fc2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

5年ぶりのヒメオオクワガタ採集 

先々週の日曜、上信越のブナ帯にヒメオオクワガタ採集に行ってきました。IMG_2178 (1)実に5年ぶり。大好きな夏を見送る、僕にとっては大事な恒例行事だったのが、都合がつかなかった2年、その後コロナ禍で見送った2年。今年もなんとなく無理かなぁと思っていましたが、突如、20年来の友人からのお誘いメールが来て、はいと即答しました。当初は9月最初の週末にする予定が、天気が悪く、その翌週に。


IMG_2190 (1)5年ぶりに会えた友は、定年までまだ少し残しながら教員生活を終えていました。このコロナ禍で校長先生になったことに苦しんだのかと勝手に想像していたものの、そうではなく、父君が亡くなったのがきっかけだったそう。自分の人生の残り時間を考えたら、やりたいことにはできるだけ早くにたっぷり取り掛かりたい、と思ったのだとか。なるほど、それでヒメオオクワガタ採集に誘ってくれたわけか。


天気は晴れ、気温は暑くも寒くもなく絶好。いつもより10日ほど遅いけれど、まだエゾゼミの鳴き声も聴こえるし、たくさん採れそうな予感。彼は10数年ぶりにクワガタ飼育も再開したというので、是非持ち帰ってもらい、難易度の極めて高いヒメオオの累代飼育にも挑戦して欲しいなぁ、と思う一方、久々のブナ帯は目にも心にも気持ちよく、最初はただ歩くだけでも満足できる感じでした。が、もちろん段々と欲が出てきて、真剣にルッキングしていきますが、全く見つかりません。そもそも5年前までに比べて、一番虫が集まるタチヤナギの木が少ない。伐られてしまった?いやいやわざわざこんな山奥でヤナギだけを伐採するメリットが誰にもない。ということは自然に消滅したのかも。他に、ブナの幼木やダケカンバ、ヤマブドウでも見つけたことあるし、前回はガマズミの樹で採集したので、それらにも目を凝らすも、空振り。IMG_2181 (1)IMG_2183 (1)そもそもヒメオオクワガタが樹液を舐めるのに齧った跡さえとても少ない。時期のせい?樹のせい?それとも採集圧のせい?色んな疑問を抱えながら片道10キロ。ようやく1匹発見した(左の写真中央の枝の分かれ目にいます)のは、一瞬コクワガタに見えた28mmの最小クラスの♀。IMG_2198 (1)ペアではなく♀単独で見つかるのも珍しい。ただその後も全くダメで、結局この1匹だけ。結果だけ見れば、20キロ、30000歩以上歩いて過去最低の惨敗でした。他の虫もこれといったものは、アサギマダラを見かけたくらい。


でも、8月はコロナで家に閉じこもっていたし、まだやや呼吸が辛い時もある中、気のおけない仲間との虫採りはとても楽しかった。IMG_2209.jpeg僕は彼とは10近く歳が離れていますが、いつもながら自分の子育てについて太鼓判を押してもらったし、先々の人生について示唆に富む話もしてもらえました。思えば初めて会った時はお互い30代と20代。人生はまだ折り返していなかった。でももうすぐ僕も50歳。やりたいと思ったことは積極的にやっていかないと後悔するかもなぁ。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!
スポンサーサイト



Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

外道とは 

コロナの隔離期間が明け、やっと外に出られるようになった2週間前の週末。でも喉の違和感はまだあって時に咳き込み息が苦しくなるので、剣道は自重しました。代わりに外で太陽を浴びて汗をかこうと、昨年秋以来の海釣りを。遠出はしたくなかったので、去年ウシノシタを釣った我が家からいちばん近い海、外房栗山川の河口に行ってみました。14時半過ぎ、アオイソメ300円分だけ持って釣り場着。潮が動かない小潮のためか、釣り人はポツリポツリとしかいませんでした。長竿にはカレイ用の小さめの針をつけて置き竿に、短竿には胴付き3本針をつけて手持ちにして釣り開始。


IMG_1986.jpeg予想通り全くあたりなく1時間ほど経過。潮回りの悪さからイシモチは期待しておらず、狙っていたのはもちろん他の釣り人からしたら外道のウシノシタ。ダメでもハゼやカニが遊んでくれるだろう、とイメージしていましたが、その気配さえありません。つまらないなぁ、坊主かなぁと思い出した16時、足元でグググっと。ウシノシタ来たっと思ったら、メゴチでした。20cm近くとやたら大きく結構引いたので、メゴチも結構パワーあるね、なかなかいいね、と。メゴチなら毎日泳ぎながらいくらでも釣れる愛媛に帰省しなくなって3回目の夏。この感触も久々だもんなぁ。


IMG_1987.jpeg群れているはずと周囲を探るも、その後は釣れたのが嘘のように全く反応なし。しばらくして諦め、川のど真ん中に投げてみたら、コツコツと。陽も傾き始めたので、いよいよその時が来たのかな、と胸躍らせて合わせたらウシノシタよりも軽く、でも素早い動きの獲物が。あれ、イシモチかな、と思ったらチヌの幼魚チンチン。またまた外道ながら、引きの良さは本命以上に楽しませてくれたくらい。


IMG_1993.jpeg夕まずめになり期待が大きくなりますが、でもやっぱり竿先には何の変化もなく。長竿も餌がいつまでもついたまま。気づけば釣り人もほとんどいなくなり、これは釣れないサインだよなぁと諦めモードに。暇なので魚を捌いてしまったくらい。残りの餌も少なくなってきたし、ライトを持ってくるのも忘れたので、これで最後と心に決めて一投。ところがすぐに小さいながら待望のあたりが。IMG_1991.jpegウシノシタかなハゼかな、今日最後のこの感触、大いに楽しもうと思ったその時、ギュンという予想以上の強い引き。これはまた本命じゃないぞと慌てて巻き上げてみたらなんとマゴチ、24cm。え、マゴチってイソメにも食ってくるんだ、知らなかった。で、よくよく見たら、最初に釣ったメゴチもマゴチじゃないの!道理で引きが強かったわけだ。


結局それが最後の獲物で納竿。本命のウシノシタは釣れずじまいも、マゴチ2匹にチンチン1匹。魚の格からしたら本命と外道がむしろ逆、というなんとも楽しい釣りになりました。今度は行く時はマゴチ狙いだなぁ。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

無念の罹患 

8月9日火曜日、ついに我が家にも新型コロナがやってきました。


IMG_1964.jpeg前週、大学の体育会テニス部の合宿に参加したショーゴ。出発前には全員の陰性を確認していたにも関わらず、6日土曜日の解散時に体調を崩した部員がいたという報告を受け、念のため家の中で隔離。ところがその後月曜日まで、PCRでも抗原検査でも複数回陰性だったことから、警戒を徐々に緩めてしまったのがいけなかった。火曜日の朝、発熱したショーゴ。慌てて徹底対策するも時すでに遅く、その日の夜には僕も発熱。カンタは元嫁の家に疎開させ、元気でいましたが、結局金曜日には発熱し帰宅。一家全滅。


ショーゴと僕が発熱したその日から近所の頼れるかかりつけ医が夏休みに入るという最悪のタイミングでした。幸い、剣道仲間の勤務先でとりあえず一番危険度が高い僕だけ診察していただけ、陽性診断。もっともそれがなくても新型コロナに罹患したのは明らかでした。3人共、食も運動も睡眠も充足、免疫力を高く維持しており、ちょっとやそっとでは体調を崩さないはずでしたから。IMG_1973.jpeg症状も似ていて、喉の激しい痛みと38℃の熱、頭痛と関節痛による倦怠感でした。僕が処方された薬は、解熱鎮痛剤と漢方薬3日分。お世辞にも効いたとは言い難い。また子供達は診察も受けず終いでしたが、薬の差し入れもいただき、それらを服用しながら療養。息子達は熱は2日で引き、その後は喉の違和感だけがしぶとく残っているようですが、僕は解熱まで5日を要し、喉の炎症と咳、それにより酷くなる全身の関節痛に悩まされています。治まり方の違いに歳を感じました。


IMG_1972.jpegショーゴが発熱した日に買い溜めしておいたのと、複数の方からのありがたい差し入れがあり、食べ物・飲み物には困りませんでした。むしろヨーグルトやゼリーはコンビニ並みに充実し、食べ切れるのか不安になるほど。最初は食欲もなかったし。普段あまり頼らないレトルトはじめ長期保存用の食料品だけでも案外なんとかなるものだと知りましたが、やはり買い物しないで済ます食事は、1週間を超えるとどうしても寂しくなってくるもの。しかも毎日3食、3人分を揃えねばならず。全員が罹患者なので気兼ねなく顔を合わせて食事できますが、皆閉じこもっているので新たな話題もなく。


先週末は本当は、僕もカンタも剣道三段昇段審査でした。二段になったのは去年の夏でしたが、1年越しの開催故に二段昇段が一昨年の夏扱いになるため、受審資格が生じたのでした。もう少し先でもいいかなとも思いつつ、カンタに先を越されたくもなく、申し込んでいました。やると決めたからにはなんとか合格したく、稽古に励みそれなりに手応えを持っていたのですが...。あと不安なのはコロナ感染だけというところまで仕上がっていたのに、まさか本当に感染して欠席せざるを得なくなるとは残念無念。また、こんなことなら大好きな夏の自由な時間、無理に剣道稽古に割かなくてもよかった、という後悔も。


コロナ禍での3回目の夏。四国で毎日太陽に焦がされながら大いに遊ぶ、という、以前は当たり前だった幸せな夏には今年も遠く...。過ぎゆく真夏を咳込みながら眺めているだけの、隔離期間の10日間。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

子育て最終章、福岡で始まる 

福岡での高校剣道全国大会「玉竜旗」に、カンタ達の剣道部6人参戦。僕も引率者として前日と初日の2日間だけ帯同してきました。参加までの経緯はこちらに。


大会前日は、成田在住ならではの早朝フライトでの移動後、顧問の先生のご縁で、全国でもトップレベルの福岡県で五指に入る福岡J葉高校、熊本県ベスト8のS岳館高校と練習試合。フレーム-31-07-2022-01-46-38剣道王国九州の、しかも有名校にお手合わせいただくチャンスなんてまたとない機会。カンタは本番よりも楽しみなくらいと鼻息荒く、実際、一本とったり引き分けたりと、胸を借りただけでワンランク上がったような良いパフォーマンスを見せました。回数を重ねるに連れ、技術も気持ちも通用しなくなってはいきましたが、これは翌日の1回戦の対戦相手、岡山県のS大寺高校にもひと泡吹かせるのでは、と期待が。


ところが、S大寺高校はなんと棄権。IMG_1898 (1)IMG_1841.jpeg事前の調査で、岡山の県大会で上位の強い3年生が3人おり、対戦を楽しみにしていたのですが。ここが彼らの引退の舞台だったはず。かわいそうに。大会初日は不戦勝の儀式をし、控え場で軽く稽古(左写真)、そして昼まで試合観戦。太宰府その後、僕はみんなと、博多ラーメンに舌鼓を打ち太宰府観光まで同行し、ひと足先に成田へ帰宅。福岡まで遠征して、本番を見ずに帰ることになったのはなんとも僕らしい。だってさ、実力はたぶん一番下、まさか1回戦勝ち上がるなんて思ってなかったんだもの。


明くる日の2回戦、北海道王者のS日大高校戦は、動画配信で観戦。結果は、先鋒1人に5人抜きをされてしまう大惨敗でした。フレーム-31-07-2022-01-19-26いくら強い相手とはいえ、中堅のカンタにはなんとかして欲しかったですが、止めるどころか面を2本喰らってしまい、見せ場はほぼなし、かろうじて突きが惜しかったくらい(写真は公式動画より)。もてる力を全然出せてない、と先生の厳しいお言葉。チームとしては、副将の1年生があと2秒というところで取られてしまったのが実にもったいなかった。もっとも、そんな強いS日大高校を、練習のお相手をしてくださった福岡J葉高校は粉砕、最終的にベスト16。出場455校中ですから、なんたる強さ。


負けたのは仕方がないけれど、技術以前に心構えに全国レベルとは差がありました。IMG_1921.jpeg先生はじめ周囲のサポートを無にしかねない準備上の失態を、それも3つも。先生、大噴火すること2回。僕が被災したのは1回目だけですが、近くにいた、桜島で慣れてるはずの鹿児島の生徒達が思わず仰反るくらい、轟音が響き、噴煙が高く噴き上がり...。その耳目を集める激怒ぶりに、先生久しぶり、相変わらずだねー、なんて話しかけてくる先生もおられるほど。もう1回は2回戦の試合後。僕も動画中継で見てそのやらかしに気づき、IMG_1849 (1)これは雷落ちるのではと思いましたが、試合後やはりこっぴどく叱られたようです。そりゃそうだよな。先生も僕ら保護者も、あれだけ準備の大切さを説いてきたのに、できていないんだもの。僕なんか、僅かな滞在時間に確実に旨いものにありつくため、どれほど友達を頼って支度したことか!


結果はコントロールできないけれど、取り組み方や準備といったプロセスは自分次第でいかようにもなる、その結果、心の有り様も自ずと定まる。また来年も参加したければ、この先1年、この経験を消化吸収して精進するところを僕達保護者に見せて欲しいなぁ、それなしに次はないぞ。


...父ちゃんは、実は密かに再参戦する気持ち満々ですが、悟られないように努めねば。僕の子育て最終章、2ページ目へ。







にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

Tag: 玉竜旗 
tb 0 : cm 2   

ノコノコ、ミヤマクワガタ 

6月中に梅雨明けという前代未聞の天候不順の夏。都合がつく週末の休みはことごとく晴れ、ミヤマクワガタを採りに那珂川流域の僕のフィールドに行くこと既に4回。


IMG_1348.jpeg先月初めに1人で行った時はまだ早すぎ、コクワガタ以外は全く見られませんでした。ニガイチゴを少し摘んだだけのドライブに終わりましたが、1人時間を解放感いっぱいに堪能でき、それはそれで楽しかった。



IMG_1522.jpegIMG_1525.jpeg梅雨の明けた6月末は、友達とその子も連れての短時間でしたが、35℃の暑さで乾燥もしているからかノコギリクワガタばかり。ラズベリーもクサイチゴが鈴なりになっていて収穫するも、太陽が強すぎて発酵しかけており、美味しくいただくことはできず。


IMG_1628.jpeg雨が多少降るようになった10日は、やっと姿を見つけたものの、入りやすい林には先行者が。僕もまたまた友達の子連れで、長時間クワガタ採集に明け暮れるわけにもいかないこともあり、ミヤマクワガタは小さい♂3、♀1のみ。甥っ子用に持ち帰り。


で、一昨日の3連休最終日。カンタの剣道部アテンドの予定がキャンセルとなり、急遽行くことに。彼も誘うも乗ってきてくれず、1人での虫採り。先週でさえ同業者がいたくらいだし、連休で既に夏休みモード、キャンプ帰りの家族連れも多いだろうし、苦戦するだろうなぁと思い、過去ライバルにお目にかかったことがない一番期待の林から入ってみましたが、ゴム鎚でトントンしたら必ず何かしら落ちてくる木々でも全く落ちてこない。IMG_1666.jpegああ、ここも採集者が入った後だったか、次行くかなぁ、にしてもここでミヤマを捕まえられないのは厳しいなぁ、と思ったその時、目の前のクヌギに上から下へノコノコ歩く大きなミヤマ♂が。しかもこちらがハッとしたら、ピタリと止まり、まるで写真を撮りたいなら撮れば、と言わんばかりのポーズ。僕の関東のフィールドでの年に数回の観察では、視界に入るミヤマクワガタを見ることはそんなに頻繁にあることではなく、1年に1度あればラッキーという位ですが、それもこうして樹液もないところに現れ、手を触れずに写真にまで収められるとは。とてもミステリアスな感動の出会い。


幸先は良かったものの、やはりそれ以降のポイントでは全くで、こうなれば絶対に人が入らない秘密基地に行くしかなく、息子達が同行してくれなくなってからは入らなくなった山の中へ。その小道には、雑草と竹が生えて、数メートル毎にジョロウグモの巣が張り巡らされていました。ということは、その日どころか何日か人が入っていないわけで、先にある雑木林には期待が持てましたが、汗をかきながら蜘蛛の巣にまみれながらはちょっときつかった。IMG_1687.jpegで、辿り着いた先はこれまた笹が薮となっていてそれを掻き分けつつゴム槌を振るうと、クワガタがポタポタと落ちてくる。が、落ちた虫はすぐに積もった落ち葉の中に消えてしまい、見つからない。1人では到底捕まえることができない藪の中のクワガタ採り、ああ、残念。捕まえたミヤマクワガタは♂3匹、♀1匹。こちらは僕が飼育するために連れて帰りました。


気楽に足の向くまま気の向くまま好きなように過ごせ、とてもいい汗をかきましたが、少し寂しかったなぁ。寂しいといえば、この一帯では毎年、次から次へと里山が刈られて丸裸にされています。IMG_1685.jpeg止せばいいのにまた何か新しいハードを作るのかなと疑っていましたが、そうではなく、10年前の原発事故の影響で依然としてセシウムが検出され、椎茸の原木や腐葉土の商品価値がなくなっているため、順々に伐採して一旦リセットしていくことにしたのだとか。クヌギやコナラは切り株から再生、20年もすれば立派な林に生まれ変わるとは思いますが、なんとも悲しい光景です。美しい木立が戻った頃、僕は孫連れて虫採りをするのかな?







にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

Tag: ミヤマクワガタ 
tb 0 : cm 0