04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

端午の節句に、鎧兜を釣ろう 

5月5日、カンタと一緒に、船釣りをしてきました。お世話になったのは船橋の船宿「内木丸」さん。応対が良く息子と一緒でも安心だし、家からもそう遠くないしでお気に入りです。この日は午後からホゴ、つまりカサゴ狙いで出船するのがわかり、こちらに。今回で3回目の利用。


IMG_7117.jpgカサゴは、江戸時代にはその鎧兜を思わせる無骨な姿から端午の節句の祝魚だったそうです。僕の息子達はもう、子供の日を祝うような歳でもなくなってしまいましたが、せっかくのこの日に狙うならやはりカサゴでしょう。僕が好きな根魚のうち、最も美味なもののひとつですし、それに群れで泳ぐアジ狙いだと昨秋の船釣りのように釣れ過ぎてしまう恐れがあるし。


「内木丸」さんでのカサゴ釣りは2回目。前回は1年半前、やはり午後の半日船で、釣果はカサゴ13匹とその他の魚で計19匹でしたが、カンタに初めて根魚の強い引きを体験させたることができた日でもありました。それを踏まえて今回立てた僕達の目標は、2人合わせて30匹。それくらい釣れれば、いくら魚好きの我が家でも2日間カサゴ三昧が楽しめますし、捌くのもなんとななるかな、と。


IMG_7084.jpgIMG_7075.jpg午後3時半、「内木丸」さんの良さの一つ、実によくわかる釣り方のレクチャーを受けた後、柏餅を頬張って出航。天気は良いものの風強く波荒く、船室でじっと耐えて50分。船は羽田空港の沖に飛び出た第4滑走路縁の波消しブロック帯へ。少しここでやってみましょう、という合図で僕もカンタも釣り糸を垂らせば、すぐに反応があり、18〜20cmクラスのカサゴが小気味よく上がります。すぐ目の前を離着陸するジェット機を眺める余裕もないほど。うん、これは楽しい。


IMG_7094.jpgただし根がかりがひどくて、仕掛けも重りもどんどん失い、追加購入していくことに。う~ん、ブラクリ仕掛けをもってくるべきだったか?特にカンタはかかった魚に潜られてしまうことが続き、その反省から重りを浮かせ気味になるために釣れなくなるように。と、船のお兄さんが、横についてくれてもう1度レクチャー。すると途端に大きな魚が。まるで魔法のようです。教えるのが実にお上手。その後、カンタがお祭りしてもすぐにとんできて丁寧にフォローしてくれるし、さらには糸の結び方まで教えてくれるしで、おかげで僕は自分の釣りにある程度集中できました。そうして餌を船で配られたゴリとアオイソメから持参した塩鯖に替えてみたところ、それまでにない強烈な引き。自己ベスト更新の28cmのカサゴ。もちろん嬉しかったものの、尺越えだったら特製ステッカーがもらえたのが残念!


IMG_7102.jpgそんな具合に釣りを楽しむこと4時間余り。結局船は滑走路そばをほとんど動かず、休む間もなく釣り続けた結果、僕がカサゴばかり34匹、カンタが黒メバル3匹含む27匹の計61匹の釣果。IMG_7113.jpgIMG_7100.jpg平均サイズは18cmくらいでした。目標の倍の釣果には大満足で嬉しかった反面、こんなにたくさんどうするんだ...。船中一番の方は85匹も釣りあげたそうですが、波の激しい日だったので、少なかった方もおられました。なのでカンタの27匹はたいしたものです。


IMG_7129.jpgIMG_7136.jpg翌日、2人で必死に捌き、両親やご近所にお裾分けした後、45匹を調理しました。もちろん特大サイズは姿造りにする傍、平均サイズは煮つけと炊き込みご飯に、小さいものは唐揚げと味噌汁にしましたが、流石カサゴ、どれもこれも旨い。プリプリのゼラチン分と旨味成分イノシン酸が豊富な上、癖のない白身なので、どんな料理にしても美味しくできるのがこの魚の良さ。お弁当にも塩焼きにして炊き込みご飯と入れたり、未々乃介にも分けてあげたりしましたが、それでも2日間では到底食べきれず、一部は冷凍庫へ。そして刺だらけのいかついカサゴを捌き続けて指はボロボロ、体はクタクタになりました。


カンタよ、君がもう子供でないのはよくわかった、次はもっと大きな魚を釣りに行こう。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

渚へ行こう、蟹釣り行こう 

今月20日で当ブログは10周年を迎えました。いつもいらして下さる皆様、どうもありがとうございます。


長男ショーゴが小学生となったのを機に、父は子育てを通じてこんなことを考えていたということを残しておきたいと、月に2、3度くらいの頻度で細々と綴ってきたブログですが、10年続くとは。ショーゴは高校2年生に、そして幼稚園にも入っていなかったカンタは中学生になってしまいました。さらに、仕事場は変わるわ父子家庭となるわと、当時全くイメージしていなかった生活をしています。でも自分の興味あることや価値観はあまり変わっていないような。


最初に書いたのは「道ばたにフレンチ食材発見」という記事でした。以来、毎年この季節にはアミガサタケのことを書いています。IMG_6920.jpg今年も当然そうなるはずが、3月の少雨が響いたのか成田市近郊では大不作で、3週間前に10本程を見つけただけ。アミガサタケの後に出てくるはずのウメハルシメジも、今のところ姿を見せず。先週は去年新しく見つけた茨城県鹿嶋市のポイントに出向いたものの、こちらも写真の1本を見つけただけ。IMG_6923.jpg隠れて生えている雰囲気もとてもないので早々に諦め、代わりに何かおいしい食材は確保できないかと調べたら、鹿島灘では砂浜からの投げ釣りで蟹が獲れるとわかり、釣竿とカニ網を持って海へ。


狙うのはヒラツメガニというワタリガニの一種。砂浜に潜んでいる蟹で、海釣りをしている時にも釣れることがよくあります。成田の魚市場でも丸ガニという名で売られていることがある美味しい蟹。それを専門に狙う方法があることを知り、やってみたという次第です。


IMG_6953 (1)IMG_6950.jpgIMG_6946.jpg釣りといっても全く難しいところはなく、釣り竿の先に売られているカニ網をつけ、その中に餌を入れて投げるだけ。餌はカニが食いつくものならなんでも良いようで、僕はスーパーで見切り品になっていたイワシを2匹丸ごと使いました。一つだけコツがあるとすれば、できたら離岸流に乗せて仕掛けを沖に流した方が良いということくらい。あとは投げ込んで30分くらい待って巻いてくると網にカニが絡まってついてくる、という簡単な流れで、待っている間は昼寝しててもOK。果たして釣りと呼べるのかどうか。


初夏の青空の下、鹿島灘の広い渚はこれ以上ないほど気持ちよく、気づけばズボンを捲り上げて膝まで海に浸かりながら投げていました。ハマグリの潮干狩りをしている人もちらほらといましたが、今年から鹿島灘は指定された場所以外は採取禁止に。一応僕も見よう見まねで足の裏で波打際を掘ってみると小粒のハマグリが。チョウセンハマグリ、という鹿島灘が誇る大きな貝で、チョウセンは汀線と書き、波打ち際つまり渚のこと。大きな貝殻はたくさん落ちているのですが、天然の生きたハマグリを見つけたのは初めてだったのでとても嬉しい。ですがやっぱりルールには従いたいし、幼い貝でもあったので、海へ返してやりました。僕が獲りにきたのはあくまで蟹だし。


IMG_6934.jpgIMG_6936.jpg3時間の間、餌は全く入れ替えることなく投げては巻いてを繰り返すこと7、8回。空振りの時もありましたが、一度に4匹もついていることもありました。確保したのは10匹、想像以上の収穫で、これはやみつきになりそう。そうそう、最も難しいのはカニを網から外すことかも。なかなか外せず調べたら、お尻の方から抜いていくのが良いとわかりましたが、それを知らなければ蟹の抵抗に血まみれになっていたことでしょう。


IMG_6942.jpg蟹汁にして戴きましたが、こんなに旨いものがこんなに簡単に手に入るとは。アミガサタケに匹敵する手軽さですが、むしろちょっと手持ち無沙汰でもあるので、次やる時は同時に魚釣りもしようかな、と。震災前に外房でよくやっていたイシモチ釣りもできそうです。


身近に潜んでいる食材を、見つけてきて美味しく食す喜びは、やはり10年経っても変わらない...。こんなブログですが、皆様、今後もどうぞよろしくお願いいたします。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!








Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

さよなら、玉造剣友会 

カンタが6年間お世話になった成田市の剣道クラブ、玉造剣友会。小学校卒業で一旦の区切り、2週にわたって盛大に送別をしていただきました。


IMG_6524.jpg最後の稽古は卒業式明けの週末2日間。初日には、剣友会初の試み、親子による下剋上対決が。普段稽古を見学しているだけのお母さん方が子供達と相まみえるこの企画。我が子の成長や大変さを体感するため、あるいは、彼らの消極的な気持ちに喝を入れるため、竹刀を握るのも初めてというお母さん含め予想以上の多数の方がエントリー。しかもどこで調達したのか、道着を纏い、道具一式も貸し回しする真剣な姿に、子供達も驚き、あるいはびびって泣き出すなど、大変盛り上がりました。


フレーム-03-04-2018-06-25-46そのトリを務めたのが、我が家。カンタは強くなったとはいえ、僕だって一応初段。去年夏の稽古ではまだ僕に分がある感じでした。みんなの前で負けたくなく、密かに彼の試合の動画で研究。近づいたらやられる、遠間から打つ小手にチャンスと分析、今まで使ってきたのより1寸長い3尺9寸の竹刀を入手、夜、素振りを繰り返し、熱い心をもって臨んだのですが…。小手に飛び込んだ瞬間、カンタの竹刀が視界から消えると共に頭の真ん中に何かが当たった感触があり、周りがドッと沸いたことで敗北を知ったという、なんとも情けない惨敗。あんなにも強いのか。いや、僕が弱いのか…。


フレーム-03-04-2018-06-23-18翌日は、5年生4人全員が相手の総がかり戦を。5年生達には、試合が連続するのを利用しフラフラにしてから決めろと僕の敵討ちをお願いしたものの、カンタはそんなことはものともせず躍動、3勝1分け、とられたのは面1本だけでした。IMG_6531.jpg4人はキリが悪いからと5人目に6段の加田先生が小太刀で参戦も、延長で見事勝利。お母さん方と後輩達から惜しみない拍手をいただき、有終の美を飾りました(サイゴハ、センセイノヤサシサ!)。みんな去年の自分より上手、お互いライバルとして高め合え、後輩やお母さん方が見ててくれるから、ますます腕を上げるはず、そしてちびっこ達は彼らがいいお手本になるから、これから玉造剣友会は間違いなく強くなる、とはカンタの総括。僕もそう思います。


B9E2A951-FDB8-4BA6-8D2D-D6517E9F89FD.jpgIMG_0838_20180403200853ef0.jpgさらに、次の週にはさよならパーティーを開いて下さいました。その日はたまたま、6年前に剣道を始めた日でした(右の写真)。サムライに憧れ、家で切腹の練習までしつつ、道場にはミニカー持参だったあの幼子が、沢山の温かい祝辞とプレゼントに囲まれ、きちんとご挨拶ができるようになった姿に、僕は感無量でした。いつも初戦敗退と弱く、くじけそうになっていたこともある彼がここまで成長できたのは、IMG_3233 (1)いつだって真剣に先生方の話を聞き、考えて工夫して、自分にできることはどんどんやろうとした本人の取り組み方が素晴らしかったからなのはもちろんですが、同時に、背中を追いかけてくれる後輩達と、温かく見守ってくれる方々がいてくれたからこそ。心技体、すべてを豊かに育んでいただいた玉造剣友会の皆さんに感謝です。来年は是非団体戦で表彰台に上がって欲しい!そして、カンタも僕も、時間ができた時は、稽古に混ぜて下さいね。

IMG_6645.jpg












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

君はみんなのために、みんなは君のために 

カンタが小学校を卒業しました。


IMG_6406.jpg4年前の兄ショーゴの時も、ついこないだ入学したばかりだったのに、と感慨深いものがありました。子育て中に迎える節目は、えてして下の子の時の方が落ち着いて受け止められるものだと思うのですが、片親として出席した今回は、驚きと嬉しさ、そして少しの寂しさに加えて、感謝の思いも強く、前夜はあまり寝られませんでした。


苦労させてしまった6年間でした。低学年で離婚騒動が起き、3年生の終わりには母親は不在に。ショーゴの時に比べ一緒に遊ぶ時間は少なく、反面、やってもらうことが多かった。放課後、友達と家を行き来することはできず、代わりに洗濯物をしまい、夕飯の準備、そして恐らく自習。朝も僕と共に早起きして食卓を整えてくれるのは彼。甘えたい盛りに甘えることができない環境、なのにちゃんと育った、たいした奴だ。


IMG_6390 (2)粛々として行われた式の最中はそんな感慨に耽っているだけでしたが、式後、教室でカーネーションと共に渡された手紙を読んだら...感極まりました。「生活の変化があって、誰かのために行動することが多くなった、毎日続けるうちに少しは考えて動けるようになったし、たくさんの人が支えてくれているのがわかった、お父さんが教えてくれた」と。


IMG_6441.jpg6年前、兄にまとわりつくようにして嬉しそうに学校に行きだしたカンタは、今年、ご近所さん達に頼まれて、1年生4人を引き連れての登校でした。IMG_6393.jpg卒業前日にお母さん方が写してくださった写真には、今度はカンタが可愛い弟分にまとわりつかれている姿が。みんなにプレゼントやお手紙(ラブレター?)もいただいたようです。一緒に行くのは最初だけだと思っていたから大変だったけれど、やり続けて良かったよ、と嬉しそうに話してくれました。


IMG_5363.jpgIMG_6382.jpg担任になって下さった先生方は異口同音に、何も言うことありません、むしろいつもこちらを助けてくれて、クラスの運営上いないと困る存在です、心配しなくて大丈夫ですよ、と僕を励ましてくれていました。入学直後には、学校の壁に友達と大きく落書きをして呼び出しも食らったヤンチャ坊主だったのですが。勉強もちゃんとできるみたいで、最後の通知表はショーゴまでがお前やるなぁ!と驚く内容でした。彼はいったい、いつどんな風に勉強してるんでしょう。音読は聞いてあげていますが、それ以外は彼任せで、ほとんど見てあげられていません。


剣道での大将も立派に務め後輩達に慕われているのは、前回書きましたが、その後1人のお母さんからいただいたメッセージには、4年生の息子さんが「真面目で強くて優しくて偉ぶらない、すげー立派な人!俺もああなりたい」といつも口にしている、と。


IMG_5249.jpgお父さんが君に直接してあげられることは他のご家庭に比べどうしても限られる、周りの人に助けていただくことも多くなる、その分、自分にできることは積極的にやりなさい、家の中でも外でも、他の人のことを考えて行動しなさい、君がみんなの役に立とうとすれば、君が困った時にみんなも君を快く助けてくれるから、と教えましたが、ここまでできるようになるとは。彼自身の気づきや努力が大きかったと思います。もしかしたら、子育ては、本人が成長しようとするのを邪魔しない、それに尽きるのかもしれない、そんなことを教えられました。


そして、カンタの言う通り、本当に周りの皆さんに恵まれています、感謝、感謝です。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

いい背中を見せてくれた 〜後編〜 

昼食を挟んで行われる個人戦。調子はかなり良いようだからひょっとするのでは、とまたまた夢を見てしまいました。若いお兄さん先生は、あの剣道ができればベスト4は余裕である、などとおっしゃったし。兄ショーゴは4年前のこの大会、3回戦敗退。彼より数段強くなっているカンタには、そこは突破させてやりたい。が、3回戦で当たるのは成田選抜の有名剣士...。


フレーム-26-02-2018-09-30-55フレーム-26-02-2018-09-31-08フレーム-26-02-2018-09-32-08フレーム-26-02-2018-09-39-35ところが、それ以前に1回戦もなかなかの相手でした。少しかたさも見られてなかなか技が出ず、やっと面をとった途端すぐに取り返され、ハラハラドキドキ。カンタはやっぱりクジ運が悪い、どうしてこう毎回最初から強い子と、などと弱気にもなりましたが、最後は綺麗に面を決めての1本勝ちでした。それで余裕が生まれたのか、休むことなく次の対戦相手が決まる試合もよく観察し、臨んだ2回戦は、綺麗な面を2つ決めての快勝でした。特にその2本目は立ち合いから相手を崩すことなく打ち込んでとった面。その速さ、鋭さは過去見たことがないもの。動画をスローで再生しても、打突の瞬間は竹刀が消えてしまって切り取れません。この試合は、間違いなく彼のこれまでのベストバウト。


そして3回戦。さすが名の知られた少年で、予想通り苦戦、いい打ちはあったけれども、やっぱり相手の方が上で、1本負け。最後の大会はベスト16、兄と同じ結果に終わりました。まぁ仮に運良くここを勝っていても次は優勝者だったので、やっぱり厳しかったのではないかと思います。ただ、1大会で2回も勝ったのは初めて。良い技がたくさん出たし、何より本人が、自分の力は出し切れた、楽しかった、と清々しく語ってくれたので充分でしょう。先生にも、大将として立派だった、考えて工夫をして努力をして、みんなにいい背中を見せてくれた、なんておっしゃっていただきました。お世話になる中学校の剣道部の先生方のところへ突撃し、自らご挨拶もできました。去年の春に立てた、今までで一番強い大将になる、という目標には届いたのかどうかはわかりません。ただ、僕としても立派な大将になれたとは誉めてあげて良いのでは、と。


IMG_6310.jpg職場の剣の達人にも動画をお見せしたら、とても綺麗な剣道をしている、小手は鮮やかに決まったけれど、素晴らしいのは大きく速く真っ直ぐな面の方、目先の勝ちに囚われない良い指導者に恵まれましたね、この剣道を磨いていったら、将来、凄い剣士になるかもしれない、なんて言ってもらいました。ならばこの先も、剣道を、あるいは剣道で、学び続けていって欲しいなぁ。お父さんは全力でサポートするから。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0