぱいいっぱいなのが見え、それまでついてこれていなかった引き技で決めることにし、面で一旦押し込み引き胴を繰り出したら上手く入ってくれた、と。試合を支配でき、考えた通りに完璧に決められた、この日一番の内容だそう。確かに試合後の双方の蹲踞を見るとその差が垣間見えます。にしても、試合中にそんなことを考えているとは、恐るべし。



いよいよ準々決勝進出、1大会で5試合目をやるのは、過去最多タイ。前回は優勝した1年生大会で、この時は5試合目が決勝戦でしたが、今回はまだベスト8。でも、ここを勝てば県大会。ただし前に立ちはだかるのはいずれも「四天王」となる見込みの厳しい道。準々決勝からは、全コート一斉スタートとなるため、カンタも僕も少し呼吸を整えることができました。対戦相手は、体格的にはカンタより一回り大きく、打ちは強い反面、居つく瞬間があり、そこを取られるシーンを何度か見ています。なので力を出し切れば勝てない相手ではない、そんな確認をしました。後輩達はもちろん、保護者の皆さん、小学校時代の剣友会仲間やそのお母さん達、そして仲の良いライバル達までが応援に集まって下さる中、試合開始。一度は引き面が決まったかに見えたものの、旗は1本しか上がらず、互角の戦いのまま2分が過ぎた時、相手のフェイント面を喰らってしまいました。その後は上手く守りに入った相手を打ち崩すことできず、残念ながらそこまで。


IMG_2610.jpegすごく悔しいけれど、打ちの正確性に差があった、またハードルがはっきりしたのでそれを越えられるよう頑張りたい、というのがカンタの弁。力の差は紙一重ながら、これまでの実績の差、つまりは大会でいつも上位で戦っている選手との経験値の差があったと思うのが父である僕の感想。ベスト8で敢闘賞、まぁ、よくやったよ。


ところで、カンタ達は春に顧問の先生が変わって以来、チームでお揃いの手拭いを持っていないので、そこに認める言葉を考えているそうです。で、カンタとしてはこれにしたい、というのを見つけたと。これから部のみんなの賛同を得ていかねばなりませんが、それがこの記事の前編の冒頭にあげた「志士仁人」。意味は、志があるだけでよしとせず、人徳も備えた立派な人。それを目指しながら来年の夏の総体で県大会に進めるように頑張るそうです。












にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!








Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0