FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

悠々自適な大型連休 

10連休は野球観戦、自分の剣道稽古、船釣り、海遊び...。日頃なかなかできないことを一通り楽しめました。

 
IMG_0844.jpg野球は10年以上ぶりに神宮球場のカープ戦に。大奮発して6000円のチケットで観戦も、ピッチャー陣がセットポジションなのに10個も四球を出すという醜態を晒したのはガッカリでしたが、屋外で生で見る野球はやはり良いものです。特にホームランのボールの軌道を追えるのは、スタジアム観戦ならでは。チケットの入手の難しさ、今の価格、それにもかかわらずの超満員にはとても驚きました。
 

剣道の稽古は2カ月ぶり。例によって左足裏と右足の親指に血豆ができ、痛い思いをしましたが、いい汗をかけました。もう1回行くつもりが、息子の方の錬成会が長引き、断念。次行けるのはいつだろう。

 
IMG_0886_20190512150041e2e.jpg船釣りは1年ぶりに船宿「内木丸」のホゴ釣りに。息子達はもうついてきてはくれず、友人と2人で、IMG_0931.jpg夕方から4時間程、羽田沖で飛行機を見ながら釣り糸を垂れました。天気もよく、中潮の海は凪ぎ、絶好の釣り日和でしたが、釣果はリリース含めても20匹とあまり数伸びず。型も20cmちょっとまでで大物は上がりませんでした。ただ、味は流石カサゴ、美味しかったぁ。

 
IMG_0903.jpgIMG_0909_2019051215004453c.jpg鹿嶋の海にも行きました。カサゴの内臓と、釣り餌を作る時に出た秋刀魚のあらを使ってヒラツメガニ釣り。久しぶりだったのでコツを掴むのに少し時間がかかりましたが、岸辺の横へ流れる潮の向こう側に落とすようにしてからは、コンスタントに水揚げ、3時間程で計14匹を採りました。IMG_0949.jpg何より人がいない大きな渚で、潮風に吹かれ、波の音を聴くのは気持ち良かった!カニは潰して味噌汁とトマトクリームパスタに。濃厚な蟹の旨味と香りが最高。ヒラツメガニは小さいので、このように砕いてソース状にしていただくのが一番だと思います。

 
IMG_0921.jpg他にはカンタの剣道錬成会見学、庭作業、普段手が届かないところの大掃除、と有意義に平和に過ごしましたが、その穏やかな休日に風穴を開けるような事件を起こしたのが三男坊の未々乃介。騒々しく、何か咥えて帰ってきたと思ったら、なんと赤ちゃん兎。彼に噛まれたのが致命傷となり、ほぼ息絶えた状態。IMG_0925.jpg生温かい身体にごめんねと声かけるしかなく...。息子達も動揺、哺乳類の死を間近で見たのは初めてだとか。庭に穴を掘って葬ってあげました。未々乃介は、自分には休暇なんて関係ない、毎日が戦いだ、とでも言いたげなドヤ顔でした。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!




スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

別れと出会いの春 

春は言わずもがな、別れと出会いの季節。


IMG_0518.jpgと言いつつ、以前の僕はそれを実感することが少なかったのですが、4年前の春に妻がいなくなったのを皮切りに、一昨年はショーゴの中学校卒業と高校入学、昨年はカンタの小学校卒業と中学校入学と、大きな変化が続いています。今年は平穏に春を迎えられる、とゆるりと構えていたのですが、なんと絶大な信頼を寄せていたカンタの剣道部の顧問の先生が退任に。赴任されてまだ2年だったので青天の霹靂の知らせでしたが、ご家庭の事情による先生の意思での異動だったので仕方ありません。


決して強くはなかったカンタを、1年で表彰台に引き上げてくれただけでなく、より一層の剣道好きにし、それを生きる上での軸のように据えて下さった素晴らしい先生。IMG_0552_201904232143380e2.jpg突然の別れに動揺したのは我が家だけではありません。急遽開かれた送別会には、保護者に卒業生まで集結、大将が号泣し別れの言葉に詰まってしまうと、一同ただただ涙。しかし先生は、毎日接することができなくなったというだけで、みんなとの関係はなんら変わらない、むしろ離れたことで見えることもある、引退までは厳しく面倒をみるし、そしてその先も一生付き合っていこう、と。


もう1人の顧問の若い先生は留任して下さりましたが、剣道のご経験がありません。なので、次に来る先生はどんな人だろう、とやきもき。新聞では新たに赴任される中に剣道の指導者は見当たらず、どうやら今いる中に経験者がおられるみたいだ、と。カンタにはどんな先生がいらしても、全てを完璧に教えられる人はいないし、逆に全く参考にならない、ということもない、結局は自分の学ぶ意思次第だ、と話す一方、指導経験のない先生だったことを想定してのシュミレーションはしました。稽古量が不足するなら古巣の玉造剣友会を頼ればよし、技術指導が心もとないのであれば、動画を今まで以上にこまめにとって、言葉で説明するのがうまい人達に聞く機会を増やせばよし、出稽古の相手探しが難しいのであれば、僕が汗かき見つけてくるのもよし、等々。


IMG_0768.jpgそうして不安と共に迎えた新年度。新しく顧問に就任されたのは30代後半の先生。去年までは他の部活動を担当も、実はバリバリの剣士で、見事な動きっぷり。でも指導は昔ながらの力任せではなく、今まで同様、対話を重視して下さる先生でした。どうも今までは、20歳近く上の剣道界の先輩の手前、鳴りを潜めていたようですが、その関係も良好のようで、みんなの今の剣道ぶりをまずは誉め、前任の先生にお会いした時には遠慮なく話しに行きなさい、ともおっしゃって下さり、子供達も親達も一安心。むしろそのイケメン青年剣士ぶりに、お母さん方のテンション上がり気味だったような。加えてカンタは担任もしていただくことに。嫌な先生が担任と部活顧問両方となったら辛いところですが、こんなに良い先生にずっと見てもらえるなんて、やっぱり彼は人に恵まれた男だなぁとつくづく思います。


そうして始まった剣道部2年目。あとはどんな後輩君達と出会えるのか?今のチームは先輩と2人だけ。団体戦はどんなに頑張っても人数不足で1回戦負けなので、とにかく3人入ってくれて、すぐに試合に出てもらえたらとてもありがたい。初心者でも丁寧に教えて、ひたすら守る剣道を総体までに身につけさせる、とカンタ。小学生の時から同級生のチームメイトがおらず、反面、歳下の面倒を見ることには長けている彼に、良い仲間ができますように。











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

正面に礼! 

カンタ、剣道でついに頂点に。IMG_0412.jpg17日にあった地域の1年生大会でのことですが、習い始めて7年で初めて到達した夢の優勝。内容も堂々たる試合運びで見事だった...らしいです。


IMG_1066 (1)というのも、僕は香港出張に向かう日で立ち会えず。団体と個人の両方にはエントリーできないルールで、多くの学校が優先する団体戦から漏れた選手だけの小ぢんまりとした大会です。なのでカンタの優勝もある、とは聞いていました。が、離陸間際に届いた対戦表には、出場者数39名、その中には先日の大会まで勝てなかった成田市選抜の2人をはじめ、強い剣士の名前が。何が何でも初優勝をと準備に余念がなかった本人ですが、僕は、負けたらなんと声がけしたらよいか、と悲観的に。ところが、5時間後到着と同時に結果を知ってからは、今度は取り乱してしまい、スマホ画面に張り付きながら香港国際空港を右往左往。勝手知ったる場所なのに出るのに1時間以上を要してしまいました。対照的に、本人は終始落ち着いていた、表彰式後まっすぐ保護者席に報告と応援のお礼に来てくれ、一同感激した、とも報告いただき...。


夜、FaceTimeで話した時も、嬉しさはあれど冷静でした。緊張はしなかった、最初は動きが悪く調子は良くないと感じていた、だから相手をじっくり見て最大の武器の面で勝負しようと落ち着いて構えられたし、試合を支配していけた、のだとか。初進出した決勝では、今まで経験のない「正面に礼」もすんなりできたし、沢山の視線が注がれている中でも、勝つことに集中できていた、と。表彰台で優勝者としてかけた号令、そこから見渡した景色は、やはり違った、気持ち良かったよ~と笑顔でしたが、同時に、団体戦には自分より強い人が3人はいた、自分はまだまだ、今度は彼らを倒したい、とも。父は、中学1年生の時、そんな心をもっていただろうか。


写真も動画もないので、以下は彼自身による振り返り(右の写真は、ここまで導いてくれた顧問の先生と)。


IMG_0528_201903290939223be.jpg初戦の2回戦は初心者っぽかったので、自分の調子を整えるようにゆっくり試合を運びながら面2本で勝利。3回戦は少し動けるようになってきたので面2本で瞬殺。そこまでは順調。


準々決勝では過去何度も苦杯を舐め、2月に初めて勝った成田選抜の剣士と対戦。延長にもつれ込んだけれど、少しずつ流れを引き寄せられ、相手に打つ手がなくなってきたのを感じていたので、全く焦ることなく、最後は綺麗に面で決着をつけたのだとか。


準決勝は、こちらもこないだ初勝利したカンタがリスペクトする市選抜選手。やはり相手も前回のような隙は見せないものの、カンタは攻略に自信をもっていたとかで、早い段階に狙い通りの引き面で1本をとり、そこからは防戦に徹し、勝ち上がったのだとか。彼曰く、思い描いた通りに勝てた、一番内容の良かった試合。


決勝戦の相手は初対戦で、この日の最長身選手。恐らく打ち勝ってきたんだろうなという速い打ちだったけれど、打ち合いでなら負けない自信があるのでじっくり戦った、延長になってそろそろと思った瞬間、中心が空き、引き面が綺麗に入ったのだと。5試合全て決まり手は面、組み立てた通り。




特に準々決勝と準決勝は、見ていない僕は未だに信じられませんが、前回の勝利がまぐれではないと証明できたと誇らしげ。ちなみに、準決勝で倒した選手は、表彰式後にわざわざおめでとうと、しかも笑顔で言いに来てくれたのだとか。こないだはあんなに悔しがっていたのに、今日は力負けですみたいなサバサバした感じで、やっぱり凄い人だよ、見習いたい、と。うん、お父さんも同感だ。たぶん彼とは今後良いライバルとして競い合えるね。


それ以上に僕が感銘を受けたのが、カンタの唯一の先輩がオフなのに防具を持って駆けつけてくれたこと。アップの相手の後は介添え役として側にいてくれ、その後は先生達に捕まってお手伝い要員となってしまったのに、優勝を自分のことのように喜んでくれたのだと。


IMG_0561_20190329093924a0c.jpg賞状は顧問の先生が額縁に入れて渡して下さりました。君は本当に周りの方に恵まれている。この後、目標にされる立場になっても、先生や先輩、ライバルのそんな心遣いがわかる剣士でいて欲しいなぁ。それを願って、正面に礼、皆さんに礼!











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

心と頭で好勝負 

先週末は「第39回富里市剣道大会」でした。IMG_0211.jpgカンタの出場は小学2年生から6年連続。もちろん中学生になってからは初めてですが、とても馴染みのある大会です。去年は小学生生活を締めくくるのに相応しい、彼なりのベストパフォーマンスを見せての3回戦止まりでしたが、今年は中学2年生に混ざってのエントリーで1つでも勝てれば御の字、というところ。しかも発表された個人戦の組み合わせでは仮に初戦を突破しても、2回戦は近くの中学で大将を務めている地域最強剣士の1人。秋に錬成会でお手合わせいただいた時には、瞬殺されています。


ただし、強い相手だとさらに燃えるのが最近のカンタ。豊富な稽古量のおかげで、ちょっとやそっとではビビらなくなってきたのは頼もしい。そして小学生の部もあるため、古巣の玉造剣友会の先生方、後輩とその親御さん達もいらっしゃいます。その方々に成長したところを見せたい、見せ場は作る、あわよくば一泡吹かせる、と意気込んでいました。そんな彼に僕は、スピードもパワーも技術も到底敵わないのだから、心と頭で勝負しようか、とアドヴァイス。


フレーム-03-03-2019-02-48-03フレーム-03-03-2019-02-47-41フレーム-03-03-2019-02-47-271回戦は運よく不戦勝となり、迎えたその戦い。剣友会の皆さんも見守ってくださる中、カンタはいつもとは違い、いきなり突っかかり気味に小手、面、体当たりと繰り出し、大柄な強敵を押し込み、崩しました。そこで雰囲気を作れたのが効いたのか、しばらくの間の打ち合いでも負けておらず、惜しい場面もチラホラと。しかも、見抜いていたという弱点を執拗に攻め、相手がイラつくシーンも。予想を覆してのほぼ互角の試合運びに惚れ惚れ。ただ、1分半が過ぎた時、カンタの小手をかいくぐった面が。やはりスピードに差がある、ああこれまでか、と思ったのですが...。


フレーム-03-03-2019-02-27-21フレーム-03-03-2019-02-27-47フレーム-03-03-2019-02-28-01フレーム-03-03-2019-02-28-54驚いたことに、2本目の立ち上がり、カンタの返し胴が炸裂。それはそれは鮮やかで見事な1本で、沸き起こる歓声と拍手。相手は強くて速い面頼みだからどこかで胴が狙えると意識していて、2本目の立合いの瞬間、ここだ、と反応したのだとか。フレーム-03-03-2019-02-51-05相手は、思いもよらず完璧に打たれたことで、しまったと思ったに違いありません。カンタもそれを感じ、これで下(胴)を意識して今度は上(面)に隙ができるはずと読んだそう。そこで、勝負の3本目の立合いでは、竹刀を抑えてまっすぐ面に(右写真)。とてもとても良い狙いでしたが、わずかに中心を外れ打ちも軽く、旗は上がらず、そこで決められなかったところで万事休す。態勢を立て直した相手に、一瞬止まったところを見事に面を決められ、延長まであと僅かのところで勝負が決しました。



もちろん、技も体もまだまだ大きな差があったのを実感したのですが、相手側の油断もあり、心と頭の戦いでは決して負けておらず、むしろ上回っていたからこその好勝負となった感じがします。後で色んな先生方からアドヴァイスをいただきましたが、同時に、中身の濃い良い内容だった、強くなったなぁ、と誉めてもいただき、本人は大きな手応えを、僕は彼の成長を、改めて感じた負けとなりました。先日の1年生大会では優勝者から1本とれませんでしたが、さらに強い上級生から奪った1本には、ここまでの鍛錬の成果と、この先の成長への期待がたっぷり詰まっていたような感じがします。












にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

小さな恩返し 

フレーム-05-02-2019-08-29-44先週末、成田近隣の中学1年生限定の剣道大会で、カンタがなんと3位に。苦節7年、ついに個人で初の表彰台に上がりました。


ここを1つの目標として稽古に打ち込み自信もつけてきたとはいえ、小学生の頃、カンタをいつも1、2回戦で粉砕してきた強い強い成田地区の選抜代表選手達も一堂に会します。カンタは楽しみで仕方がないようでしたが、僕は、良い勝負ができるようになったのではないかという思いと、またやられたらかける言葉がないなぁという思いが交錯していました。


発表された対戦表ではなぜか第3シードに。本人は、最近の2年生相手での奮闘が少しは認められたのかと喜んでいましたが、それはあくまで錬成会での話で、実績はないに等しい。まして初戦の2回戦に勝ち上がってくるだろう相手は、いきなり選抜剣士の1人、しかもカンタに剣道を続けるきっかけをくれたずばりその選手。小4秋の公式戦1回戦では30秒余りで完敗、その1年後小5の初戦でも当たってしまい、今度はなんと10秒、三太刀で瞬殺。親子共々心まで粉砕されたものです。IMG_0027 (1)6年生の秋に選抜チームの強化錬成会で数試合竹刀を交えるも、やはり全く勝てませんでした。ただし、その時まぐれの面1本が入ったのがちょっとだけ自信になり、そこからもっと強くなりたい、剣道を続けたい、という気持ちになった、そういう因縁があります。また、彼の勝負への熱さやチームを鼓舞する姿勢に影響受けたところ多く、リスペクトの気持ちもあるそうな。午前中の団体戦、同級生がいないカンタは1人での参戦故に1試合だけで終了するため、小学生時代同様に華々しく活躍する彼の姿を追いかけていましたが、僕に一言、相変わらず強いでも勝てる、と。そんな気もする、いやあっさり敗退もある、と揺れ動く僕。


午前中の団体戦で固さが目立っていたカンタは、自分でもそう感じたらしく、先輩にお願いし、昼休憩にいつものウォーミングアップよりも激しい地稽古を。大柄になってきたためか、体力には自信ある反面エンジンのかかりが遅いのを、あらかじめ激しく体を動かすことでカバーすることに。フレーム-03-02-2019-01-39-30フレーム-03-02-2019-01-40-15フレーム-03-02-2019-01-40-31フレーム-03-02-2019-01-41-53そうして迎えた運命の初戦。小柄ながら流石の雰囲気のある強敵に対峙したカンタ。カメラを持つ僕の手がやや震えるのとは対照的に、伸びやかに戦い始め、いったん分かれたその直後でした。会場中に響き渡るような激しい打突音と共に上がったのは、審判の旗、観客の拍手、僕の嬌声。剣尖を抑えるように竹刀を突き出し相手の動きが止まったその一瞬、担いだ竹刀を巻き込むように打ち込んだ面。小柄な相手の素軽い動きを封じ込めつつ、遠間から鋭い面が打てる自分の強みを最大限に活かした完璧な1本。もしかしたらちょっと油断があったかもしれない彼は、これで目が覚めたように、その後キレのある技を連発してきましたが、カンタも一歩も引かず、むしろ相手を誘い出しては打って出て、終始試合を支配。勝ったことだけでも見事ながら、その勝ちっぷりが想像以上でした。夢を見てるんじゃないかとビンタを求めてしまいたかったくらい。


フレーム-03-02-2019-02-15-10喜びもつかの間、3回戦もまた選抜選手。お父さんも成田の剣道連盟の先生をされている由緒正しい強敵で、彼にも小6秋の成田市の大会初戦で、面を2つ取られて負けています。が、そのことに気づかず見ていた僕が、全くハラハラしない試合運び。遠間からの面、鍔迫り合いからの引き面を数本見せて意識を上に引き出し、手元が浮いたところを出小手で決めて1本勝ち。あとであの強豪剣士だったのを知って驚いた次第。さらに準々決勝は初めて見る選手でしたが、背格好も似ていてやりやすかったのか圧倒。フレーム-03-02-2019-02-05-53面を打ってきたところを返し胴で1本取ってしまってからは相手は攻めて来れなくなり、カンタも時間切れを狙う守りに入って、危なげなく勝ち上がり。面、小手、胴と3つの違う決まり手を活き活きと繰り出しながら、堂々と初の準決勝進出。いやそれどころか、3試合勝ったのだって初めて。


準決勝の相手は、三度、成田地区代表剣士。シードから上がってきましたが、彼はどの大会でもシードされるのが当然という強さで、この界隈の少年剣士で知らない人はいません。お父さんも有名な剣豪というサラブレッド中のサラブレッド。フレーム-05-02-2019-09-11-58実際この日も準決勝までほとんどワンサイド勝ちでした。カンタは、初戦を突破して彼と戦うところまで行くという目標を実現、勇んで挑んでいきました。が、やはりまず体格で見劣り、そして技術もパワーも差があり、積極的に攻めていき姿勢が乱れたところを小手(右写真)、面ととられての完敗。経験値の違いもあったようで、カンタの攻めを上手に利用されてしまいました。決勝も順当に彼が勝ち、優勝。やはり頭一つ抜けた絶対王者、そんな印象が残りました。


今日はオレの剣道はできた。目標としてたところまでやれたし、自分が思っている力と実力に違いがないことも見せられた。やっと結果を残せて、今まで指導してくれた先生方に少しは恩返しになったかな。でもまだまだの部分もわかった、いつか追いつき、勝ちたい、優勝したい」とカンタ。その後、先生と仰ぐ色んな方に動画を見せ、いただいた祝辞やさらなるアドヴァイスを、僕と2人、一つ一つ噛みしめるように消化していくのは、実に楽しく幸せな作業でした。


IMG_0054_20190205203549100.jpgカンタよ、10秒もたずに叩きのめされた日から800日、剣道を続けると宣言した日から450日、よく差を詰めて勝ったね。いつか倒してみたいというあの時の思いを実らせた努力には、素晴らしい価値がある。でも、負かした彼らは君のことはノーマークだったはずで次は必ず巻き返してくる。まだ並んだといえるわけじゃない。そしてさらに上がいた。今度は一緒にあの頂を目指そう。














にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0